So-net無料ブログ作成

税抜 1万円の激安端末 FLEAZ Que(CP-L45s)発売 [携帯]

Coviaが、メーカー直販価格 13,800円、goo Simsellerで9,800円の端末を発売。
スペックはかなり割り切り仕様。Amazonからも1万円で買えます。

http://www.fleaz-mobile.com/que/index.html

Covia Fleaz Que(CP-L45s) ブラック 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM)

新品価格
¥10,584から
(2017/4/21 19:35時点)




SoC MediaTek MT6735A(A53 1.3GHz ×4)
MEM 2GB
画面 4.5インチ 480×854 IPS液晶
ストレージ 16GB
SD SDXC(128GB)
SIM micro SIM
WiFi 802.11 a/b/g/n (5Ghz対応)
LTE:B1/B3/B19
WCDMA:B1/B6
OS Android 6.0(7.0アップデート予定)
メインカメラ 500万画素

というところで、激安。
激安端末は、gooから販売されているg06なんかもあるが、
メモリ、ストレージ容量、Wi-Fi 5Ghz対応、SDXC対応など、
シッカリしてるところはしっかりしてる。

CPUは現在世代のエントリー向け。A53 1.3Ghz×4なんで
まあまあ・・・速くはないが・・・ってレベル。
スマホゲーは動かない事はなさそうだが、なレベルか。
画面が小さい事以外は意外とあり。OSも上げるつもりもあるらしいw

現在、WPJ40-10でWVGAを使ってる身としては、意外とこまらないが
Androidでアプリが山盛りにある環境だと、状況違うかもしれませんね。
昨今のアプリがきちんとWVGAに対応するか不安なところはある。
最近は、ほとんどがHD以上だったりしますものねえ。

ちなみに、激安端末WPJ40-10は、液晶の輝度が低すぎて
昼間太陽が出てる環境だとまったく見えないですからねw
また画面のコストを抑えているならタッチの性能は期待できないかもしれない。
ある程度ここは覚悟必要かもしれない。

また、カメラ500万画素は、体感では保存用としては常用に堪えない。
あくまで画像メモ程度にしか使わない人向けだと思われます。
そこ以外はしっかりしてそうなんで、スマホでコストがかかってるのって
CPU、画面、カメラなんだなあと改めて感じます。

この値段なら「1年弱で使い捨ても上等」な感じで購入してもアリかも知れない。
タグ:FLEAZ Que

Nintendo Switchのmini版の話 [ゲーム]

Nintendo Switch Mini(仮称)の話がもう出て来てる模様
http://ggsoku.com/2017/04/latest-report-from-citigroup-analysts-says-nintendo-switch-mini-could-be-unveiled-through-fy-2019/

個人的には、携帯機はありだとは思うんですが2018年?とは思ったり。
小型化はプロセスルール微細化による省スペース化が基本。
爆熱Tegraをあのサイズで収めること自体相当苦労してそうなのに
互換性を維持しつつ携帯サイズとしてさらに、っていうのは数年先なんでは。
普通に考えて何世代か飛ばさないと小型化無理っぽいが。
バッテリーの小型化も必須なわけだから。消費電力的にも厳しかろう。

HD振動対応の取り外し可能なJoyコンがコストかかってて高いみたいですし
ドック同梱無し、HD振動なしでコントローラー取り外せない
というだけでだいぶコストカットは出来そうではあるんで、
それ売ってくんねえ?とかは思います。
個人的には、やっぱりVitaの上位互換に見えちゃうんでw

なお、本日マイニンテンドーストアがまたつながらない。
mynintendo.png


再販開始したようですが、瞬殺だった模様です。
注文でカスタマイズ可能なのはここだけだからなんでしょうが。
次は4/28だそうです。
タグ:Nintendo Switch