So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月 | 2017年06月 |- ブログトップ

Vita版 メタルギアソリッド HD エディション [ゲーム]

メタルギアソリッド HD エディションについて、
Playstation Vitaを購入してしばらくして購入してたんですが
もう年単位で放置していたのをやっとこさクリア。
MGS2はもうずいぶん前に1周だけした。MSG3が放置中だった。
いったい何年越しかとw

○MGS2
MGS2は、タンカー編とプラント編がある。
タンカー編はソリッド・スネーク、プラント編が雷電メイン。
あれよあれよという間に終わった印象。MGS3よりはムービー少なめ。

雷電メインなのは個人的には別に問題でない。
大体「スネーク」っていったってソリッド・スネークだったり
ネイキッド・スネークだったり人変わってますしね。

そもそもが、自分はMGSはこのMGS2, MGS3が初で他は未プレイのため
登場人物があまりピンと来ていない。MGSをやると少しはつながるのか?
MGS2に関しては、敵=ソリダス・スネーク、オセロット、味方=雷電・ソリッド・スネーク
な感じでしょうか。

最初は単なる潜入なのが、段々話が大きくなってく感じはやってて面白かった。
操作に関しては、「こんなもの」と思っているところがあるので、
タッチパネル操作を前提とするところも、そんなに違和感は持ってない。

俯瞰固定だからかも知らんが、慣れないと行きたいところに行けず
まごつく事も多々。まあでもノーキルにこだわらなければ
結構サクサク行く印象。


○MGS3
MGS3は、2に比べると、スタミナの概念があったり治療が必要だったりと
色々と面倒な要素が増えたので、結構かったるかったんですが、
積ゲー消化を進める一環でやっている。

とりあえず、VERY EASYで、極力EZ GUN装備でサクっとクリア。
EZ GUNは弾数制限なしに麻酔弾を撃つことができ、どこに当たっても
敵は即ダウン、スタミナ切れはなくなりカムフラージュ率は常に80%維持
というチート武器。VERY EASYだと初期装備。

通常は、獲物をフルコンプしないとゲットできないという隠し要素らしいが、
これがないと物凄くやる事が恐ろしく増えてダルくて進める気しないので
ストーリーをとにかく進めたくてVERY EASYでEZ GUNを多用。

挿入されるムービーがとにかく長いので、ものすごく長時間
やらされてる印象はあるが、スキップしたら多分大した事ないんだろうと思われる。
やってくうちにステルスアクション的な事は分かってきた様な気がする。
でも、ノーキルノーアラートとか、きっと無理。やりこむ気はしない。

ストーリー的には、MGS,MGS2,MGS4の起点になるようなストーリーなので
あまり前知識なく遊んでも楽しめた。ただ、オセロットやEVAについては
3重スパイだったり2重スパイだったり、人間関係が複雑で把握が容易でない。
最後の方で、ザ・ボスの行動も実は・・みたいなネタバレが続くので、
キチンと理解してないと頭がこんがらがりがち。

ストーリー自体は面白かったと思うので、MPO、MSG PWあたりが
ストーリー的には続いているらしく、やってみようかと迷う。
MGS Vにつなげたいってのもありますし。
でも、PSP版って当然ながら操作性に難があるようですけど。

MPOは中古が100円。ダウンロード版は1500円もします。
MGS PWはHD版が中古で1500円程。PSPのダウンロード版が900円。
据置は起動がおっくうになるんで、できればVitaで遊びたいんですけどもねえ。






PS Plus アンコール配信の投票結果発表 [ゲーム]

PS Plus アンコール配信の投票結果発表
https://www.famitsu.com/news/201706/23136182.html

ちなみに、自分はKILLZONE SHADOW FALLに投票しました。
中古ゲーム屋を見ると、1,000円オーバー位でしょうか。
買ってもいい値段ですが、PLUSで配信されるならアリかなと。

・KILLZONE SHADOW FALL
・GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
・チャイルドオブ ライト

チャイルドオブ ライトはアクション要素のあるRPGてところ?
グラフィックが特徴的て洋ゲーらしいなっておもいますが、
個人的にはあまり惹かれない感じがする。
ただ、PS PLUSってあまり興味が湧かない配信タイトルでも
とりあえず手を付けてみる事に意義があるとおもっているので
やるとは思いますが。

GRAVITY DAZEは一応入手はしているはず。だけど遊んではない。
重力アクションアドベンチャーですか。アクションアドベンチャー的なのって
あまりやる気になれずにすぐ投げてしまうんで。
アクション系で何考えずに楽しめたのって、無双系を別ジャンルで考えると
スーパーマリオ 3Dワールドが最後だったでしょうかねぇ。


KILLZONE SHADOW FALL

KILLZONE SHADOW FALL

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



New 2DS LL 予約開始だそう [ゲーム]

Newニンテンドー2DS LLの予約が開始になったようです。
初期ロットはどの程度売れてくかは知りませんが、
DSについてはバカ売れ・・という状況は考えづらいので、
転売ヤーも飛びつくことなく普通に購入できそうな気はしますね。
税抜 14,980円、税込で16,178円

まあ言うほど価格差もないのでNew 3DS LLで良いような気もするけど
3D機能が全く不要でデザイン的に気に入った、という方は良いのかも。
あくまで個人的にはですが、3D機能は全然使っておらず要らないし、
上下が狭くなってコンパクトになっているNew 2DS LLは良さ気に思いますね。
その分液晶が安っぽくなったりして価格相応の品質のようですが、
まあDSだしなと。

Newニンテンドー2DS LL ブラック×ターコイズ

新品価格
¥15,432から
(2017/6/23 15:39時点)



といっても、旧 3DS(非 New 3DS)が壊れずに使えてるんで
画面が小さい位で特に困ってはないんですけどもねえ。
タグ:New 2DS LL

アンチャーテッドコレクション 買いました [ゲーム]

PS4のセール終わりましたね。
自分は結局何か欲しくなったので、アンチャーテッドコレクション買いました。
Last Of Usかどっちか迷ったんですが、内容的にアンチャーテッドの方が重くないかなと。
どっちが気楽なのか、というとアンチャーテッドの方が気楽な感じがしましてね。


アンチャーテッド コレクション

アンチャーテッド コレクション

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • メディア: Video Game



中古ショップで旧作品が圧倒的に安い場合ありますし(FFやらDQやら)
そういう場合は躊躇なく古い作品を選んでプレイしてしまうのですが、
PS3の旧作品をブックオフでチェックしましたが、各作品 1,000円程だったので
リマスター版が3,000円というのは、まあまあ順当な値段じゃないかなと。
同じ値段なら、老い先短いPS3よりはPS4の方が安心ってとこで。

折角買ったので、一作目の序盤だけチラッとやりましたが、今見ると時代を感じますね。
人の造形や動きが所々ぎこちなく、海の様子も作り物っぽい。ちょっと前の作品感が出ています。
ただ、1080p、60FPS化されているので、画質に関しては最近の作品とそん色なし。

アンチャーテッドはVita版持ってますが、据置機では体験版をプレイして以来。
当時は体験版やっても楽しさが今一つ分からなかったんだけど、
Vita版をやってから据置機に戻ってきてみると結構楽しい事に気付く。
基本、冒険活劇な映画の世界観を堪能、なゲームなので
2周もすればすっかり飽きちゃうわけですがw

Vita版は、無理にタッチ機能を活用しようという部分がみてとれましたが
そこら辺がもう少しマイルドに抑えられた次回作、なんてのも期待したけど
Vita版は、あれっきりで打ち止めですからねえ。なんかもったいない感じで。
ソニー自身はVita向けタイトルの開発は既に撤退済でPS4に注力してるようです。

Vitaに関しては、練習・初級と遊んでそれ以上はする気にならん感じです。
あとは、武器縛りだとか、お宝コンプリートとかやりこみ要素ありますが、
集めたからどう、という事もない。トロフィー獲得できるくらいですか。
映画的なソフトなんで、またやりたくなるのかもしれませんけどね。

Vita見捨てる気なら、「地図なき冒険の始まり」もPS4に移植しちまってはどう?
とか思いますね。全作品PS4でコンプリート的な。

適度な撃ちあいをしながら冒険してる感じが
インディジョーンズの世界を自身が堪能しているような楽しさがある。
Vita版のタッチIFによる移動なんかも快適で楽しかったんですけどね。
やっぱり、大画面で高画質の世界を堪能するのも楽しいです。
何気に、主役キャラのネイサンのキャラが好きだったりもしますし。

てことで、体験版もあるんで未経験の人は弄ってはいかがでしょう。


PS Storeのセール Days of Play [ゲーム]

PS Storeでやってるセール 「Days of Play
セールなんでなにか買おうと思ってるんだけど、今一つ琴線に触れない感じ。
FF7が900円でだいぶ安い感じです。1,800円が半額の900円
FF7のアーカイブス版が1500円とかその辺りなんで、900円は良いかなー。

ただ、FF7って友達から借りて遊んでたのを途中でダレてしまって
最後までやらずに返却した思い出あるんで、大人になって楽しめるかどうかw
その前に100円で買ったFF12とFF13終わらせろって話ですが。
他には、麻雀が100円。要るか?っていうときっと要らないw
でも100円だし。

他にはラストオブアスのリマスター版が2,000円台。
まあPS3版もっと安いからそっち買った方が、って気もするんだけど
PS4版がこの値段ならアリかなーと。

ただ
ブラッドボーンもディスオナードHDも、ウルフシュタインも
アサシン クリードも全く手を付けてないのにまだ買うか・・・
というのがよぎってしまって躊躇する私w

まあ、「買うこと自体」が楽しいのでいいんですけどねw



The Last of Us Remastered 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

The Last of Us Remastered 【CEROレーティング「Z」】 - PS4




E3 ソニー プレスカンファレンスで新ハードの発表は無かった模様 [ゲーム]


本日日本時間では6/13 朝9時頃からE3においてソニーのプレスカンファレンスが
実施されたようで、色々なソフトが披露されたようでした。

気になったのは、アンチャーテッド 新トレイラー、モンスターハンターワールド
ワンダと巨像あたりでしょうか。新ハードの発表は無し。
噂では、Vitaの後継ともPS4の携帯版とも噂されていたハードが発表されるのでは
なんて話もありましたが、なかったようですね。どちらかというと、
ソフトよりもハード好きな人間だもんで、軽くつまんない感じですがw

ただし、海外では携帯機は散々な売り上げなんでVitaの後継を
E3で発表するとかありえないんでは、という冷静な判断をなさる人も
多くいたんで、妥当っちゃ妥当なんでしょうかね。
携帯機をもし諦めてないなら、国内の注目度が高い
東京ゲームショウ2017で、ってなるんでしょうかねえ。

今年の注目は、ハード的にはXbox One Xといったところでしょうか。
Xbox One X = Project Scorpioは、499ドルで4K/60FPS対応。
6TFlopsで、プロセッサの冷却には水冷クーラー採用なゲーム機の模様。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/12/news050.html

6TFlopsというと、GeForce 1070が6.5TFlops位なので
小さい筐体に無理に詰め込もうとすると水冷になるんでしょうかね。
ハード的にはPS4 Pro以上で、価格はPS4 Pro同等というところで
ゲーミングPCをこれからそろえる位ならXbox One Xもアリかも、
って所なんでしょうか。

裏を返すと水冷でないといけない程の爆熱仕様ってことでしょうかね。
気になるのは日本では発売されるのかどうなのかってところですが
発売されるなら、6万円位では?という意見が多い模様。
Xbox OneはXbox 360後方互換ありですが、初代Xbox互換にも対応するみたいですね。

ちなみに、あまり話題になってないようですが、Xbox One Sは50ドル値下げ。
$199になる様子。日本では、25,000円~の値段ですが、2万円前後になる計算ですね。
ただ買ったところでやるソフトないですが。

後方互換は要望が多いが一番無駄な機能、といって切り捨てるのがソニー
要望多いからと無駄かどうかは置いといてきちんと実装するMS
どちらが正解かは売上で判断となるのでしょうが、完全ではないものの
出来る範囲で後方互換に対応しようとするXbox陣営の姿勢は羨ましい限りで。

ディスク互換は無理にしても、最悪PS1、PS2アーカイブに対応してくれれば
素直に買っちゃうし、PS4の稼働率も上がるってもんですが。


ファーウェイ、P10 Plus, P10, P10 lite発売 [携帯]

ファーウェイ、P10 Plus, P10, P10 lite発売

ファーウェイが、フラッグシップのP10シリーズの
日本投入を発表。6月9日に発売となるようです。
主なスペックは下記

項目 P10 Plus P10 P10 lite
CPU Kirin 960
Cortex-A73 2.4GHz×4 + Cortex-A53 1.8GHz×4
Kirin 658
Cortex-A53 2.1GHz×4 + Cortex-A53 1.7GHz×4
RAM 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
microSDXC max 256GB max 128GB
画面 5.5インチ 2560×1440ドット IPS液晶 5.1インチ 1920×1080ドット IPS液晶 5.2インチ 1920×1080ドット IPS液晶
OS Android 7.0
通信 3波CA
4×4MIMO
3波CA 2波CA
SIM nano SIM×2 DSDS可 nano SIM×2 DSDS不可
WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
カメラ 1200万画素カラーセンサー
2000万画素モノクロセンサー
1200万画素
サイズ 74.2×153.5×6.98mm 69.3×145.3×6.98mm 72.0×146.5×7.20mm
重さ 165g 145g 146g
バッテリー 3750mAh 3200mAh 3000mAh
価格 72,800 65,800 29,980


性能的には、Kirin 960がSnapDragon 820にだいぶ近い性能を出せているようで
申し分ないかと。P10/P10 Plusは基本的には性能は同じで
主な違いは画面サイズと解像度の違いとかなんでしょうかね。
カメラ性能もすごい事になってるようですが、あまりこだわっておらず
詳しくないので説明は割愛。

ただし、P10/P10 Plusはその分値段が高め。お高い。
メモリサイズとSoCを一段下に抑えたP10 liteは3万円以下とかなり価格抑えめ。
チップの性能自体はP10 liteとnova liteは変わりませんが、
Wi-Fiが5Ghz帯にきちんと対応していたり、LTEの最大速度があがっていたり、
ジャイロセンサーに対応していたり、ストレージサイズが32GBだったりと
主に通信やセンサー周りで一段上の性能がある。

固定回線が光で無線ルーターにac対応機を導入してるというような人だと
だいぶ魅力だと思いますが、チップの性能自体はnova liteとそう大差ないので、
Wi-Fiは2.4Ghz帯の対応で十分、という人ならnova liteに行くのも全然ありかと。

値段的には、nova liteよりも当然 P10 liteの方が高い。
ただ、3万以内に抑えているので、キャリアが販売する数段下のスペックの
スマホを素直に買うのと同じ値段で買えるというのはアリだと思います。
あとは各MVNOのキャンペーンに合わせてまんまと巻き取られてみる
というのもアリかもしれませんね。

楽天モバイル、BIGLOBE、nifmo、goo simsellerあたりはしょっちゅうキャンペーンやってる印象です。

P10は、スペックは申し分なくてかなり良いですが、お高いですねえ。
さすがフラッグシップを謳うだけあるというところですが、
5000円弱で購入したWPJ40-10を愛用する貧乏人の私としては、
この値段はちょっと買えないなーと思います。

最近の中華スマホの性能向上っぷりときたら半端ない感じですね。
世界規模で恐ろしい数の端末を捌くからこそ成せる低価格路線
といったところなんでしょうが、個人情報保護の問題と品質が不安で
どうしても中華には手を出せないという人以外は、ファーウェイって
選択肢に入れておいた方がいいとホント思いますよね。

前モデルのP9 liteはバカ売れしたみたいですからねえ。
実際に売れ筋となるのはグレード的にはP10 liteなんでしょうが、
今から買うなら、nova liteかP10 liteか、迷いますなあ。



タグ:P10

FF15 映画 キングスグレイブ見た感想 [ゲーム]

FF15 映画 キングスグレイブ見た感想

FF15について
FF15は、ストーリーが説明不足過ぎる点が指摘される事が多いですが、
キングスグレイブを見た方が背景が分かり易いとの事なので見てみた。
ネタバレしない程度に感想綴ります。

ジャッジメントディスクしかやってない輩ですが、
ノクトパパ(レギス王)がなぜ突然ノクト御一行様を旅に出させるのか
突然ルシス王国は陥落するらしいが、何がどうなって陥落したのか
というのが全然伝わってこないので、ジャッジメントディスクやった限りでは
結婚前にノクトが呑気な旅に出てるだけ、みたいな印象しかなかったですが、
映画を見ると、ああなる程な・・と思う事が多くありました。
何で突然結婚の話が出て来てるのか、ノクトパパに何が起こったのか等。

ストーリーはすごくシリアス。ゲームに続く前日譚なので
映画だけみるとなかなか悲しいお話しでハッピーエンドではない。
でも、バッドエンドではなく未来へ(ゲーム本編)と続く・・・みたいな終わり方。
これだけ見てると、かなりゲーム期待できそうだな、と思えたりしますね。
FF15プレイ済の人が見ると、本編と矛盾する部分もあるようですが、
なんせ自分はまだFF15はやってないので、実際どうなのかは何とも言えませんが。

アクション(?)シーンでは、本編でノクトが使用する
シフト移動やシフト攻撃を映画でも多用しており、
巨大な相手に貼りついたり移動したりといった場面が純粋に楽しかった。
グラフィックはかなり素晴らしいと(個人的には)思います。

格闘シーンでは、基本なめらかな動きをするんだけど、
キャラが走ったり格闘したりするシーンでは、挙動がCGっぽくなるところがあり
それがほんの少し萎える時はありますが、それはまあ、物凄いちょっと。
んで主人公のニックスは、声優が綾野剛。俳優が声優として参加すると、
棒演技とか批判される事が多いですが、今作は、まったく違和感感じさせることなく
視聴する事ができます。綾野剛感全くなし。

主人公のニックスが立ち振る舞いがイケメンなヒーローなんで
感情移入しちゃって本編でどうにか絡んでて欲しいなと思ってたりしますが
話の結末からして、まあ仕方ないところ。

ネタバレっぽくなりますが、このストーリーだけみると、
必ずしも、帝国=悪、ルシス王国=善という勧善懲悪ものではない
ってところが、色々と考えさせられる内容だったなと思います。
帝国と王国の、そのどちらでもない両国に翻弄された地域の人々がいて、
そういった人々の中に王国の転覆を狙って帝国に味方する人も居るのですが、
剛腕な帝国になぜ加担するか(というかルシス王国がなぜそれほど嫌われるか)
も納得な部分があります。

なので、
キングスグレイブ未視聴でゲームだけやった人だと導入が唐突すぎるんだろうなと。
なんで指輪が大事なのかも、映画見てないとよくわかんないんだろうし。
ノクトパパ(レギス)は妙に老化してますが、それも映画をみると分かる部分も。
デラックスエディションにはキングスグレイブのBD付いてんですよね?確か。
映画そのまんま収録しろとまでは言わないけど、掻い摘んだあらすじ的なムービーは
標準で付いててもよかったんじゃないかなあ。

ブッコフ見てると、標準版とデラックス版で価格差そうないので、
今買うならデラックス版買ってキングスグレイブ見てからプレイした方が
より楽しいんじゃないかなと。

全体的に、FF15は商業主義に走りすぎて、本編に入れておくべきエピソードが
DLCになったり、前日譚が映画になってデラックス版のみの特典になってたりと
そういうところで損してる部分多い気がしますね。
最初からコンテンツをフルで揃えようとすると、発売期間更に伸びてた可能性があり
更にgdgdになってそうなので、期限切ってしまうのは仕方なかったのかもしれませんが。

ノクト御一行様の4人の関係性については、キングスグレイブでは全く語られない部分で
4人の関係については、アニメ(ブラザーフッド)を別でみてくれ、という事みたいですね。
ただし、フルCGのキングスグレイブは見れても、アニメとなると急に興味失う自分。
見るかどうかは迷うところ。

FF15の本編の部分は分かりませんが、映画は面白かったんで
FF15の世界を堪能したいなら見といた方がいいかな、と思いました。


2017年05月 |2017年06月 |- ブログトップ