So-net無料ブログ作成

Apollo Lake Celeron N3450搭載ノート Altair VH-AD3 [ハードウェア・周辺機器]

最近、子供に使わせる為の、長時間駆動しつつそれなりに作業できる、という安ノートを探している。
この前改造したONKYO C413A4使わせればいいやん、という話もあるが、
C413A4は、Atom N450で色々限界なので、自分のおもちゃにはいいけど
さすがに他人に使わせるのはなあ、というのがありまして。

あと、バッテリーが公称 約2.6時間という恐ろしい短さで(実働はその約半分)
ちょっと使い物にならないかなと思ってみたり。
なので、新しい端末を探していたりします。

価格comから探すと、2万円台であるのはあるんだけど、Cherry Traiだったり
Braswellだったり、もっと古くBay Trailだったりで、今買うには微妙だなー
と思ったりするんですよね。

一応DELLのInspiron 14 3000シリーズ持ってて(Celeron N3050)
Braswellならまあまあ常用に耐えられるかな、という感覚は持ってはいるので
Cherry Trailでもまあよいといえばよいんだけど。
というかInspiron 14 3452はメモリ増設が出来たので8GB積んでて
メモリ的には、多少は余裕あるんですけどね。

発表済みのApollo Lake(Celeron N3450等)と、Cherry Trai(x5-8350等)と比較すると
1.5~1.7倍くらいのベンチマークスコア記録したりしてて、だいぶ性能良さ気なんですよね。
それみると、今さらなあ・・・とか思ってしまう訳です。
買った後すぐ世代が変わったら気持ち的に負けた気になりますしw

んで、見てみるとドスパラがApollo Lake世代のCeleron N3450搭載で
Windows 10 Home版の14インチノートが、2万9980円(3/30時点の値引価格)っていう
ステキなノートPC売ってるみたいなんですよね。




Altair VH-AD3
CPU Celeron N3450 (Apollo Lake) 4コア4スレッド 1.10 GHz(バースト 2.20Ghz)
MEM 4GB
ストレージ 32GB (2.5インチ7mm HDD 拡張スロット有)
液晶 14インチ光沢液晶(1366×768)
GPU インテル HDグラフィックス500
OS Windows 10 Home 64bit (Proも選択可能 +5000円)
光学ドライブ 無し
バッテリー 公称 7.9時間
Office なし

昨今のクラウドブック的な激安端末だと、メモリ2GB/eMMC 32GB
という構成が多く、メモリが微妙に不安で性能に影響しそうだし
微妙だよなあと思って躊躇する訳なんですが、これなら
標準で4GB載ってるんで通常の用途では全然問題ないし、アリやん!?
とかすごく思っているところ。

ホントは、10インチ~11インチあたりでコンパクトで
できれば2in1的な端末で、バッテリーがもっともつ感じで
価格帯が似たような価格帯にな端末がもっと出てくれば幸せなのだけど。
Apollo Lakeな安端末をもうちょっとまつかAltair VH-AD3かっちゃうか
凄く迷ってたりします。

2in1の11インチ Diginnos DG-D11IWVもAtom x5-Z8350ながら4GBで
29,800円だったりで、これはこれで ありなんですけどねえ。

「VAIO Phone A」が一括1万9800円、IIJmioで4月7日販売開始 [携帯]

IIJmioサプライサービスのラインナップに、「VAIO Phone A」「Moto G5 Plus」を追加
4月7日から販売を開始。

VAIO Phone Aが1万9800円
Moto G5 Plusが3万2800円


VAIO Phone Aは、スペックも良いけど、特徴もなくて普通だなあ・・・
と思ってたら、1万9800円で売りますか。2万円程度ならだいぶイイカンジだと思います。
値下がり率でいうと、

VAIO Phone BIZ 54,800円 → VAIO Phone A (IIJmioサプライサービスで) 19,800円
て、位の大処分価格。

スペック
SoC SnapDragon 617 オクタコア(1.5×4 + 1.2×4)
RAM 3GB
ストレージ 16GB microSD 最大 64GB
画面 5.5インチ フルHD 1080 x 1920
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
microSIM×1、nanoSIM×1(3G+4G DSDS対応) ※nano SIMはmicroSDと排他利用
USB microUSB 2.0


値段的にもスペック的にもg07+と真っ向からぶつかってる印象。
g07+と比べると、ストレージが少し少ない、USBがType-Cでない、microSDが最大 64GB
指紋認証がない、CDMA2000のDSDSに対応しない、という点で少し見劣りするんで
スペック比較になるとSoC以外のハードの面でg07+の方が上。
液晶もサイズや解像度は同じだが、g07+の方がIGZOで省電力(だと思う)

しかし、
ハード的にはVAIO Phone BIZと同一で少し古い設計なので仕方ないっちゃ仕方ない。
当時はなかなかのスペックで評価もされてましたしね。

新製品といっても、ダダ余りになったVAIO Phone BIZの在庫処分
的な意味合い強いですからね。VAIOブランドなのに、とガッカリする声もあるようですが、
どちらかというと、Windows 10 Mobileを採用しちゃったせいなのも大きいし
そもそも強力なバックアップをしてくれるはずの日本MSがやる気無いせいで
VAIOだけではどうにもならなかったと思うので、可哀そうな気が個人的にはしますが。
NuAns NEO [Reloaded]を発売したトリニティも不満たらたらだったし
サード切り捨てる気満々だろうから、仕方ないっちゃしかたないですか。


一応、g07+、VAIOPhone Aの速度的な性能を比較すると

MT6750TとSnapDragon 617の性能でいうとほぼ一緒。
GPUの性能はスペック的にはAdreno 405の方がチョイ上。
なうえに、スマホゲーはSnapDragonでチューニングされてることが多い
と聞きますので、VAIOPhone Aの方が快適「かも」しれません(気分的に)

CPU
Snapdragon 617 Cortex-A53 1.5 GHz×4、Cortex-A53 1.0Ghz×4
MT6750T Cortex-A53 1.5 GHz×4、Cortex-A53 1.0Ghz×4

GPU
Adreno 405 @550Mhz 59.4GFlops
Mali-T860 MP2 @700Mhz 47.6GFlops


あとは、Coviaのg07+を取るか、VAIOのVAIO Phone Aを取るか
ていう位の好みの問題位ですか。どちらも外観アルミで質は高い。

VAIOっつっても、自身で作ってる訳ではなく製造は中華で、品質的にはそう大差なし。
VAIOは、日本通信と提携した初号機で盛大にやらかしましたからねえ。
切り離し後のVAIOのスマホ事業は、Coviaとそう大差ない印象です。

取り扱うMVNOとしては
イオンモバイル、BIGLOBE、DMM mobile、IIJ mio、LINEモバイル、nuroモバイル

他のMVNOは特にキャンペーンするなどの告知はまだない様子。
ソニーストアでは普通に24800円で売る模様。
IIJ mioは、値付け的にnova liteやg07+を意識してんでしょうか。

スペック的にはnova liteの方が上。DSDSや画面サイズ含めるとg07+がもっと好み。
でも、気分的には、同じ19800円ならVAIOPhone Aを選びたい。
なぜかというと、背面のVAIOのブランドロゴが好みてだけなんだけどw

g07+、購入を・・・ [携帯]

しませんでしたw
カートに入れてポチる直前まで行きましたが。

CDMA2000対応といっても、ホントにau本家のガラケー SIMで正しく認識するのか
色々と制限があったりするんではないか、という可能性がどうにもぬぐえないため
人柱報告待ちで待つことにしました。

初期ロットは不具合あるかもしれないし、au本家のガラケSIMでホントに動くか怪しいし・・・
と自分で自分を言い聞かせてる最中w


auの3G SIMの場合

・PRLのバージョン依存しており古いと使えない事が多い。
 更に、Mi4cでは「GRATINA, GRATINA2で」PRLを更新しないと認識しない。
 他の端末で更新して最新にしてもダメだそう。
「ツール」-「グローバル機能」-「PRL設定」-「PRL手動更新」
PRLバージョンの確認方法は「ツール」-「グローバル機能」-「PRL設定」-「バージョン情報」

・GRATINAでPRL更新したSIMでも、使えなくなったなどの報告あり。
人柱の報告によって見つけ出した方法のため、なぜ「GRATINAのみ」
なのかは某掲示板でも不明だそう。

・更に、LTE SIMで一度通信したうえで3G SIMに差し替えると使えるようになる
 という作業が、端末によっては必要な場合もある。

という風に、au側でガチガチに縛っている穴をついて、
裏ワザ的に使えるようにしている、たまたま使える状況を再現する
という状況がau 3G SIMにおける現在の状況。
g07+も、ホントにauの(micro SIMサイズの)ガラケー持ってる人の
大部分が幸せ、となるかは非常に疑問が残るところ。

ので、もしかすると、現在使ってる端末が非常に限られるとか、
上記のような非常に難しい手順を経た上でようやく使えるようになるとか
なにか課題があるんじゃないのかな、と思ったりしています。

Zenfone 3 Deluxeは、PRL更新したGRATINA SIMでも認識しないなど
CDMA2000に対応、といっても「auの3G SIM」が使えるかどうか
やってみないと分からない、って状況なのですよね。


とはいっても、SIM2はSDカードと排他利用でSDさせなくなっちゃうし
IGZO液晶搭載で、SoCもそこそこで、メモリも3GBと余裕あって、
W-CDMAのDSDSはキチンと対応してあって、って端末なんで、
あくまで、g07+のDSDS以外の部分で気に行った人が買うべきであって

運がよければ、auのガラケSIM(のごく一部)がつかえる「かも」ね

位に思ってた方がよさそうですかね。

タグ:g07+

au 3G網対応のDSDS機 gooのスマホ g07+、1万9800円で発売 [携帯]

au 3G網はCDMA(CDMA2000)でかなりニッチな通信網であり
DSDS機はほぼサポートしてないが、今度発売されるg07+は、CDMA対応のDSDS機らしい。

なにこれ。すげえ欲しい

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1051394.html
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201703240272/

g07+は、g07がベースで、それを一部変更したもの。お値段19,800円。
なおbic等でも端末のみ売ってますが、bicだと+1万円アップで29,800円の様です。
g07+を2,000円割引で購入できる「g07+新発売キャンペーン」も期間限定にて開催するようです。

https://simseller.goo.ne.jp/

既に発売済みのg07はDSDS機だが、auの3G網は非対応で
ドコモ本家SIMもっている人向けのDSDS機といった感じだったが、
今回のauの3G網にも対応。

auの3G網に対応したDSDS機というのはものすごくレアで、
Zenfone 3 Deluxeが、スペック上対応しそうなスペックで、期待はされてたんですが
某掲示板の人柱報告に寄ると、どうも無理っぽく。
一時期非公式に対応してるんではという噂ありましたけども。

中国向けの国内未発売の端末で1機種実績あるんだかっていう
人柱の報告は目にしたことはありますが、
CDMA2000対応のDSDS機を国内メーカーが発売するとは思わなかった。
堂々と謳い文句にする位だから、きちんと対応しているはず(と思いたい)

これなら、ガラケー+MVNOで2台運用してる人(私)が一台にまとめられる。
また、2年縛り終えた後、同じ端末を使いつつもMVNOにMNPで移って
そのまま使い続ける・・などが出来そうな予感。
MNOの音声回線を維持ししつづける事も当然可能。

夢がひろがりんぐ。

○DSDS絡み
・2枚のSIMカードでLTE+3Gで同時に音声通話を待ち受けられる「DSDS」をサポート
・NTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアのネットワークを利用可能
・3G(CDMA2000)方式に対応。ただし、au網ではVoLTEとLTEデータ通信には対応しない。

 → auの場合ガラケーのSIM + MVNOのSIM等で使える(はず)
非VoLTEな4G SIMがイケるのかどうか、なども報告待った方がいいかも?

○スペック
型番:Covia CP-J55aW
SoC:MediaTek MT6750T(オクタコア、1.5GHz×4+1GHz×4)
RAM:3GB
OS:Android 6.0 (7.0へバージョンアップの予定あり)
ディスプレイ:5.5インチ フルHD IGZO液晶
ストレージ:内蔵32GB、最大128GB microSDXC
カメラ:1300万画素、インカメラ 800万画素
ネットワーク: LTE(Band1/3/8/19)、W-CDMA(Band1/6/9)、CDMA2000(BC0、BC6)、GSM(850/900/1800/1900)
SIM:microSIM+nanoSIM(microSDと排他利用)
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n
バッテリー:3000mAh。
指紋センサー搭載

→ au 3G SIMでDSDSをする場合、3G SIM = micro SIMなのでnano SIMで契約が必要
またSDカード増設は諦める必要あり。

○気になる記事
ベース機のg07において、絶妙なタイミングでこんな気になる騒ぎあり。

NTTレゾナント・gooの格安スマホ「g07」にアドウェア混入か
http://buzzap.jp/news/20170324-goo-g07-adware/

サラっと読んだ感じだと、ファームウェアにアドウェアが混入していて騒動となっている様子。
Coviaは、以前から格安の端末を売っていて中華っぽい印象はあるが、横浜の企業。
ただし、製造は提携している中国や台湾の工場等で行われてそれを輸入する形になってるので
きっと、委託先の工場で仕込まれたってオチなんでしょう。
g07+も同じような事にならなきゃいいが、と思っているが、一応気にしておいた方がよさそう。

他にもハードの不具合報告

gooのスマホ「g07」でディスプレイのタッチ問題か。斜め線がまっすぐ引けず「波打つ」現象が報告
http://sumahoinfo.com/goog-no-sumaho-g07-touch-display-issue-naname-sen-namiutsu-g06

タッチパネルの品質もg07は課題となっているようです。
g07+では、「タッチパネルを強化した」そうだから、改善されてるのを期待するしか。
気になる人は、ここら辺の報告も待った方がよいのかも。

○感想
すげえ欲しいです。いますぐすぐポチりたい。
ただ、メーカーがCovia。ちょっと飛びつかずに人柱報告待ってもいいかも、と思う。
上記の事もそうだが、ドコモ網のDSDSはg07で実績あるからよいとしても、
CDMA2000のDSDSだと不具合とかありそうな予感。

auの3GはCDMAな上に、隣接するPHSとの干渉も対応しないといけない
ローカル仕様があるため(それが原因でDSDS非対応となる機種も多々ある)
いざDSDSやってみたら不具合だらけで全然ダメだったって事にもなりそうな。
なんせCoviaだし

液晶サイズは5.5インチで大き目は○。個人的にデカかればデカいほどいい。
メモリも3GBで問題なさそう。SoCはさすが製造が中華系なMediaTek MT6750T
Antutuのスコアは42972程度。

最近だとSIMフリーでも100000越えなんてスコア見かけるし全然速い部類ではないが
所有しているMediapad M2と大体同じ位のスコア。現在の普及価格帯のまん中やや下あたり?
Mediapad M2同等なら、通常の用途で全然問題なし。多くのスマホゲーは快適。
3Dゴリゴリのデレステなどは厳しかろうがやってみないと分からない、ってところですかね?

待った方がいいんだろうが、やっぱ買おうかなw
もし人気なら瞬殺されるかもしれないが(g07は発売開始時瞬殺だったそうで)
買えちゃうようならかっちゃってもいいかなー。
でも、WPJ40-10買ったところだしな。ちょっとは我慢すべきか。欲しいけどw

g07はgooのスマホのなかではだいぶ売れてるようなんで
g07、g07+がバカ売れ → HUAWEI or ASUSが追随してCDMA2000対応のDSDS機発売
なんてことにならないかなー

つか、まあ2年縛り解けるまで2台運用で我慢してそのタイミングでMNPした方が
多分すっきりするとおもうんだけども。ただDSDS機を体感してみたいってだけでw

DSDS興味なくても、このお値段ならg07よりハードウェアが強化されちている
g07+は普通に検討してもいいかも。
タグ:g07+

ウィザードリィ 囚われし亡霊の街 ~ その4 ~ [ゲーム]

レベルは現在20~25。多くのキャラが上級職へ転職。

Wizardry 囚われし亡霊の街 ~ その1 ~
Wizardry 囚われし亡霊の街 ~ その2 ~
Wizardry 囚われし亡霊の街 ~ その3 ~

○状況
デ・ブーレ迷宮は踏破。その後のマシネ・トヘトも踏破。
マシネ・トヘトは、ダストクローラー的な「どうにもならない」
というのもおらず、どうにかなるレベル。

といっても、全滅する事はあいかわらずザラである。
ので、誰かが死んだら、回復させずにリセット → やりなおし
を連発してる状態で、セーブの回数が異常に多いw

キャラを上級職へ転職させ、お布施で経験値ブーストで
成長遅めの前衛キャラの剣聖を育て中。おかげで成長速度最速。
同じ速度で盗賊が成長中。

クエストはそんな難しいものはない。お遣いするだけ。
特定のポイント行って帰ってくるか、固定敵倒して帰ってくるか。
けどクエストはレベリングの為の理由づけみたいなものなので
ただのお遣いでも問題ないっちゃない。

現在は、その先のアウダークルク迷宮やブレスマスラーンに
挑んでいるところ。チュ・ル・ガーの研究所が云々・・・
というクエストが何本かでてきているので、シナリオ1の
後半に突入しているものと思われる。

現在のパーティ
前衛:剣聖、侍、君主
後衛:盗賊、司祭、司祭

戦士二人は、VITが足りてなくて上級職になれなかったが
やっと転職可になったため剣聖と君主へ。
後衛も一人を司祭へ転職させ司祭2人体制。
回復がやっとどうにかなるレベルになってきた。

○感想等
デ・ブーレ迷宮は、ほとんど上級職パーティで
そこそこ良い装備を装備させた状態だと問題なく踏破できるようになった。
ダストクローラーにもやっと太刀打ちできる。
ただし、無限増殖バグでお金稼ぎはやってない。
それやったらつまらなくなりそうなので。

剣聖と侍は、ブシドーブレードを持たせて前衛らしいダメージを与えられるようになった。
でも鎧や盾は比較的貧相。武器が多くドロップしてる印象。

マシネ・トヘトはレベルを上げまくると段々楽になる。
ごり押しでどうにかなる。と言っても死にまくるが。
油断してるとレベルの高いピクシーファントムに即死攻撃されて
一瞬でボロボロ、って言う事は多々あるのだけど。

それでもリセット → やり直しを繰り返していると
レベルはそこそこのスピードで上がってくる。
アイテムも頻繁にドロップするので、鑑定 → 売り払う → お布施
を繰り返し、レベル上げをしてさらに挑む、を繰り返す。

サクサクすすめるとアッサリ全滅してしまうので
クエストをクリアしてもしっかりとレベル上げをして装備を固めた上で
次へ、というくらいで丁度いいんだろうな、というのを後半で思い知る。

工夫しても、どうにもならんときはどうにもならんのですが
必死にレベルを上げていると前衛の子のHPが何とか耐えられるレベルになったり
後衛の魔法の与ダメージが段々増えたりでレベル上げは大事だなと感じる。
司祭のレベルが上がってくると、攻撃魔法も強力なため、一気に倒せる。

というか、敵がワラワラやってきて3層程居たりするので
一気に倒してしまわないとこっちが危険。オールオアナッシング的なバランス。
やられる前にやってしまえ的な。でも、楽しいっちゃたのしい。
ドラクエ的に、ボタンポチポチしてるだけで倒せてしまうという楽しさとは
また違う感じで。

まあでも、ダンジョンもオートマッピングあるんで迷わないし
クエストも単調だしでそういう意味での面白さは大してない気がする。
ダンジョンがすすむと、突然敵のレベルが上がって死にまくるようになるため、
「太刀打ちできるレベルまで装備をそろえてレベルを上げてどうにかする」
という作業が「たのしい」と思えないとこのゲームってクソなんだろうな、と。
裏を返すと、まともに戦闘できるようになるまで苦行を繰り返す必要がある
という事でもある訳なので。

自分は、今さらプレイしてるのでバグでやる気削がれるという事がすくないので
そういう面では苦労してはいない。ただ、魔法をうつと、処理落ちをして
もっさりする場面があったり、魔法のエフェクトが戦闘の進捗に追いついてないとか
PS3なのにどうしてそうなった?っていう時はちらほらと見かける。
PS3はSPUを活用しないとただの遅いPowerプロセッサ搭載機らしいんで
ライブラリの熟成がすすんでないとか、そんなところでしょうかね。
このゲームのソースって他からの流用が多いらしいですし。

なお、マシネ・トヘトにシナリオ2を買わないと進めない箇所があり
やり残した感があってすごく気持ちが悪い。
でも、シナリオ2 → 3とドンドンとゲームバランスが悪くなっていく
とどんなレビューを見ても書いてあるので、買う気はしていないw

シナリオ1については、シッカリとレベルを上げて装備を固めるの前提ですが、
まあまあおもしろいやん?とか思ってたりはします。
何を楽しいと感じるか?が人によるとは思いますが、レベルを上げまくると
「ちょっとは成長してる気がする」というのを堪能できるのは楽しいかと。

基本、マニュアルや作中で説明やフォローは一切なし
なんとなくプレイするとアッサリ全滅してまったく進まない難解さ
というのが、面白いと思うか理不尽とおもうか、ってところなんでしょうかね。
てことで、やっぱりシナリオ2以降は購入せず、楽しいと思えてるうちに
やめようかとおもったりしていますw

ONKYO C413A4のメモリ増強の話 [ハードウェア・周辺機器]

ONKYOが以前販売していたネットブック C413A4のメモリを
(思いつきで)増強してみた、というお話

○前段
ONKYOは、SOTECを買収しPC事業をやっていて(撤退済)
いくつかPCを販売してますが、その中で、格安のネットブックC413A4を所有してます。
嫁の作業用として。しかし、嫁は既に別のハイスペックのノートを使用中で用済み。
全然使われない可哀想な子になってしまっている。

一応気がついたらWindows Updateをかけて使えるようにしてるんだが、
急に、メモリ増強、SSD換装、OS更新をしたらそれなりに使えるのでは?と思い、
弄りたくなってしまったので、メモリの増強からやってみた、というお話

○仕様
OS Windows 7 Starter 32ビット
CPU Atom N450 1コア2スレッド 1.66GHz
チップセット NM10 Express チップセット
MEM 1GB(最大2GB)
GPU 内蔵(Intel GMA 3150)
画面 10.1インチ ワイドTFT 1,024×600ドット
外部接続時 最大 1,920×1,080ドット (約1,677万色)
HDD 160GB
DVD 光学ドライブ無し
LAN IEEE802.11 b/g/n、有線 10BASE-T/100BASE-TX
USB USB2.0ポート×2
メモリーカードスロット メモリースティック/SDカード/MMC 共用スロット


メモリーは、スロットが1つで、標準で1GB、最大は、2GB。
NM10 Expressの制限として、上限2GBなのでこれ以上は無理。
HDDは、標準でSamsung製の160GBが載っている。

○入替前の状況
基本的には、Officeが入っているだけで何も入れていない。
プリインの余計なソフトは全て削除済み。残っているのは筆まめ位(これも未使用)
Office互換のEIOffice2009というのもついてきた(はず)だが、一度も使う事なく消した。
ので、ほとんど余計な常駐ソフトは動いていない。
常駐してるのと言えば、Security Essentialsを入れてる位。

この状況で、IEを開いて検索・・・という作業をするだけでスワップはガリガリ発生
元々がそれほど仕事ができるスペックでもないので、Starterエディションでも苦痛ではない。
画面は、だいぶ手狭感がある。ネットを見てると上下がはみ出して見れないサイトチラホラ。

Wi-Fiも11a/acに対応しないし、有線LANも100M止まり。
大量のデータやり取りは向いてなそう。
Bluetoothも載ってないので、Bluetooth対応のマウスでポート節約も出来ず。

なので、今時の格安の2in1やWinタブと比較してもなかなか残念な子ではある。
キーボードもタッチパッドも(一応)ついてて、ちゃんとノートPCである。
一応は。

ただし、CPU的にもっさりなのは仕方なしとしても
スワップ頻発でなかなかストレスは感じる。そのせいでだいぶ遅い印象。
少額のアップグレードで性能が改善するなら試してみたい。

○メモリ購入
メモリは、PC2-5300/667MHz DDR2 SDRAM 200pin SO-DIMMが載っている。
PC2-5300/PC2-6400のメモリなら行けそう。

ネット見てると、2017年3月現在で1,400円~2,000円程。
自分は、下記のメモリを購入。

iRam Technology Mac用メモリ DDR2/800 2GB 200pin SO-DIMM IR2GSO800D2
※補足 1470円で購入しましたが、3/26現在で購入当時から既に価格に差があります。

iRam Technology Mac用メモリ DDR2/800 2GB 200pin SO-DIMM IR2GSO800D2

新品価格
¥5,594から
(2017/3/26 11:23時点)




思い切りMac用と書いてあるのが不安にさせるが、SO-DIMM DDR2/800(PC2-6400)で
Mac用もクソもない訳で、とりあえずアマゾンで一番安いので購入。
地道に探せる人なら、ノーブランドでもっと安いのとかあるかもです。
Amazonも送料かかるようになっちゃいましたしね。
自分は面倒なのでAmazonでポチりがちなのですがw

○交換
交換は、ここら辺の情報で詳しく載せていただいてるので参考にしました。

http://wcnet.jp/lily/blog0/2013/02/onkyo_c413a4_ssd.html

補足をしておくと、ネジを外しても簡単にはキーボードは取れません。
本体とキーボードが両面テープで固定されてるからなんですが、
これがなかなか強力でしっかり粘着している。
無理にはがすと、キーボードがグニって曲がったりボタンが取れたりします。
ちなみに、自分はキーボードがグニってなって変に湾曲しちゃいましたが。
一応まっすぐになるように補正しましたが、良く見ると直りきってませんw

キーボードを外すとメモリとHDDへ簡単にアクセスできるようになっている。
SSDへの交換も検討する人は一気にやった方がいいかもしれない。


ちなみに、今回初めて気付いたが本体のネジが2本何故かなくなっていたw
でも、まあ普通に動いてるし、ネジがなくてもガワは緩々になってないし
まあいいか・・・と思って見ない事にした(どうにもならんしね)

○HDD→SSD
SSDは、検討はしているがまだちょっと高い。
元々が格安ネットブックなのでTLCガーMLCガーとこだわるのは置いといて
TLCでとにかく安いのを探す事にしたが、でもまだ高い。
128GBだと6,500円前後であるようだが、容量が減るのはいただけない。
価格com調べだと、250GBで9000円前後。

1万円でディスクの速度が劇的に改善されるなら安い、んだろうが
元々使っていな方ネットブックをおもちゃとして使うのに1万円投資するか・・
と自分自身に問うてみたら、なんか勿体ない気がして却下。
また、NM10 ExpressはSATA II(SATA 3.0Gb/s)止まりなので
IFのスペックで頭打ちになりそうなところも勿体無さアップ。
ので、SSD化は見送り。

昨今の32GBしか積んでないタブレットに極めて近いノート風の端末もあるし
用途を考えたら、6,000円程だして128GBに換装というのもアリかもわからんが。
ここらへんは、おもちゃとして弄りたくなったらまた検討する。

○メモリ増強後
BIOSで確認すると、2048MBと認識され無事立ち上がった。
起動後、タスクマネージャーを見てみると、1GBがOSで食いつぶされてるが、
まだ1GB程余裕があった。これなら、ブラウザを立ち上げただけで
スワップアウトが頻発なんてことはならなそうな。
というかメモリ増強しないとOSだけでもう限界ってことですね。

SSDなら、メモリ不足でスワップが発生しても多少は体感速度改善するのか?

○今後の予定
2,000円弱で、メモリ倍増を確認出来てスワップの頻度が減り体感も出来た。
これは満足。後はSSD化、Windows 10へのアップグレードなどをやってみたり
したいところ。

ついでに、Cドライブ、Dドライブとパーティションが切られてたので
ひとつにまとめた。Cドライブで128GB位ある(残りはリカバリイメージが占有)
パーティション切ってると移行でめんどくさそうなんでね。
それにDドライブ全く使ってないし。


なお、C413A4は光学ドライブがないので
Windows 10導入には、USBメモリをインストールメディアとして使う
というようなことをする必要あり。
Windows 7 Starterは、Windows 10 Homeへアップグレード可能
また、Atom N450なので32bitを選択する事になる。


Windows 10 メディア作成ツールのダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

○感想
嫁が入れていたOffice (Office 2013)も入っているので
誰も使わないなら、自分の事務作業用サブ機として生きてくのはありじゃないかな
というレベルになった気がする。もっさり加減がだいぶ減った。
Windows 7以降は、メモリ1GBはだいぶ辛いんだろうなと改めて実感。

なかなか快適だったので、SSD化も検討したいところですね。
金に余裕あればだが。
タグ:C413A4

【悲報】プレイステーション 3近日出荷終了 [ゲーム]


SIEがCECH-4300の出荷を近日中に終了する事を発表
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1050044.html

ヘテロジニアスなマルチコア(PPEとSPE)のCELL搭載のPS3は、
今でも演算能力だけでいうとPS4より上だったりするようですが、
残念ながらPS3を最後に姿を消す感じですか。

PS3は、今こそそこそこの台数普及しましたが、
初期はスタートダッシュに失敗したという印象がありますね。
もし初期モデルがそこそこ売上を上げる事が出来ていれば、未来も違ったんでしょうか。

PPEのクロック向上&マルチコア化(≒PowerXCell 32ii)
GPU強化、メモリ増量といった正常進化で互換性を維持しつつも
性能を向上させるPS3の後継機開発、なんて未来もあったんでしょうかね。
なんつーか、PS3とかCellとか終わらせるの勿体ないなーと思う訳ですよ。
ただ、いくら技術的に優れてても売れなきゃ終わっちゃいますよね。
ビジネスの失敗が大きく左右すると。ベータ VS VHSのビデオ戦争しかり。
変態仕様のCELLはいきなりフル活用なんて難しかったろうし
来るべくした来た未来、って所なんでしょうか。

PS3は、どちらかというとAV機器として気に入っていた私。
Cellがシュリンクされて小型化したCECH-2000が出て購入しました。
torneの地デジチューナーも購入し、レコーダーとしても活躍中(今でも)
また、JCOMや地デジの番組を録画してPS3で見るという使い方でも活躍中。
DLNAクライアントしても優秀。

ここら辺のDRMでガチガチになっている日本のクソみたいな環境に合わせて
AV機能を作りこんでたPS3に比べ、世界で戦うゲーム機として売ってるPS4は
日本向けの対応は恐ろしく優先度が下がっているのだろうと推測されますが。
ソフトの実装でどうにかなる部分も二の次な印象ですね。

PS3が終わるなら、PS4のtorneアプリもtorneの地デジチューナーに対応させてほしい
ゲームアーカイブスもPS2ゲームアーカイブスもいい加減どうにかしてほしいところだし
DTCP-IPに対応した「まともなメディアプレーヤー機能」が欲しい。
そこら辺頼りないと、うちのPS3はまだまだ引退できませんわ。

ただ、日本市場軽視でも世界的には最速レベルで4000万台売ってるそうだから
PS3が頑張ってた機能がPS4で付くってのは、期待薄ですか。
上記の機能はコストがかかるから、っていうなら別売で有料で販売するでも
してくれたらいいのになと思うんですが。

ゲームソフトについては、多くのタイトルがPS4に移ってるし
HDリマスター的なのがPS4にゾクゾク来てるから、ゲームタイトルだけでいうと
もうPS3って役目終えていいとおもうんですけどね。ゲームだけでいうと。

PS3も撤退、Vitaも切る気満々、でPS4に専念してくれたら
もっと色々と面白い機能搭載してくれたりしますか、ね!
PS3壊れたら、DLNAクライアントどうすっかなあ、と心配になったニュースでした。

PlayStation3 チャコール・ブラック 500GB (CECH4300C)

新品価格
¥32,970から
(2017/3/20 10:55時点)



NifMoでnova lite購入を(相当真剣に)検討する [携帯]

家族の進学を期にキャリアのガラケーからスマホへの
機種変更を検討したのですが、どうにもこうにも維持費が高い。
仮に、どうにか端末を一括0円級でゲットできたとしても、
最安プランで2,980円とかその程度。端末代込にすると、
どうがんばっても、4,000円~5,000円程かかるようになってます。

ので、丁度3月のキャンペーンはってるMVNOたくさんだし
(MNPでなく)新規で回線追加してそっち使ってもらおうかと考え中。
で、NifMoが今キャッシュバックのキャンペーンやってて、
音声プランでスマホセットを契約すると色々得っぽい。

楽天モバイルも安くて良かったんだけど、
nova lite扱っててキャンペーンが魅力なところというと、NifMoがよさそうで。
楽天は楽天で、ZTEの端末が1,000円しないとか魅力なんだけど。
端末をえらばなければ






○キャッシュバック
データ通信プランにより、最大 8,000円~20,000円。
データ通信の契約だと8000円、音声通話のプランだと12,000~21,000円

音声+3GBで、1万円100円キャッシュバック
音声+7GBで、1万円100円キャッシュバック
音声+13GBで、2万100円キャッシュバック
データ通信のみだと、8,100円キャッシュバック

○対象機種
HUAWEI nova
HUAWEI nova lite
arrows M03
ZenFone 3
ZenFone 3 Laser
HUAWEI P9lite

○専用アプリインストール
専用のアプリインストールとログインで料金から1,000円引き(1回限り)
申し込んだ翌々月末日までに「NifMo バリュープログラム」+「My NifMo」を
インストール&ログインが必要。

○端末セット割
スマホセットで申し込むと、データ通信プランの料金を上限として
24ヶ月間毎月200円割引される「機器セット割」が適用

3GBプラン … 900円 → 700円
7GBプラン … 1600円 → 1400円
13GBプラン… 2800円 → 2600円

なので、音声+13GBプランとなると、最大で23000円のキャッシュバック
nova liteを購入すると端末代以上のキャッシュバックがある計算。

仮に、音声+3GBで、nova liteを購入するとして
面倒なので、税抜で計算をすると

音声プラン 700
データ通信 3GB 900
機器セット割(nova lite)-200
-----------------------------------------
計 1400(24ヶ月)

huawei nova lite 18889
キャッシュバック キャンペーン -10100
アプリインスコ -1000
-----------------------------------------
7,789円(実質)

24ヶ月使ったとして(1400*24-700 ) ※初月は無料
32900 + 事務手数料 3000 = 35900
端末代をふくめると、合計 43,689円

24カ月で割った月単位のコストは
43,689 ÷ 24 ≒ 1820円

※あくまで参考値。「だいたいこんなもん」程度です。

キャリアだと2年のランニングコストがどう頑張っても
10万円(月4000円程度×24ヶ月)かかったりしますし
やっぱインパクトは大きい。


端末については、Zenfone3ももちろんステキなんだけど、
Zenfone3は同一仕様のモデルなのに日本だけ高いという不遇ぶり(おま国)で
そこら辺から軽く心証が悪いので、どっちかというnova lite選びたい。
SoCのスペック的にはどっちも拮抗してるようですしね。


○注意点
ただし、即キャッシュバックがあるわけではない。

・機器到着月を含む6ヶ月目までにNifMo解約
・データ通信プランを契約時より容量の少ないプランに変更(7GB→3GB)した場合
・音声の場合、最低利用期間の縛りがあります(翌月から6カ月経過)。違約金8000円


とまあそんな感じで、当然ながらキャッシュバックする代わりに縛られてネ!
というキャンペーンですが、実際振り込まれるのが8か月後なので、そこまで維持してれば
いいだけなんで、目が痛くなるほどに細かく書いてあるキャリアの条件文よりは、
随分落とし穴すくない印象。

NifMo的には1年位まるで利益でないんじゃないかと思うけど
それでも契約数確保した方が色々とメリットおおきいんでしょうね。
まんまと巻き取られる事にします。

買っちゃうかなー、というか買うと思います。といっても自分の端末ではないですが。
あとは元々のキャリア(au)の契約どうするかですね。2年近く更新まであるんですよねぇ。
寝かせてMNP弾・・といっても旨味少なそうですし、2年後そのまま解約しちゃおうかしら。
タグ:Nifmo nova lite

FF15のジャッジメントディスクの話 [ゲーム]

FF15のジャッジメントディスク、配信開始されて即落としてたんだけど
最近になって、やっとやってみた。今さら感満載。
なぜかというと、PS4の容量が厳しいのでサッサと消したかったからw

体験版は、ざっくり言うと、戦闘システムのチュートリアルと
序盤をちょろっと体験するみたいな感じ。
はじめてやりましたが、FF15はアクションRPGのような感じね。
オープンワールドなFFを、となるとああいうアクションなゲームが
一番マッチするんだろうなと思われますが。

○グラフィック等
グラフィックについては、それ程強いこだわりを持っていないですが、
グラフィックはすごいなというのが正直な感想。PS4世代を実感。
風景や、ノクト(主人公)の親父(レギス王)の気合の入れ方が、
実在の人っぽくて印象的だった。

ノクトとゆかいな仲間たちは、チャラいっつーか軽いっつーか
薄っぺらいっつーか。キャラのデザインや格好や服装や
会話の内容等々色々含めて。

ただ、料理のグラフィックについては異様な力の入れようで
クオリティの高さが物凄いなと感じた。


○体験版の内容
体験版は、序盤の車での移動のところで終わって、
ストーリのほんのさわりだけ、という感じなので
ただオープンワールドな世界を仲良し4人で車旅行しただけ
みたいな、特に中身がなくスカスカな印象。
でもまあ、体験版ですしこんなもんですかね。

○システムなど
特定の誰かと会話をすると、選択肢が色々選択可能で
それ次第で、あそこ行ってみろとか人を探せとか○○倒せとか
色々と発生する。やってもやらなくても自由、の様子。

マップはクエストごとに目的地がわかりやすく目印がつくが
そこに直行してもいいし、脇道外れて散策してもいい。
自由度が非常に高いFF、という印象ですね。

個人的には、RPGはストーリーを楽しみたい派なので
てんこ盛りに用意されたやりこみ要素を存分にまで堪能する
という感じにはやってないですが。


○感想
ファンタジー系のRPGっていうと、敷居高くて一見さんお断りみたいな
世界観の理解からまず難しい、というのも多くあったりするが、
ビッグタイトルだけあって、さすがに良く出来てんなあ、なんて思う。
取っつきやすい導入。これなら、ちょっと遊んでみようか、と思ったんで
ジャッジメントディスクはキチンと体験版として機能してた印象。
FFはもうずっとやってませんが、堪能しましたよ。

ネットの情報では結構バグだらけとか色々言われてますが、
普通に流す分には遭遇しませんでした。オープンワールドな
やりこみ要素で抜ききれないバグとかあったんでしょうかねえ。

ノクトは、王子っぽくないっていうのか、格好のチャラさも含めて
ファンタジーさが薄く変に現実に寄ってるなーと思ったりはしましたか。
親父さんがファンタジーモノの王道な王様的な人なだけに、
もっとファンタジーに寄ったキャラ作りでもよかった気がします。
会話が、そこら辺の兄ちゃんらがダベってる感じがして、
元々そういう人らとなじみに薄い自分にとっては
感情移入しづらいかなーと感じるところはありましたか。
全体的に会話が軽いっていうのか。ホストの旅なんて揶揄されてるのを見ると
あー、そんな感じー、みたいには思った。

FFって、結構ファンタジーに寄ってる独特の世界観だったり
ディストピアな世界観だったりって言う事が多い印象ですが、
それよりもかなり現実っぽいっていんでしょうかね。

でもまあ体験版ですからね。
自分は言われるがままサラっとストーリー進行して終わってしまいましたが
脇道にそれたらミニゲームもたくさんあったり敵もうようよしてたり
ジャッジメントディスクにもやりこみ要素いろいろの模様です。

FF15がもう少し値崩れしたら買うかなー
って、その前に積んであるFF12とFF13を消化せねばならんのですが。

ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4

新品価格
¥3,950から
(2017/3/15 14:35時点)





タグ:FF15

Nintendo Switchは、Tegra X1カスタム搭載だそう [ゲーム]

Nintendo Switchについてのチラ裏。


最近、Switchの分解をしているサイトをいくつか見かけるが、
謎とされてたチップは「UDNX02-A2」という型番のチップが載っていて
Tegra X1で、最新のParkerではなかった模様。Maxwellなチップ。
一部では、最新ではないX1だった、という点で性能面で
ガッカリされてるようだけど、Maxwel積んでてそれなりの表現が
あのサイズの端末で出来るってすごい時代だなとは思いますが。


NVIDIAは、X1搭載のShield Tablet2の開発をキャンセルした
というニュースが流れてましたが(2016/8/10)
時期的な事を考えると、Switchがその後継機なんでしょうね。
任天堂の社長話では、逆ザヤでないという事らしいんで、
NVIDIAがかなり安くX1を供給してるって事になりますかね。
ゲームコンソールはすっかりAMDの独壇場になっちゃったし
NVIDIAとしてはTegraの失敗を何とか挽回したいのかも知らんですが。


せっかくX1載ってるならタブレット的にいろんな事したくなりますね。
H.265のコーデックも載ってたりするし、ゲーム専用機なのは勿体無くてw
任天堂のする事なので、そういう機能は載せなそうですけど。

までもやっぱり、見れば見るほど据置機でなく「ハイエンドの携帯機」に見えますね。
やっぱり携帯機向けのソフトもリリースして、WiiUユーザーも3DSユーザーも
両方巻き取りに行った方がみんな幸せな気もしますねえ。

似たようなARM系の携帯ハードのVitaと比べると
幾分も高性能なチップなわけなんで、
特にUnityなんかで開発してるメーカーだと、Vitaでなくてswitchで、
となるメーカーが出て来てもおかしくないかなあと。

新ハードだとソフト出したところでどれほど売れるん?
っていうところが疑問符がついて開発は躊躇するところだけど
スタートダッシュの良さをみると、switch向けの開発もアリに思いますよね。
タイトル少ない今なら注目度まだまだ高そうだし。
スマホ向けとswitch向けのマルチ的なのだと、最適化の苦労も少なそう。


んで、
Switchに対抗して、HDMI端子も備えた解像度とチップ性能を向上させて
Vitaの後継登場みたいな事になると楽しいのになあ、と妄想してみる。

とりあえずは、
・HDMI出力を追加し、テレビにつなげられるようにする。
→ ゲーム アーカイブス、PSP、Vitaのゲームがシームレスに堪能可能になる(Vita TVの機能吸収)

・Wi-Fiで11a/acを追加して無線LANの通信速度を上げる。
 → リモートプレイの品質向上

・LTE対応でnano SIM or micro SIMが刺さるようにして外出先でも通信可能に
 → MVNO全盛の今ならLTE搭載モデルもかなり売れそうな

という程度の改善をした後継機を出してくれると速攻で買い替えるんだけどなあ。
これなら、大改造でなくHDMIの出力端子追加+WiFiのチップ載せ替え位ですむし
PCH-2000から数年たってますし、どうでしょうかw
タグ:Nintendo Switch