So-net無料ブログ作成

C413A4をどうにかWindows 10にする事を検討する [ハードウェア・周辺機器]

C413A4は、現在 Windows 7 Starter。
不満は、まあるっちゃある・・・けどつかえはする。
でも、Windows 7まんまじゃ、普通につまらないので、
windows 10へのアップグレードを試したくて仕方がない。


ので、自分用にメモ

0.現在の状況

・メモリ
メモリ 2GBに増強済み。メモリを見ると、アプリ無起動で1GB近く消費。
なお、常駐ソフトは一切合切消している。他にも、

・msconfigでかたっぱしから常駐を外す
・Windowsの機能と追加で要らない機能は大胆に落す
・システムのプロパティ-詳細設定-パフォーマンスで、かなりパフォーマンス優先。
・プロセッサのスケジュールは、バッググラウンドサービス優先

としている。この状態で、リソースモニターでみると、
正確には800MBあたりまでOSが占めている。
もちろん、常駐ソフトの有無で前後すると思われますが。

・CPU
CPUは、よく100%になっている。1コア2スレッドなので、まあ・・という感じ。
でも、良く見てると、TrustedInstaller.exeと、MsMpEng.exeが殆ど。
1C2TのCPUで、重量級のプロセスが二つあったらそら逝ったっきりになりますわ。

MsMpEngはSecurity Essentials。
TrustedInstallerは、Windows Update関連のモジュール
Adminよりも権限が強い、システム領域に入り込める人。
裏で、更新前にシステムの状態をチェックするため、ガリガリ動いてる。
どちらも、必要なツールのため落すに落せない。

ここから、Windows Update エラーを修正して直る事もある、かも。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164

もしかすると、たまにしか開かないからこそ遅い、のかもしれない。
日々アップデートかけてるとスキャンの範囲は狭まるのかもしれない。
また、これ系は起動時にガリガリうるさいので、シャットダウンでなくて
休止状態で逃げるとか、運用を考える必要があるのかもしれない。

そもそもがまあ、N450の限界ってところでしょうか。


・アプリの挙動
アプリの挙動といっても、ネット見る位しかしてないですが、
この状態で、InternetExplorerを開くと、ものっそい遅い。
たまに「応答していません」みたいな感じ。
じーっと待っていると、忘れた頃に帰ってくる感じ。

Vivaldiなんかの軽いブラウザ使うと変わるんでしょうかね。
試してはいませんが。


1.隠しパーティションのリカバリイメージ

C413A4は、リカバリ用のイメージを隠しパーティションに置いている。
通常は見れないが、「ディスクの管理」上から存在を確認できる。
中身は不明。

これは、端末立ち上げ時の選択で、「システムで予約済み」の部分を
選択すれば開けるようになる部分。Windows 回復環境(Windows RE)
というやつが入っている。リカバリ専用なので、隠してある。

プリインストールモデルの、リカバリディスクを省略するモデルで
良くあるパターンですね。HDD飛んだらもうおしまいってやつ。

でもこのイメージ、「OSをSSDに引っ越す」とか「OSを更新する」とか
なにか作業しようとすると、邪魔なんですよね。
OSの更新をかける前に、スッキリと余計なパーティションのない
まっさらな子にしておきたい。でも消すのも勿体無い。


なので、基本的にはイメージだけ外出ししてどうにか保存だけはしておきたい。
ということで、google先生に来てみたら、こんな記録がありました。

http://datyotosanpo.blog.fc2.com/blog-entry-90.html


まあ、EaseUS Todo Backupなんかで、リカバリイメージごと
まるまるバックアップ取っておけば多分いいんだと思いますが。


2.Windows 10の調達

実は、N450は、一応64bit対応のアーキテクチャだったりします。
Windows 10は、64bitと32bitがありどちらか選択する必要あり。
Home か professionalかで色々。Proの選択肢はないとおもうが。
でも、クリーンインストールしないなら、32bitて事になる?

今は無償期間でないので、自分で買う事。
また、光学ドライブがないので、USBメモリによる作成が必要。
※ 自分はライセンス持ってます。

メディア作成ツールはこちら

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

せっかくなら、Creators Update適用版を入れた方がいい?
とか思っているところ。どうせUpdateの通知来ちゃうし。
なので、すぐにWindows 10に上げてた!とはしないと思う。

3.SSDへの載せ替えを検討するか

C143A4は、HDD 160GB!といいつつも先ほどのリカバリイメージが
先頭の方を占有しているので、実際は120GB程。
なら、SSD 120GBもアリではないか、とすごく思っている。
というか、それは言いわけで単にSDが欲しいだけでは、というのは内緒

買うとしたら、ここら辺。

一応腐ってもWenstern Digital。中身はSanDiskなSSD。
WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A
といっても安いから、ってだけだけど。

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

新品価格
¥5,930から
(2017/4/1 15:18時点)





4.ついでに不要サービス類で高速化

無効にしてもいいかもしれないもの。
あくまで「かもしれない」もの。長いですが、自分用メモ。

ActiveX Installer (AxInstSV) ⇒ ActiveXのインストールでグループポリシーに従うかどうか
Application Management ⇒ グル―ポリシーで展開するソフトを管理するため
BitLocker Drive Encryption Servic e⇒BitLockerを使わらないなら無効
Bluetooth Support Service ⇒ 青歯
Branch Cache ⇒ LAN内で良く使うコンテンツをキャッシュして高速化する
Certificate Propagation ⇒ スマートカード
CNG Key Isolation ⇒ PINの処理等、秘密鍵の処理関連。
↑これは落としてはダメだった。落すと関連するサービスが全部落ちてWLANがつながらなくなる。

Diagnostic Policy Service ⇒ Windowsの問題検出、障害診断。実際つかったので迷うが。
Diagnostic Service Host ⇒ Windowsの問題検出、障害診断。実際つかったので迷うが。
Diagnostic System Host ⇒ Windowsの問題検出、障害診断。実際つかったので迷うが。
Distributed Link Tracking Client ⇒ NTFS ボリューム間のリンクを管理
Distributed Transaction Coordinator⇒ 分散トランザクション管理。複数の端末でトランザクションを分散する時に使う。
Fax ⇒ FAX
Function Discovery Provider Host ⇒ SSDP使う時。DLNAで使う。
Function Discovery Resource Publication ⇒ SSDP使う時。DLNAで使う。
Health Key and Certificate Management ⇒ X.509 証明書とキー管理サービスを
HomeGroup Listener ⇒ ホームグループサービスを使わないなら。
HomeGroup Provider ⇒ ホームグループサービスを使わないなら。
IKE and AuthIP IPsec Keying Modules ⇒ IPSEC関連 無効
IPsec Policy Agent ⇒ IPSEC関連ファイアウォールのリモート管理など。無効
Link-Layer Topology Discovery Mapper ⇒ 無効
Media Center Extender Service mediacenter ⇒ 無効
Microsoft iSCSI Initiator Service ⇒ インターネットSCSI(iSCSI)セッションを管理 不要
Net.Tcp Port Sharing Service et.tcp ⇒ プロトコル経由でTCP ポート共有。不要。
Netlogon ⇒ ドメイン参加絡み。個人では不要。
NRP Machine N ⇒ ame Publication Service P2P アプリケーション用。使うかもわからんが基本落す。
Offline Files ⇒ LANの共有ファイルをキャッシュしておくためのサービス 不要。
Parental Controls ⇒ ペアレンタルコントロール。不要
Peer Name Resolution Protocol ⇒ P2Pアプリケーション用。使うかもわからんが基本落す。
Peer Networking Grouping ⇒ P2Pアプリケーション用。使うかもわからんが基本落す。
Peer Networking Identity Manager ⇒ P2P アプリケーション用。使うかもわからんが基本落す。
Problem Reports and Solutions Control Panel Support ⇒ [問題の報告と解決策]。使ったことない。無効でいい。
Program Compatibility Assistant Service ⇒ プログラム互換勢アシスタントがらみ。 基本不要。
Quality Windows Audio Video Experience ⇒ qWAVE QoS的な。多分不要。
Remote Access Connection Manager ⇒ リモートアクセス・VPN向け(不要)
Remote Desktop Configuration ⇒ リモートデスクトップ
Remote Desktop Services UserMode Port Redirector ⇒ リモートデスクトップ
Remote Desktop Services ⇒ リモートデスクトップ
Remote Registry ⇒ リモートでのレジストリ作業
Routing and Remote Access ⇒ LANのルーティングをするためのもの(不要)
Secondary Logon ⇒ セカンドログインを使うならいる
Secure Socket Tunneling Protocol Service ⇒ VPNを使用するならいる
Smart Card ⇒ スマートカードを使用するならいる
Smart Card Removal Policy ⇒ スマートカードを使用するならいる
SNMP Trap ⇒ SNMPプロトコルの通信用(いらない)
Superfetch ⇒ Superfetch無効がいいかは不明



スポンサードリンク



タグ:C413A4
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 1

イーザス

えせシステムソリューションズ 管理人様

お世話になっております。EaseUS Softwareです。

突然のコメント、失礼致しました。

御サイトで弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

より詳しい内容をお読みになりたいユーザーのために、お手数ですが、記事中にEaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ページをご追加頂けませんでしょうか?

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

どうぞよろしくお願い致します。
by イーザス (2017-04-07 16:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました