So-net無料ブログ作成

FF15 映画 キングスグレイブ見た感想 [ゲーム]

FF15 映画 キングスグレイブ見た感想

FF15について
FF15は、ストーリーが説明不足過ぎる点が指摘される事が多いですが、
キングスグレイブを見た方が背景が分かり易いとの事なので見てみた。
ネタバレしない程度に感想綴ります。

ジャッジメントディスクしかやってない輩ですが、
ノクトパパ(レギス王)がなぜ突然ノクト御一行様を旅に出させるのか
突然ルシス王国は陥落するらしいが、何がどうなって陥落したのか
というのが全然伝わってこないので、ジャッジメントディスクやった限りでは
結婚前にノクトが呑気な旅に出てるだけ、みたいな印象しかなかったですが、
映画を見ると、ああなる程な・・と思う事が多くありました。
何で突然結婚の話が出て来てるのか、ノクトパパに何が起こったのか等。

ストーリーはすごくシリアス。ゲームに続く前日譚なので
映画だけみるとなかなか悲しいお話しでハッピーエンドではない。
でも、バッドエンドではなく未来へ(ゲーム本編)と続く・・・みたいな終わり方。
これだけ見てると、かなりゲーム期待できそうだな、と思えたりしますね。
FF15プレイ済の人が見ると、本編と矛盾する部分もあるようですが、
なんせ自分はまだFF15はやってないので、実際どうなのかは何とも言えませんが。

アクション(?)シーンでは、本編でノクトが使用する
シフト移動やシフト攻撃を映画でも多用しており、
巨大な相手に貼りついたり移動したりといった場面が純粋に楽しかった。
グラフィックはかなり素晴らしいと(個人的には)思います。

格闘シーンでは、基本なめらかな動きをするんだけど、
キャラが走ったり格闘したりするシーンでは、挙動がCGっぽくなるところがあり
それがほんの少し萎える時はありますが、それはまあ、物凄いちょっと。
んで主人公のニックスは、声優が綾野剛。俳優が声優として参加すると、
棒演技とか批判される事が多いですが、今作は、まったく違和感感じさせることなく
視聴する事ができます。綾野剛感全くなし。

主人公のニックスが立ち振る舞いがイケメンなヒーローなんで
感情移入しちゃって本編でどうにか絡んでて欲しいなと思ってたりしますが
話の結末からして、まあ仕方ないところ。

ネタバレっぽくなりますが、このストーリーだけみると、
必ずしも、帝国=悪、ルシス王国=善という勧善懲悪ものではない
ってところが、色々と考えさせられる内容だったなと思います。
帝国と王国の、そのどちらでもない両国に翻弄された地域の人々がいて、
そういった人々の中に王国の転覆を狙って帝国に味方する人も居るのですが、
剛腕な帝国になぜ加担するか(というかルシス王国がなぜそれほど嫌われるか)
も納得な部分があります。

なので、
キングスグレイブ未視聴でゲームだけやった人だと導入が唐突すぎるんだろうなと。
なんで指輪が大事なのかも、映画見てないとよくわかんないんだろうし。
ノクトパパ(レギス)は妙に老化してますが、それも映画をみると分かる部分も。
デラックスエディションにはキングスグレイブのBD付いてんですよね?確か。
映画そのまんま収録しろとまでは言わないけど、掻い摘んだあらすじ的なムービーは
標準で付いててもよかったんじゃないかなあ。

ブッコフ見てると、標準版とデラックス版で価格差そうないので、
今買うならデラックス版買ってキングスグレイブ見てからプレイした方が
より楽しいんじゃないかなと。

全体的に、FF15は商業主義に走りすぎて、本編に入れておくべきエピソードが
DLCになったり、前日譚が映画になってデラックス版のみの特典になってたりと
そういうところで損してる部分多い気がしますね。
最初からコンテンツをフルで揃えようとすると、発売期間更に伸びてた可能性があり
更にgdgdになってそうなので、期限切ってしまうのは仕方なかったのかもしれませんが。

ノクト御一行様の4人の関係性については、キングスグレイブでは全く語られない部分で
4人の関係については、アニメ(ブラザーフッド)を別でみてくれ、という事みたいですね。
ただし、フルCGのキングスグレイブは見れても、アニメとなると急に興味失う自分。
見るかどうかは迷うところ。

FF15の本編の部分は分かりませんが、映画は面白かったんで
FF15の世界を堪能したいなら見といた方がいいかな、と思いました。