So-net無料ブログ作成

E3 ソニー プレスカンファレンスで新ハードの発表は無かった模様 [ゲーム]


本日日本時間では6/13 朝9時頃からE3においてソニーのプレスカンファレンスが
実施されたようで、色々なソフトが披露されたようでした。

気になったのは、アンチャーテッド 新トレイラー、モンスターハンターワールド
ワンダと巨像あたりでしょうか。新ハードの発表は無し。
噂では、Vitaの後継ともPS4の携帯版とも噂されていたハードが発表されるのでは
なんて話もありましたが、なかったようですね。どちらかというと、
ソフトよりもハード好きな人間だもんで、軽くつまんない感じですがw

ただし、海外では携帯機は散々な売り上げなんでVitaの後継を
E3で発表するとかありえないんでは、という冷静な判断をなさる人も
多くいたんで、妥当っちゃ妥当なんでしょうかね。
携帯機をもし諦めてないなら、国内の注目度が高い
東京ゲームショウ2017で、ってなるんでしょうかねえ。

今年の注目は、ハード的にはXbox One Xといったところでしょうか。
Xbox One X = Project Scorpioは、499ドルで4K/60FPS対応。
6TFlopsで、プロセッサの冷却には水冷クーラー採用なゲーム機の模様。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/12/news050.html

6TFlopsというと、GeForce 1070が6.5TFlops位なので
小さい筐体に無理に詰め込もうとすると水冷になるんでしょうかね。
ハード的にはPS4 Pro以上で、価格はPS4 Pro同等というところで
ゲーミングPCをこれからそろえる位ならXbox One Xもアリかも、
って所なんでしょうか。

裏を返すと水冷でないといけない程の爆熱仕様ってことでしょうかね。
気になるのは日本では発売されるのかどうなのかってところですが
発売されるなら、6万円位では?という意見が多い模様。
Xbox OneはXbox 360後方互換ありですが、初代Xbox互換にも対応するみたいですね。

ちなみに、あまり話題になってないようですが、Xbox One Sは50ドル値下げ。
$199になる様子。日本では、25,000円~の値段ですが、2万円前後になる計算ですね。
ただ買ったところでやるソフトないですが。

後方互換は要望が多いが一番無駄な機能、といって切り捨てるのがソニー
要望多いからと無駄かどうかは置いといてきちんと実装するMS
どちらが正解かは売上で判断となるのでしょうが、完全ではないものの
出来る範囲で後方互換に対応しようとするXbox陣営の姿勢は羨ましい限りで。

ディスク互換は無理にしても、最悪PS1、PS2アーカイブに対応してくれれば
素直に買っちゃうし、PS4の稼働率も上がるってもんですが。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました