So-net無料ブログ作成
検索選択

楽天モバイルでオータムセール [携帯]

楽天モバイルセールやってます。気になったところでは
ZenFone 2 Selfieが9800円、ZenFone Goが7800円、arrow M02 が9800円など。

ZenFone 2に関しては、音声かデータかによって値段が変わるため注意。
ZenFone 2 Selfieやarrow M02なんかは、普通に買うと2万円台程度なので
かなり安い部類かと。楽天モバイルっていつもセールしてる感じしますが。

どれも微妙な型落ち感は出て来る端末ですからね。
妥当と言えば妥当ではあるんでしょうが。

※データSIM契約の場合は端末保障オプション必須
※セールの時は人気機種は一気に売れてしまうため在庫ないかも
※音声SIMは最低1年

データSIMについては、契約は特に面倒ではないし
解約も気楽なんで、一番安いベーシックのプランで端末買っておいて
ひとつき程で即解約、としても事務手数料込で考えても結構安い。
また、データSIMについては端末保障が必須で月500円ほど上積されます。

事務手数料 3,394円+端末保障 500 は最低かかる計算
なので、ZenFone 2 Selfieを購入し即解約としても、15,000円程でしょうか。






おおっ!?と思いZenFone 2 Selfieあたり契約しそうになりましたが
要るか要らないか、と言われれば要らないような気もしてきた。

MediaPad M2 8.0はいつ壊れるんだかっていうレベルで戦々恐々としてるんで、
オクタコアのZenFone 2 Selfieあたりを持って置くってのは
よいのかもしれませんけどもねえ。


いつでもセールしてる訳なんで壊れてから考えろ、とも思うけど。
DMMモバイルも対抗してセールとかしてくれないですかねえ。

NX 改め、Nintendo Switch 公式動画公開 [ゲーム]

「NX」と呼ばれていた新ハードは、名称は「Nintendo Switch」
公式動画で正式に発表(?)となりました。

https://www.youtube.com/watch?v=vvaQENG7lBI

任天堂の新ゲーム専用機の名はNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)!
http://www.famitsu.com/news/201610/20118699.html" target="_blank">http://www.famitsu.com/news/201610/20118699.html

ほぼ噂通り、というかリーク通りで
タブレットをベースにしたテレビともつながる端末となる模様。
大きさは見たところで、6~7インチ前後ってところなんですかね?
もう少し小さい?

Tegraのカスタムチップが載っていて、NVIDIAが公式に認めているようで、
噂ではTegra X2が載っているのでは、という噂。
Tegra X2というと、ARM + Pascalなアーキテクチャでかなりハイエンド。

現行PS4よりは性能上なんでは?という期待がありますね。
PS4 Proは、Porarisベースではなさそうなので、
下手するとPS4 Proに近いレベルのハイエンドな端末になったり?

といっても、あくまで「X2をベースにしているならば」の仮定ですが。


ソフトについては、カートリッジ採用
気になる所は、3DSおよびWiiUとの互換性についてですか。
社長も後継機でないとハッキリ明言してるんで
まあここは期待しない方がよさそうではある。

WiiU互換にしたっても、みたところ光学ドライブなさそうだし
あのタブコン前提のゲームどうすんだ?とか
Wiiリモコン前提のゲームどうすんだ?とか
クリアできなそうな課題山ほどありそうですからね。
WiiU所有者としては、もちろんあった方がうれしいが。

それだったら、どちらかというと
AndroidやiPhone向けに開発したスマホゲーや
PC向けのゲームが移植しやすい環境を整備してもらって
ドンドン対応アプリの移植を進めてもらった方が
ユーザー的には嬉しいのかも。

といっても、やっぱり3DSの互換はついてて
カートリッジそのまま刺さったりする、というのは期待してしまう。

また、
「据置型でありながら、外に持ち出せる」事をウリにしてるなら
LTE対応でMVNOのSIMがそのまま刺さってタブレットとしても
使えますというなら良いなあ(と妄想してみる)
普通に外でネット対戦とかそのまま出来た方が良いしね。

最近のハードの中ではかなり期待できそうな。
これに対抗し、Vitaも大幅強化でテコ入れ
・・・とかは、期待できないんでしょうね、やっぱり。

ドコモ MONO MO-01J、一括650円 [携帯]

ドコモが新製品を発表。目玉はMONO
ZTE製でドコモオリジナルのMONO MO-01J」価格は650円
実際の価格は、3万程度で、端末購入サポートありで650円。
要は1年間の使用を前提に(違約金ありで)割り引いてるのが特徴

https://www.nttdocomo.co.jp/2016_docomo_collection/mo01j/index.html

今までもiPhoneが実質0円程度で
アホみたいに割り引かれてたりしてたんで
特別すごく値下げした訳ではなく、別に全然総額は変わってはないが、
一括で650円というわかりやすさが個人的には○。

これでも通信費が高止まりしてて不十分だと思うが、
機種変更だけ毎月の割引額が減額されるとか
MNPだけ優遇されるとか、そういうわかりづらさは多少は減ったと思う。

といっても、ZTEのグローバル機がベースっぽく
FeliCaワンセグは載ってない。さっぱりとした端末。
コスト最重視なんでしょう。ZTE製だし。

OS Android 6.0
CPU MSM8952(Cortex-A53 1.5GHz×4 + Cortex-A53 1.2GHz×4 オクタコア)
画面 4.7インチ、720×1280ドット TFT液晶
RAM 2GB
ストレージ 内蔵 16GB、最大128GB microSDXC
LTE 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz (VoLTE)
3G 2GHz/800MHz
SIM nanoSIM
カメラ 背面 1330万画素、インカメラ 490万画素
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 4.1
IPX7の防水、IP5Xの防塵性能

バッテリー 2440mA
大きさ 約136×69×8.8mm
重さ 約138g

MSM8952でRAM 2GBなので速度的には問題なさそう。
ストレージも最低限はあるといってよいかと。
ドコモオリジナルだけあって1.5Ghz、1.7Ghzもサポートし
(東名阪では)繋がりづらいとかは起こりにくそうな予感。

さっぱりしてて良いとおもいますね。
思い切れるのは、シェアが大きいドコモならでは、なんですかね。
通信費から割り引く「実質価格」ではなく、端末の値引きは
あくまで端末から値引いて、一括で650円、というわかりやすさ。
ただし、1年の縛りがあって違約金などは発生する危険あり
ですが、違約金が支払わされるのはまあ許容範囲では。

これでもう大満足!とは思わないし
本来はキャリアは端末販売をやめて土管屋に徹すべし
なんて思ったりはするんですが、

「実質0円」とかいって新規やMNPだけ優遇して差をつけられ
長期利用者ないがしろ、ってなるよりかはマシな気がします。

そうは言っても、キャリアのパケットのプランは割高で
MONOに関しては、割引の仕方を変えてるだけにすぎず、
料金は結果的には全然買っておらず、格安SIMに対抗、
とまではいかないと思いますけどね。
ZTEの端末買うんだったら、MVNOで端末込みで
音声プラン契約した方が圧倒的に安いですし。

キャリアの料金というと、常に何かの落とし穴がある分かりづらさですが
なんとか変えようという姿勢だけは見えた気がします。
までも、端末が一括で激安、料金プランは割高、っていうと、
「実質詐欺」が起こる前の料金形態に先祖返りしたようにも見えますが。

個人的には、auがそれに対抗して
Qua phone PXを激安で売るとか、そんな事になる展開希望です。
古い型落ちのばら撒きでも可ですけどね。

暁の軌跡について [ゲーム]

いつのまにやら、暁の軌跡がサービス開始してました。ブラウザゲー。
一応、「軌跡シリーズ最新作」と、言ってよいんでしょうかね。

暁の軌跡
akatuki.ujj.co.jp

Unity Web Playerインストールしないといけない。
よってWindows限定
https://unity3d.com/jp/webplayer

ただ、Unity Web PlayerはFirefoxサポートを今年で終了予定
Chromeも既にサポート終了なんていうプラットフォームだったりします。

※Unity Web Playerだけでなく、Silverlightなど
 「NPAPI」を使用するプラグインはセキュリティの関係から使用不可とする方向

ほとんど将来性のないプラットフォーム依存っていう時点で
長く続くサービスには思えないというのが素直なところで。

Unityで開発してるんなら素直にiPhoneとAndroid用アプリとして
サービス開始しちゃったほうが随分とユーザーの食いつきよかったんでは。
Windows 10限定にはなるがストアアプリ的なのを流すでもよし。

といいつつも、気にはなるのでやってみようかとは思いますが。

Mediapad T1 7.0 LTEがお値段1万円~ [ハードウェア・周辺機器]

10月21日にMediaPad T1 7.0のLTEモデル「MediaPad T1 7.0 LTE」発売。
RAM 1GB/ROM 8GB版が1万980円、RAM 2GB/ROM 16GB版が1万4980円
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1024821.html

OS Android 6.0
CPU Spreadtrum SC9830i(Cortex-A7 1.5GH×4)
GPU Adreno 405
画面 600×1024ドットのIPS液晶
カメラ 200万画素 イン・アウトとも
WiFi IEEE802.11 b/g/n 2.4GHz (5GHzは多分非対応)
大きさ 107×191.8×8.5mm
重さ 約278g

Bluetooth 4.0、GPS
microSDカードスロットあり 最大128GB。

対応バンド FDD-LTE B1/3/8/19
TDD-LTE B41、UMTS B1/6/8
3Gのみに対応するFOMA SIMは非対応。

CPUが、クアッドコアではあるが、A53より前世代の
今さら感のあるA7。消費電力も高めで、性能ちょっと落ちる。
けど一応クアッドコア。負荷の高い事しなきゃ平気か?

GPUはSnapdragon 615と同等のAdreno 405。
動画再生とかちょいとしたスマホゲーなら平気そう。
なかなか微妙なCPUとGPUの組み合わせ。
しかし、Spreadtrumってどこのメーカー?中国系?

画面が600 x 1024ドットで最近の端末としては貧相。
格安のスマホなどではたまに見る。タブレットでは見なくなってきたレベル。
カメラが200万画素で超割り切り仕様なので
マルチメディアビューワーとしてはちょっと微妙。

なんだか、微妙だわな・・・と思うのだけど、7インチタブレットが1万円
って事を考えると、「1万円にしては」なかなか行けるやん!
という評価に変わる印象。

激安といえばAmazonのfireタブレットなんてありますが、それと同等の安さ。
スペックも大体同じ。こちらはOSがAndroidなだけ使い勝手良い。
どこぞの怪しいメーカーでなく一応ファーウェイ製で1万円
っていうなら1年位で投げ捨てる前提でもよさげ。

Mediapad M2 8.0が壊れたら(スペックは激しく落ちるが)これでいいかも!
と壊れない事を祈りつつ少しだけ思う。少しだけ。

フリープレイの信長の野望・創造について その1 [ゲーム]

久々に、だらだらとゲームのこと。
今月、Vita向けにPS Plusのフリープレイで信長の野望・創造が配信されてます。
少し前にPS4向けのものを遊んでいるのですが、信長の野望久々すぎて隔世の感。

信長の野望・創造

新品価格
¥3,812から
(2016/10/9 15:39時点)



野望といえば、FM-77で初代と全国版、MSX2で武将風雲録をプレイした。
マトモにプレイしたのって、それ以来久々。何十年レベルの久々。
初代の場合、兵士の忠誠さえMAXにしてれば楽勝(というか無敵)だった記憶が。

全国版では、1ターン目に攻め込まれてしまうような
弱小大名をどうにかして数ターン生き残らせるのが楽しかった。
敢えて足利氏を選んで幕府再興をたくらんでみたり。

創造については、昔に比べグラフィックが恐ろしく綺麗になっていて驚いている。
野望とか三国志って、PC前提だとずっと思っていたがPS4版をみると、
もう敢えてPCでやる必要もないな、と改めて実感しました。
PS1やサターンですらまだまだ「ナシ」な印象だったのですけどね。

あと、今は国単位でなく城単位になってるんですね。
城と城の間の街道を整備するだの、城を改修するだのの要素も存在し
いきなりだと覚えきれないなと思う次第。というか城単位って随分前からですか。

ちなみに、選択した大名は信長でなくてやっぱり足利。
なんでか知らないけど、室町幕府の復興させたいんだもの。

けど、チキンな自分は内政ばっかりして攻めたことない。
無理して攻めて弱体化したところを責められたら、と思うと。
しかし、よくよく考えたら軍事関係はほとんど何もしてない。

内政については、箱庭的なアレですね。
スマホゲーなんかでよく見ますが、この施設を建てたら○○ができるとか
××のレベルが上がって収入が上がるだの、ああいうのですね。

やってて思うが、内政に専念してた方が楽しかったりするので
シムシティとかの方が好きなのかもしれません。

攻略サイトをみてると、まずは人口を増やしてために
街道整備と商業の発展を優先すべきらしいので、
そこからやり直してみますか。


10コアの極2がフリーテルより発売 [携帯]

10コアのチップ搭載の極2がフリーテルより発売。

https://www.freetel.jp/product/smartphone/kiwami2/

10コアすげえぇぇ・・・
といっても、big.LITTELE構成でさらに2層になっている構成なので
PCのオクタコアのような、高性能コアが10個並んでる訳ではない。

Cortex-A72×2(2.3GHz) ビッグコア
Cortex-A53×4(2GHz) リトルコア
Cortex-A53×4(1.4GHz) リトルコア


FREETEL KIWAMI 2

CPU    MT6797(Helio X20) 10コア
Cortex-A72×2(2.3GHz)+ Cortex-A53×4(2GHz) + Cortex-A53×4(1.4GHz)
RAMメモリ 4GB
ストレージ 64GB
OS Android 6.0
ディスプレイ 5.7インチ 1440×2560 有機EL
バッテリー 3400mAh
USB Type-C
SIM nano SIM ×2
SD 非対応
Wi-Fi 802.11 a/ac/b/g/n 2.4GHz/5GHz
ネットワーク 2G(GSM): B2/3/5/8​
3G(WCDMA): B1/5/6/8/19​
4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B​
4G(CA): B3/19, B1/19
Bluetooth Version:4.1 HS対応
サイズ H157.2mm x W77.5mm x D7.2mm
重量 168g

お値段 49,800円


Cortex-A53は、SnapDragon 410等でも使われる低電力な小型コア
Cortex-A72はハイエンド向けでインテルのモバイル向けプロセッサと
競合する位の性能がだせる(ARMの発表による)位の性能。
クロックの違うA53が2層あるので、負荷の状況によって
より効率的に並列処理ができるようになる、って所ですかね。

HiSiliconのKirin950なんかは、Cortex-A72 2.3GHz×4 + Cortex-A53 1.8GHz×4
とかなので、数字のインパクトは大きいが、Kirin950よりはちょっと落ちる位ですか。
MediaPad M2 8.0なんかはKirin 930(A53e×4 + A53e×4)なので
それよりは性能良さげではありますが。

ディスプレイもSamsungの有機ELで高解像度、メモリは4GB
Wi-Fiも5GBでac対応など穴がない感じに見えます。
外部ストレージに非対応なので、64GBをどう見るか、ってところですが
普通に使ってれば問題はないはず。動画とか保存しまくるのであれば足りないか?

あとはお値段も少し高め。ZenFone 3も39,800円で高い高いと
新製品発表時にお通夜状態でしたしねえ。
欲を言うなら、ZenFone 3と同等程度のお値段なら・・って所でしょうか。



MediaPad M2 8.0の乗換先なものを比較してみる [携帯]

2度目の修理で本体交換となったMediaPad M2 8.0
ネットの情報やいただいたコメントを見れば見るほど
1年以上使える気がしていない自分。

画面が消えてしまうとかっていう不具合(LCD-FPCの不具合)は良く見かける気がする。
きっと、設計上の欠陥と言っても良いのではと思っている。
なので、MediaPad M2 8.0の乗り換え先的なものが気になり、
色々調べてみる事とした。

主に気になったのが、ASUS ZenPad 3 8.0 / ファーウェイ MediaPad M3 8.0
スペックの簡単な比較は下記

製品名 ZenPad 3 8.0 MediaPad M3 8.0
CPU Snapdragon 650 ヘキサコア(1.8GHz × 6) Kirin950 オクタコア(4 x A72@2.3 GHz + 4 x A53@1.8 GHz)
RAM 4GB 4GB
ストレージ 32GB 32GB / 64GB
ディスプレイ 7.9インチ IPS液晶 2048 x 1536ドット 8.4インチ IPS液晶 2560 x 1600ドット
OS Android 6.0.1 Android 6.0 (EMUI 4.1)
バッテリー 4,680mAh 5,100mAh
カメラ リア800万画素 / フロント200万画素 リア800万画素 / フロント800万画素
サイズ 205.4 x 136.4 x 7.57 215.5 x 124.2 x 7.3
重さ 320g 310g
microSD あり あり 最大128GB
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth4.1 Bluetooth4.0 ?
SIM micro SIM nano SIM
ネットワーク UMTS: Band 1/5/6/8
LTE-TDD: Band 38/41
LTE-FDD: Band 1/3/5/7/8/18/19/20/26/28
※キャリアアグリゲーション対応
UMTS: Band 1/2/5/6/8/19
LTE-TDD: Band 38/39/40/41
LTE-FDD: Band 1/3/5/7/8/19/20/28
I/F USB TYPE-C x1 、microSD x1,イヤホンジャックx1 microUSB x1 、microSD x1,イヤホンジャックx1
価格 ¥39,730 国内未定(※以下参考)
32GB LTEモデル:399ユーロ(約46,000円)
64GB LTEモデル:449ユーロ(約51,000円)


スペックはMediaPad M3 8.0が一段上。液晶の解像度も上。ただしお値段も高め。
ZenPad 3 8.0は、そこそこのお値段でそこそこのスペック、上等な外観
というZenシリーズ的ななかなか良さそうな。

もう少し経って値段的に下がってきたら相当魅力なんじゃないかと思ったりします。
MediaPad M3 8.0は、ファーウェイの端末持ってなかったら即決だったかもなレベル。
相当素晴らしいスペック。

あくまで超個人的な感想として、ファーウェイ製品の品質に懐疑的な感想を持っているため
MediaPad M3 8.0については購入については相当二の足を踏みそうな。
そういう意味では、ファーウェイ以外の端末として、ZenPad 3 8.0は乗り換え先としは素晴らしい。

CPUは、Snapdragon 650はヘキサコア、kirin 950はオクタコア(big.big.LITTLE構成)
どちらもMediaPad M2 8.0よりも上なので問題はないと思われる。ただし体感するかは別の話。
MediaPad M2 8.0の時点で、スペックは大満足で全然困ってはないのですけども。

Antutu
kirin 930 約46000点 ※MediaPad M2 8.0
Snapdragon 650 約79000点
kirin 950 約92000点


んで、MediaPad M2 8.0の所有者としてみると、ZenPad 3もMediaPad M3 8.0も
素晴らしいけど、乗り換える程か?っていうと微妙な気がします。
ただし、「いつまた故障するか分からない」MediaPad M2 8.0の乗り換え先

・・・と考えると、ASUSのZenPad 3 8.0ってなかなか魅力的ですね。安いし。
ただ、ASUSも全く問題ないか、といえばそんな事もなく、
ASUSのZenPadが故障続きなのでMediaPadに移った、という人もおられる様子。
中華系のメーカーは品質は割り切り、なのでしょうかねえ。

実際問題、ASUSもファーウェイも故障率は高めと言われる事もあり
そこら辺は中華系メーカーを選んでる時点で仕方ないっちゃ仕方ないですが、
それを考えると、ファーウェイのMediaPad M3 8.0については割高感はあるかも。
そうはいいつつも、iPad mini 4のLTEモデルよりはどちらも割安だけども。

MediaPad M2 8.0で引っ張りつつZenPad 3 8.0の値下がり待ち
って、いうところですかねえ。MediaPad M2 8.0って個人的には気に入ってるので
出来れば、長く元気で居てほしい訳ですが。

あと1年はなんとか。

So-net LTEからDMMモバイルに変更 [携帯]

10月より、データ通信用の回線をDMMモバイルに変更しました。

So-net LTEのプランが9月末で24ヶ月で縛りが解けるので9末で解約。
(端末付のハイスピードMプランには縛りありました)
その代りとなる別のMVNOを検討していましたが、
DMMモバイルのお世話になる事にしました。

○LINEモバイルか、DMMモバイルか
LINEモバイルのLINEフリーやSNSカウントフリーも気にはなったのだが
俺良く考えたら、LINEってほとんど使わない事に気付き。
ガンガン使うようになってから乗り換えしてもいいのでは?
と思うようになりました。(一生ない気も)

MVNOでLINE IDを検索できるようになれる!
っていうのは魅力なんだけど、送る人居なかった・・・な感じで
まあそれ程は大幅なアドバンテージとはならず。
もちろん、自分の場合は、なのですが。

LINE モバイルってLINEで写真おくりまくり
ちょっとした会話ならLINEトークで済ませ、という人々には
きっと非常に魅力なんだと思うのですけどね。

通常は、1GB超える事はあったりなかったりなので、
DMM モバイルで2GBでSMS付を選択。

丁度、nuroモバイルが10月からスタートで、2GBのプランが
最安との触れ込みだったので、惹かれるのは惹かれたのですが、
nuroモバイルについては情報が少なかった為飛びつき辛かったのと、
元々So-net LTEだったのに、nuroモバイルに入り直すのもな
というのも嫌だったのと、というので候補からは外れた。
2GBの最安値についてはDMMが後追いする事にうっすらとだけ期待しつつ。


1GB+LINEフリーで十分な気もするけど、2GBというプランがLINEにはない。
3GBから、というとトータルでDMMモバイルより200円位高くなる。
200円如きとは思うのだけど200円なら年間で2000円以上差が出ますからね。
1年使うと事務手数料はペイできるくらいの差にはなる。
ので、DMMモバイルでよいかと。

○申し込み
ネットから申し込み。10/1。土曜日に申し込んだ。
土日でも手続きは行われるようで、入金の処理と発送の手続きが行われ
日曜夜の発送となった。

○プランや支払など
2GBのデータ通信のプランで、通話はつけず。SMSはつけた。
A-GPSやセルスタンバイの関係から、無いよりはあった方がよさ気のため。
他のオプションは基本的に全部無し。

データ通信のみの場合は、本人確認書類の提出などは必要ない。
クレジットカードによる支払だが、DMMのアカウントに
クレジットカードの情報を登録するような形になっている。

自分は元々DMMのアカウントは持っていたのでそこから申し込んで
クレジットカードの情報を付加するような形にした。

○荷物到着
SIMはヤマトで発送され、A4大のプチプチ付封筒で到着。
関東なら翌日到着とかで行けるんだと思われます。

内容物は、SIMのカードとAPNの設定のための資料と
ちょっとした広告が入っているのみ。
他は何にもなし。超シンプル。

dmm_mobile.jpg

○ポイントなど
DMMモバイルは、支払額の10%がポイントに付与されるが
入金処理時に初回の事務手数料の分が当日に付与された。
ただし、ポイントの有効期限が1ヶ月のみで超短い。

そして、DMMモバイルの支払には使えなかったり
通販でも一部の商品には使えなかったりで、使い道は限られる。
多分、動画とか電子書籍とかそういうところに使ってほしい
という意図があるんだろうけど。

とりあえず、432ポイントとかそれくらいはついたはず。
ほったらかしてもひと月で消えてしまうので
さっさと動画とか視聴して消費しちゃいますかね。

○値段
データ通信 2GB、SMSあり、音声なし、端末購入無し
770円 + 150円 = 920円(税抜)

税込で996円。2GB+SMSで1,000円以内で収まるので
個人的には大満足。

So-net LTEは、端末込で単純比較はできないが
2,400円程支払っていたため、半額以下に削減できた。

DMM Mobileは、端末の追加購入も出来るようになったので
MediaPad M2 8.0が逝ってしまっても安心かなと思っている。

DMM mobile、機種変更と端末の追加購入が可能に
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1022234.html




○感想
APNの設定は、そんなに躓くところがなく。
MediaPad M2 8.0には、事前にDMM Mobile用の設定は入っているんだけど
情報が古いため、結局はきちんと資料を見て直す必要あり。
でもAndroid持ちでMVNOの経験ありの人なら別にむずかしい事もなしで。

※その他OS(iOS, Windows Phone)については情報もっておりません。

DMMモバイルユーザーならDMMのサービスでもっと優遇するとか
そういう施策があってもいいかなと思うけど、
ごく事務的に、ごくシンプルに淡々と、という印象のDMMモバイル
面倒な工数削減のため余計な事は一切してないて印象。
でもまあ多くのMVNOってこうなんだろうなと思うけど。
マイページはデータ残量がすぐ確認できたりなど
パッと見で使いやすそうな印象を受けた。

まだ二日目のため、速度についてはこれからだけど
IIJなのでまあそんなに問題になる程遅いという事もないんではと。
とりあえず夕方~夜中使った感じでは問題なさそうではありました。

しばらくDMMモバイルで運用してみます。