So-net無料ブログ作成

Lynnfield Core i5 760とSkylake Celeron G3900の比較 [ハードウェア・周辺機器]

G3900、買おうかどうしようか検討中で色々と調べてみる。
average CPU Markによると
Core i5 760 vs Celeron G3900の比較はこんな感じ。

bench.png

Core i5 760の方がちょっと上。i5 650とほぼ似たような性能。
Core i7 6700Kが11046とかなので、こういうのを目くそ鼻くそていうのでしょうか。
初代と7世代目を比較すると、随分違うものですね。

Core i5 760って発売から6年(2010年7月18日発売)
そろそろマザーボードか何かが逝きそうな気もするが、
うちのAthlon 64 X2 3800+(Socket 939)もいまだ現役。
ご老体がみな元気でなかなか変え時がない。

ちなみに、3800+のベンチは1004。3800+の方が圧倒的に低性能。
サブ機の3800+を引退させて中身入替をするには良いのかも。
そして金がたまってきたらCPU交換、とか。
タグ:Celeron G3900

Celeron G3900で自作を考えてみる [ハードウェア・周辺機器]

下記の記事見て、ちょっと組みたくなってきた。

【今月の自作PCレシピ】3万円の激安PCと万能10万円PCで夏休みに自作デビュー!
http://ascii.jp/elem/000/001/211/1211256/

Skylake世代のCeleronが、最安のものが4,000円程。
DDR4の4GB×2が4,500円程からある。

H110は、安いけど安いだけあってPCI-Expressが2.0だとか
将来的な拡張性っていうと微妙か、と思ったりする。
H170だと、マザーボードは1万円位?

--------------------------------------------
Celeron G3900 4000位
マザーボード 10000 H170A PC MATE等
メモリ 4500
HDD -(余り流用)
光学 -(余り流用)
GPU -(内蔵)
ケース -(ケース流用)
電源 -(余り流用)
--------------------------------------------
2万円弱と、言う感じ。
マザーボードをもう少し選べば、15,000円しない位の出費。




ベンチマークも調べてみた(Google先生調べ)
---------------------------------------------
CrystalMark2004R3
i7 6700K 96962 Skyleke i7
i5 760 53361 Lynnfield i5 ← イマココ
Celeron G3900 33482 Skyleke Celeron ← G3900
Celeron G1101 21187 Lynnfield Celeron
---------------------------------------------

第1世代と第6世代の比較。クロック数は同じ(2.8Ghz)

コア数はG3900は2、i5 760は4。HTはともに無し。
TDPは全然違う。Lynnfieldは95W、G3900は51W

G3900は、コア数半分だけど性能は6割位。
2万位だせば、新しい環境にできるっちゃできるが
i5 760もまだまだ行けるか?という気に少しなってきた。
世代が大きく違うが、性能はそこまで上がってる訳ではなさそう。
ML110 G6に載ってたCeleron G1101比で約1.5倍

4コアにしてみるとどうなるか、というと
4コア 2.7Ghzのi5 6400だと、CPUだけで2万円位に跳ね上がる。
ちょっと買う気が失せるレベル。

あくまで、消費電力を無視して、
マザーボードのコンデンサの劣化がそろそろ心配ではあるが
i5 760 or マザーボードが死んでしまうまでは様子見でもいいかも?

「iPhone 7」の“値上げ”を 総務省 [携帯]

総務省がiPhoneの大幅値引にツッコミ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/08/news068.html

総務省が、有識者会議においてあらたなガイドラインをまとめたそう。
iPhone 7のような最新機種の大幅値引をやめて端末購入補助を
さらに少なくすることを求めるような内容、だそう。

現在は、値引をするための資金として通信料を高くとる
という料金形態となっているため、まずは大幅値引を禁止したうえで
料金を値下げさせる方向にもっていきたいということなのでしょうね。

通信料高いですが、端末は激安ですよ
というのは、商売としてそれ自体はまあアリだとおもうので
禁止、と言われるとネットで言われてるような反発を招くのも分かる。

ただし、「端末セットが前提」な訳なんで、端末は高くていいから毎月の支払を
下げてくれという人が居た時に、高い通信プランしかなく選択の余地がない事は
問題かなと思ったりします。結局は、みんなで負担し合ってるという形になり、
高く買った人の通信料も赤の他人の値引額の補てんに使われている
という現状があるので、不公平感はあるのかな、と思います。

iPhoneは名指しされているようですが、実際iPhoneは高い端末の割に
キャリアは他の端末に比べ、大幅に値引して最安レベルを維持して
Appleの売り上げに貢献しているような状況にあるわけで、こういう偏りも、
特定の人は恩恵を受けるが他方は損してるという状況で、
それも改善したいのでしょうね。


iPhoneユーザーで2年程でMNPでキャリア移りながら
コロコロ端末買い替えてきたっていうユーザーからすると
規制されっぱなしで文句しか出てこないんでしょうけど、
総務省はMVNOにユーザーを流して競争を促したいっていうのと
その流れでキャリアの毎月の通信料も値下に総務省はもってきたい訳なので
これからも端末がどんどん値上(というか実質詐欺の廃止)に向かうのでしょうな。

けど、やってる事は別におかしくはないと思うんだけど
お役所がやる事はどうもこう、まどろっこしいというか回りくどいので
もっとこうわかりやすくスピード感だしてもの進めらんないのかな
とは思います。

今は値引キャンペーンがどんどん終わってて
「総務省に言われたから嫌々設定しました」みたいな形だけの
使い物にならないプランを設定しただけで終わってる状態で
ひとつも料金プラン値下げに繋がっておらず、
ただ端末割引を禁止しただけになってるだけですしね。
それなら、お役所は口出すな、という意見になるのも分からんではないけど。

みんな割高になって均等に不満を持っている
という意味では、ある意味公平で正常、なのかも知らんけど。
そんな私はガラケー+MVNOの2台運用派。



au STARに思う事 [携帯]

auが長期契約者優遇のためにはじめた、au STAR
これがなかなか微妙で、ライトユーザーおざなり感満載だったりしますが
『ケータイ取り替えおたすけギフト』だけちょっと気になる。

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/07/28/1925.html

<<特典内容>>
・対象機種に機種変更する場合、毎月割を増額。 → 実質無料レベル
・契約変更手数料3,000円が無料

<<適用条件>>
・「au STAR」会員であること
・同一のau3Gケータイを49ヵ月目以上利用してること
 → 3Gガラケーの人のみ

<<対象機種>>
AQUOS K SHF33、AQUOS K SHF32、GRATINA 4G、かんたんケータイ KYF32
 → 要はガラホへの取り換えのみ。なんでガラホ縛り?

<<実施期間>>
2016年8月10日~2016年12月31日

て、言う感じだそうで、まあまあ、悪くはないけどと。
正直、「実質無料」なのがヤな感じではあるけど。
型落ちスマホ一括0円でばら撒きます位はしてほしい所だが。

でも、ガラケー(自分)の人ってガラケーにこだわりがある訳じゃなく
「そんなに使わないから、最安で維持できるガラケーで良い」
という理由で維持してる人多いと思うんですよね。

てことで、ガラケー → ガラホのみでなくて
スマホの激安端末(Qua Phoneあたり)を実質無料でもいいんでないか
とおもいますけどね。

というよりも、いろんな人言ってますが、
遅くてもいいから維持費激安、っていうのが一番嬉しいのかと。
常時128KBで制限されてる代わりに、毎月のパケット980円とかね。

しかし、ドコモは分かりやすく長期契約者優遇を掲げてますが、
au STARって、ポイントの還元が「パケット定額を契約してること」を
前提にしていたり、素直に還元する気がないのが何だか微妙。
auに限らないが、何が何でも維持費は高い設定を維持したい
という魂胆見え見え。

それでもまだドコモは、長期契約者に対しては少しマトモに優遇します。
ここら辺はまあ優等生(というかお役所寄り)のドコモと
言う事聞かないその他のキャリア、って所でわかれるんでしょうかね。

auの各種料金設定はどこかに落とし穴がある感じで安い気がしません。
MVNOばりに安くしろ、とはいわないのだけど、MVNO位「すっきりわかりやすい」
っていうプランとかにはできないものですかね。

いっそのこと、3G停波で巻き取りキャンペーンが起こるまで
維持してやるか、ともちょっと思う。
ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)は、DSDS機でCDMA2000の待ち受け行ける
なんて話もありますからね。こういう端末がもっと出て来たらそっち乗換とかもありかも。

PS4 Pro本日発売 & 明日よりPS Store 10周年記念セール [ゲーム]

PS4 Pro本日発売
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20161110043/

PlayStation 4 Pro(CUH-7000)が本日発売。
HDD容量は1TBで、価格は44,980円(税別)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

新品価格
¥48,578から
(2016/11/10 18:29時点)




APUは、PS4と同じJaguar。基本は変わらず。
処理速度が向上している。

CPU:動作クロック 1.6GHz→2.1GHz、プロセスルール 28nm→16nm FinFET
GPU:動作クロック 800MHz→911MHz、演算ユニット 18基→36基
MEM:5.5GHz相当(実クロック1.375GHz)→6.8GHz相当(実クロック1.7GHz)

※標準PS4用タイトルをプレイするときは標準PS4と同じクロックに落ちるそうです。

GPUは、Polarisの機能を「一部」取り入れたが、コアは変わらない(Radeon HD 7800系)
かつ、次世代のコアの機能も先行的にとりいれている(らしい)

他に、
・HDMIは1.4a→2.0b
・USB 3.0→3.1
・Bluetooth 2.1→4.0
・Wi-Fi ac対応

などIF絡みが最新にアップデート
劇的とまでは思わないが、堅実なスペックアップと言ったところ。
PS4も発売から何年もたってますし。

GPUが倍近くの性能になってRX460 > PS4 Pro > RX470位の性能
だそうだが、元々貧相だったJaguarのクロックアップ程度じゃなあ。
筐体デカくてもZen + Polarisとかだったら面白かったろうに。

と思ったりしますが、時期的に無理だったんでしょうかね。
どちらかというと低消費電力・低発熱の方が重要なんでしょう。

ただ、個人的には、この値段ならもっとびっくりなスペックでもよかったかなと。
GPUがPolarisでRX480相当だ、とかね。昔のソニーならそれ位したなあ、と。

もっと余計な事言うなら、ついでにVitaの強化版など出してくれないかなーと。
CPU強化、通信モジュール搭載(LTE)、メモリ 2GB搭載、Wi-Fi 5GHz帯対応といった
アーキテクチャそのままでスペック底上げとかね。
据え置きで腰据えてゲームする気力が最近ないので、Vitaの強化版みたいなのを
だしてもらって、そっちでわんさかソフト出るっていう方が嬉しい。

PS4 Pro向けに映像が強化されるゲームはこちら
http://www.jp.playstation.com/ps4/hardware/pro-list.html

たぶん、4Kの環境が揃ってる人だとその差が体感できる!
とかそんなんだと思いますが、自分は4Kのディスプレイ持ってないので
まずそこから、ですか。

PS Storeで10周年記念セールやるみたい。
http://www.inside-games.jp/article/2016/11/07/103260.html

10周年記念、といいつつも主にPS4 Pro向けの安売りセールみたいに見える。
いや、安いのは良い事ですけどね。


スト5は個人的にはそれほど引かれない(プレイはスト3が最後)
影牢はPlusで配信あったから買う気なし。
ウイイレはもともとそれ程は、という感じ。

で、値段的に、Bloodborne、Dishonoredなんかは気になる。



MediaPad M2 8.0、Android 6.0へのバージョンアップ開始 ※ [携帯]

MediaPad M2 8.0、Android 6.0へのバージョンアップ開始
※ただし、Wi-Fiモデル(M2-801w)のみ

http://consumer.huawei.com/jp/press/news/hw-482804.htm
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1028370.html

○更新内容
1.AndroidTM 6.0へのアップデート
2.システムの最適化、安定性向上
3.アプリケーション汎用性の向上


11月7日12時より順次、対象の端末には通知が下りて来てる模様。
9月末との話だったはずですが、少し時間かかりましたね。
問題があったんでしょうか。

そして、自分が持っているのはLTE版(M2-802L)。対象でない模様。
アップデートされるともされないとも特に説明なし。
きっと、アップデートされるんだろうと思いますが。

とはいっても、困ってる訳ではないので
アップデートされないならされないでもいいか、とは思う。
故障が心配で、そんなに長く使える気がしてない、ってのもありますが。

タグ:Mediapad M2 8.0

ロリポップチェーンソー [ゲーム]

随分前に買って投げてたゲーム。
積みゲーを消化して行こうキャンペーン中のため、再開する事に。
最近ちょこちょこと寝る前にやってたりする。


○概要
基本は、チェーンソーでゾンビを倒すゾンビゲー。
ゾンビゲーというとシリアスなホラーアクションなものがほとんどだが、
所々というか、多分にバカゲー要素が盛り込まれているのが特徴で
全体的に軽いノリで進んでいく感じ。通常版は、グロ要素を抑えているが
PREMIUM EDITIONだと、グロ要素(というほどグロくもないが)が海外の表現そのままのモードがデフォルト。
通常版のグロ演出抑えめ版もプレイ時に選択可能。


○ストーリー
サン・ロメロハイスクールという学校が舞台。
主人公はチアリーダーのジュリエットという女の子で、
ゾンビだらけとなった変わり果てた学校でゾンビを狩るという話。


○操作など
チェーンソーで敵をザクザク切っていくのが基本だが、
ジャンプとチアアタックとチェーンソーを組み合わせてコンボを決める。
途中から、チェーンソーブラスターという銃も使えるようになる。

最初は使えるコンボ技なども少なく、ステータスも低いが
敵を倒したりフィールドに隠されているメダルを集めていくと
ショップでアイテムを買って強化できるようになる。


○グラフィック・システム
グラフィックに関しては、主人公のジュリエットの造形と
コスチュームについては凝ってそうだなあという感想。
そのほかのゾンビや中ボスやフィールドについては美麗
とまでは行かないと思うが、PS3世代というと普通かなーと。

ジュリエットについては、着せ替えの要素も売りのようで
前述のコインを集めると色々着替えられるようにもなる。
なので、着せ替え目的でコインを集めたくなる。

LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION 【CEROレーティング「Z」】

中古価格
¥400から
(2016/11/6 14:24時点)




○気になったところ
・QTE
単にチェーンソーで切っていけばいいのか、というとそれだけでなく
車やバス等が突っ込んできたときにQTE、中ボスの攻撃避けるのにQTE
など、いろんな場面でQTEが発生し、失敗=即死というものも時折あるので
初見殺しなところが結構ある。覚えていくと回避できるようになるが、
QTE苦手だと、失敗で即ゲームオーバー、という展開は結構ストレスかなと。

ニックは生首状態で生きてる(?)人で、
ゲーム中で、ニックを「首なし状態のゾンビ」に取り付けて
そのゾンビを操作させる、というアクションが起きる事が(1ステージで数度)あるが、
ニックを正しく操作しないと、次への道が開けない等、進行上
必須なのだけど、これがまた結構面倒。個人的要らんかった。
ニックは盛り上げ担当として声出してるだけでよかった。


・ミニゲーム
時折、ゲームの進行とは関係のないミニゲームが挟まれ
そこをクリアしないと次にいけないところが毎ステージあるが
個人的には要らなかった、というかクリア必須にする必要はなく
「やりたい人はやればいい」位のお遊び要素として置いておく、
って程度でよかったんじゃないかと思ったりする。

ミニゲーム自体は、楽しいとは思うので、やるもやらないも自由で
クリアするとなにかコインやら強化アイテムやらのボーナスが出るとかその程度で。


・ボリューム
ステージ自体は少なくて、ボリューム不足かな?とも思うが、
難易度を変えたりしながら、何度も繰り返し遊ぶっていうような
遊び方を期待してる感じなんですかね?
似たようなステージの焼き増しだと作業感でてしまうし
この程度でよいのかもしれませんね。

ジュリエットを強化すると、多少は無双感は強くなるので(多少)
強化したうえで、プロローグやステージ1をこなすと楽しい。
コンボ入れそこなってもそこそこやっつけられるし。

個人的には、最初はQTEがストレスだったり
ジュリエットが弱く技もすくなくて敵がなかなか倒れなかったりで
ダレて中断していたが、強化が進むと楽しめるようになってきた。
慣れると楽しいゲーム。裏を返すと、慣れなきゃつまらないともいえる。

無双は敵をバサバサ倒す無双感が味わえる反面、強化が進むと
単調になって飽きが来るが、技を確実に入れて、コンボを決めてくのを楽しめるようになると、
ロリポップチェーンソーもそれはそれでええやん?という気になる。


○感想
ゾンビゲーというと、銃打ちまくって倒すのが多いが、
チェーンソーで相手をなぎ倒していくのは面白い。

シリアスさというか、ホラー要素があまりなく、
海外の学園もののパロディ要素がかなり多めな重苦しくない
ライトな雰囲気なので、気軽さはあるかなと。

ただし、ふざけたノリはふんだんに盛り込まれているので人によるのかなーと。
パッケージが見るからにそういうソフトだからこのノリが苦手な人は買わないだろうが。


敵はそこそこ湧いてくるが、コンボで何発か当てないと死なない(?)ので
バッサバッサと敵をなぎ倒す無双感を味わうというよりは、
コンボアクションをバシバシと決めて行けるようになると楽くなるゲーム。

ある程度進めてコインを集め、コンボの種類を増やしてく程楽しい。
最初は単調になりがちかもしれない。なので、周回をこなした方が楽しい。


プロローグ~ステージ6までのステージをこなすが、
細切れに沢山のステージ数をこなすのではなく、1ステージが長い。
で、「ここでセーブポイント」のようななっきりとした区切りがないので
やめどき見失いがち。


主人公の家族がゾンビハンターで
生首になってしまった彼氏を連れてゾンビを退治する
っていうぶっ飛んだ設定になっているが、
キャラクターどうしの掛け合いなどは楽しくてよかったかと。
それぞれがキャラが立ってる感じで。


中古でなかなか格安のお値段で買ったので満足度はまずまず。
フルプライスだとちょっと物足りないかもしれません。
もう少し細かい所を改善してボリュームを増した続編なんて出ると
良さそうなだなーと思ったけど、出す気はなさそう?