So-net無料ブログ作成
検索選択
ハードウェア・周辺機器 ブログトップ
前の10件 | -

Kindle Fire HDの後を考える [ハードウェア・周辺機器]

Kindle Fire HDは、多少の不満はあるものの。まあ使えてる。
とりあえず我慢ならないレベルまで使い続けるつもりだが
動画視聴環境が今一つなのがマイナスポイント。

Mediapad M2は色々理由があって引退で復帰させる線は無しの方向で。
と、いうことで、電子書籍と動画視聴の為の環境を考える。
外出先ではWPJ40-10を使う事で事足りてるので、LTEは特に気にしない。
Wi-Fiモデルを前提にする。

1.au Qua tab PX

LG au Qua tab PX LGT31 (ピンク)

新品価格
¥17,800から
(2017/2/27 17:57時点)



アマゾンで2万円以下で流れてたりする。製造はLG。
Snapdragon 617(1.5GHz x4/1.2GHz x4)メモリ 2GB
8インチ IPS 1920×1200ピクセルな感じ。

あくまで白ロムの購入ということにはなるが性能はそこそこ良い。
LTE通信OK。(ロック解除すれば)UQやmineoのSIMならLTEも行けるはず。
Wi-Fiも5Ghz帯がサポートされていたり防水だったり
となかなかのスペック。ただし、auのアプリてんこ盛りがどうなん?
てのと、あくまで白ロムな点はマイナス。

2.Huawei Mediapad T2 8.0 Pro

>T2 8.0/JDN-W09【税込】 HUAWEI 8.0型タブレットパソコン MediaPad T2 8 Pro※Wi-Fiモデル [T280JDNW09]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:17,680円
(2017/2/27 17:58時点)
感想(25件)



Mediapad T2 8.0 Pro Wi-Fiモデルだと2万円弱
Huaweiの端末だがチップはKirinでなくSnapdragon 615。
Wi-Fiは5Ghz帯非対応でRAM 2GBと、M3と比べると地味に貧相

3.NEC LAVIE Tab S TS508/FAM

NEC PC-TS508FAM LaVie Tab S グレー

新品価格
¥28,044から
(2017/2/27 17:59時点)



同価格帯にはNECのLAVIE Tab Sもある。
一応「S」はプレミアムラインという事になっているが、
Snapdragon 625、メモリ3GB、フルHD液晶というところで
値段も、スペックもT2とM3の中間位ですかね。
Snapdragon 625はKirin 950のちょっと下あたり。

防水防塵なのはちょっと良いが、風呂場の視聴は無理っぽい。
T2よりはちょっとM3寄り?

4.Huawei Mediapad M3 8.0

>【送料無料】 HUAWEI Androidタブレット [8.4インチ・Kirin 950・ストレージ32GB・メモリ4GB・WI-FIモデル] MEDIAPAD M3 8.0 シルバー M3/BTV_W09

価格:33,800円
(2017/2/27 18:00時点)
感想(1件)



M3のWi-Fiだと、2K液晶、メモリ3GB、Kirin 950とスペックが一段上。
そのかわり、お値段はT2に比べて1万円以上アップ。ただし格上感はある。
ただし、タッチ精度に課題アリ。アップデートで改善されているらしいが。


こんなところでしょうか。
3万円だせばWi-FiモデルならM3が入手可能。
白ロムでよければ、Qua tab PX。

それ以下の格安モデルになってくると、もうKindle Fire HDでええやん・・
なスペックのものしかなくなってくるので、買うならここら辺ですかねえ。

買うなら、ですけども。

タグ:Kindle Fire HD

Kindle Fire HDにAndroid 6.0導入 ~その後~ [ハードウェア・周辺機器]

Kindle Fire HDに、CM13(Android 6.0)を導入し、その後それなりに使用している。
常用に堪えないような挙動もなく、極端に重くなる事も少なく、概ね良好。
たまーにアプリが落ちる事があるが、どちらかというとアプリの問題化と思われる。

・重さ
しょっちゅう持ち歩くようになって感じるのは、
Kindle Fire HDがそこそこ重いっていう点。395gあって、なかなかの重さ。
MediaPad M2 8.0が330g(これも重い方)で、それよりずっしり来る感じ。
10インチクラスのiPad Air2が437gで、それに近いクラス。
MediaPad T2 7.0 Proが250g程度なので、ここら辺は世代の差かと。


・スマホゲー
アプリは、アプリによるとおもわれるが、もっさりはしている。
耐えられない程か、というと「所詮はOMAP4460」と思っていると平気。
軽いアプリでも、最新機種と比べるとカックカクだけど、一応動く。
でも、動作確認した程度なんで、この端末でスマホゲーしようとは
おもいませんけども。

Sony Reader
この端末は、電子書籍を閲覧する時こそ真価を発揮する、と思っていますが
Sony Readerとの相性的な問題なのか、なかなか不快な程重い。重いというか
それなりの間隔で固まっている。しばらく待ってると戻ってくるけど。
他の雑誌のバックナンバーを無料で閲覧する的なビューワーは普通に快適。
多分、このアプリが重量級で裏で色々やってるんだろう。

バッテリー
バッテリーの消費はそこそこは早め。
OMAP4460はプロセスルール 45nmの3世代位前のサイズですし、
消費電力大きめだと思われるので、これも仕方ないところ。
最近の16nm世代のチップだとだいぶ違うんでしょう。

動画
共有に上げているフルHDの動画視聴・・なんていうとやっぱキツい。
世代的にハード的に対応するエンコードも少ないので、そもそも見れない
なんて言う事も多々ある。ここら辺は世代の差を感じるところ。
youtubeやニコニコ動画をだらだら見るのなら問題ない。使い方次第といったところ。


という感じで、現時点でも十分に常用に耐えられるレベルだが、
使い方次第で用途もかぎられ、「快適」と言うほどのレベルにはない
というところですが、Kindle Fire HDの延命という意味ではCM13導入は
おおいにアリ、というところですね。
タグ:Kindle Fire HD

HUAWEI MediaPad M2 8.0の6.0アップデートがまだ来ない [ハードウェア・周辺機器]

HUAWEI SIMロックフリータブレット 「HUAWEI MediaPad M2 8.0 LTEモデル」 ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

M2のLTE版にも、Android TM 6.0、EMUI4.0へのアップデートが下りてきているはずだが
うちの環境はまだ通知なんて来やしない。いつになることやら。

12月2日(金)から約1か月で全てのお客さまがアップデート可能となる予定です。
らしいけど、もうそろそろ1ヶ月ですよね。ほんとにみんなに届くんでしょうか。
現在のビルド番号はM2-802LV100R001C229B005
ASUSみたいにファイルが上がってるなら手動でブチ込んでしまうんだが。


そうはいっても5.1.1で何か困ってるという事もないので来ないなら来ないでよいのだけどね。

M2-802LV100R001C229B005CUSTC229D002

~~ 追記 ~~
別に上がらなくても構わないとはいいつつも、
敢えてやらない」のと「そもそも出来ない」のでは
気分的にはえらく違う訳で。
強制的にでも通知は来る状態にできないものかと調べてみた。


ネットの情報では、通知が来なくても公式アプリHicareから
申請をすれば早期ダウンロードが行けるとの情報あり。

・HiCareアプリをGoogle Playストアからダウンロードしインストール
・地域を日本に設定
・[サービス]-[OSアップデート早期導入]をタップしてアップデート

手順通りしてみたら、
利用可能な更新はありません
となってそれで終了。更新がない事になっている。
Hicarenにすら見捨てられる私。


ひと月ほどで順番で更新が来る、というようなので、順番が後回しになっているだけ
という状況だと思いたいが、うちの端末では一生アップデートは来ないのでは
という気がしてきた。


別機種の情報だと、ちょっとでも対象のビルド番号より新しいとダメとか
更新対象となる条件が厳しいように思うのでロットによってビルド番号が異なり
微妙に対象から外れているのでは?なんて思い始める。

ホームページの情報
更新前:M2-802LV100R001C229B005CUSTC229D002 (LTE版)
更新後:M2-802LC229B207CUSTC229D006

M2-802LV100R001C229B005CUSTC229D002以外だと
更新の対象からはじかれるんだと思われる。
そう思って、ビルドバージョンを調べてみると


ビルド番号:M2-802LV100R001C229B005
カスタムバージョン:CUSTC229D002
特に問題はなさそうに思える。

Screenshot_2016-12-27-18-01-10.png


ダウングレード用のファームウェアが上がっているなら
一度それで強制的にバージョン合せてから更新をかけようかとも思ったが
ホームページ上は、M2-802L(LTE版)のファイルは無く、M2-801w(Wi-Fi版)の
ファイルは上がっているのみだった。よって強制アップデートも難しそう。

試に、端末を再起動しても更新は来ない。
無線LANの環境下でもLTEの環境下でも更新はだめ。

この端末は、故障した際に本体交換になってファーウェイから送られたもので
普通に売っている端末とはファームウェアのバージョンなりが地味に違うのか?
と勘ぐったりもしているが、これと言って証拠があるわけでもない。

1月を超えても通知こないようならサポートに聞いてみようかな。
タグ:Mediapad M2 8.0

MediaPad M2 8.0の故障について [ハードウェア・周辺機器]

某巨大掲示板なんかを見ていると、やはりちょいちょい画面が映らない故障が起きる機種みたいですね。
やはり、LCD-FPCの不良のようなんですが、接続端子が抜けやすく
ちょっとしたはずみですぐ外れてしまうのが原因のようです。

あくまで、某巨大掲示板の報告などを見る限りですが、
音声出力からイヤホン抜いた時になったというような報告もある様子。
FPCケーブルでググると、抜け防止機能なんてのがウリ文句としてある位だし
安物だとそういうのあまり考慮されてなかったりするんでしょう。
一応、自分のは「対策品への交換」だとは言ってるんで
抜けにくくなるように微妙にケーブルに細工をしてるんだと思われますが。

確かに、自分動画音楽などのメディアプレイヤーとして
常用している関係で、イヤホンはよく脱着します。
もしかすると、bluetoothのイヤホンなんかに変えるとよいのかも?

なので、M3はスペックはかなり良いけどなんか不安で購入は躊躇しそう。
M3では対策は済んでいると思いたいですが。

タグ:Mediapad M2 8.0

MediaPad M3、やっと日本でも発売 [ハードウェア・周辺機器]

MediaPad M3、やっと日本でも発売
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000182.000002531.html

MediaPad M2の後継のM3が日本でも発売。
Wi-Fi版 31,980円、LTE版 37,800円、プレミアム版 42,800円

特徴はハーマンカードンがサウンドチューニングを施しているサウンド機能
2Kクリアクリスタルディスプレイのディスプレイで、AV機能が強いM2の
順当なスペックアップ版。日本では音沙汰なかったが、やっと発売するようです。
値段はおま国価格・・・なんてことはなく、まあ順当かという印象。
プレミアム版は、AKG製AKG H300も同梱するという差別化が施されている。


MediaPad M3 8.0
SoC HiSilicon のKirin 950(Cortex-A72 2.3GHz×4 + Cortex-A53 1.8GHz×4)
RAM 4GB
ストレージ 32GB/64GB (プレミアム版)
画面 8.4インチ 2,560×1,600ドット液晶
OS Android 6.0
サイズ 約215.5×124.2×7.3mm
バッテリー容量 5,100mAh
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
SIM nanoSIM
指紋認証あり


MediaPad M2 (2GBモデル)との比較
SoC Kirin 930(A53e 2.0Ghz+A53 1.5Ghz)→ Kirin 950(A72 2.3Ghz+A53 1.8Ghz)
RAM 2GB → 4GB
ストレージ 16GB → 32GB
液晶 1,920×1,200 → 2,560×1,600
OS 5.1.1 → 6.0
SIMサイズ microSIM → nanoSIM

bigコアのアーキテクチャが変更になっているのとクロックも上積されている。
その上でメモリも4GBで余裕があるので快適そうではある。
といっても、M2 3GB版で特にもっさりしてる感は無いのだが。


Mate 9も発表
なお、フラッグシップモデルのMate 9も発売になる。
5.9インチフルHD液晶のKirin 960(2.4GHz×4+1.8GHz×4)搭載機。
OSは7.0を積んでいる。お値段 60,800円

6インチサイズでハイエンドなりのお値段ということで
こちらは候補からは外れそうですが、スペックはM3よりちょっと上。


感想
M2より確実に一段上。
WiFiが802.11a/b/g/n/ac対応、外観がアルミ削り出し
といったような部分は共通でAV関連を強化したハイエンドな端末。

M2は、RAMの容量で2GB/3GBと違いがあり、自分はRAMの容量で高い方を選択したが、
今回はストレージの容量が32GB or 64GB。非プレミアムのLTE版が32GB
RAMの容量は4GBで差はない。LTE版 37,800円(税抜)でも十分という印象。
内蔵ストレージをどうしても大きいの欲しいという人以外はプレミアム版は要らないかもしれない。

なお、SIMサイズがnanoSIMになっているようなので、microSIMを持ってる人間は
そのままmicroSIMをブッ挿して・・とはいかないようです。


M2の乗り換え先となり得るか
じゃあ、この端末買うか、Zenpad 3 8.0でなくこちらを選ぶか
といわれると、んー・・・という感じ。スペックは文句なし。値段もまあ納得。
でも、あの故障しまくったM2の後継か・・・というのがどうしてもね。
後継となると、内部のFPCケーブル使い回しなら故障するんじゃねえの?とか心配になったり。

※勿論あくまで個人的な印象です

M2によく見られた欠陥については、半年とか1年とか、長く使ってみないと分からない
というものなので、少し様子見て初期ロットをパスすりゃいいか、とできないのも辛い。
よって、M3はスペックは何の文句もないが、品質の面で非常に不安って印象。
内部のケーブル類といった「見えない部分のコストカット」の影響ありそうで。

M2が壊れたら(来年3月頃にタイマー発動予定)、T2 → T3? → T4?
という風に乗り換えてった方が精神衛生上良い気もする。
もしくは、競合しているZenPad 8.0に乗り換えるか。

ハズレさえひかなきゃM3 8.0ってものすごく良いと思いますけどね。

Mediapad M2 8.0 また故障(3度目)修理完了 [ハードウェア・周辺機器]

Mediapad M2 8.0の修理あがりました。
本日宅急便で到着。

これまでの記事はこちら
Mediapad M2 8.0 また故障(3度目)
Mediapad M2 8.0 また故障(3度目)続報

修理上がりました。画面は元通りに治りました。
詳細は過去の記事参照。

今回は、FPCケーブルの交換で対応。本体交換はせず。
修理担当の報告によると、対策品の交換となったようです。
保障期間ギリギリでしたが無償対応となりました。
保障期間1年延長、などといった特別対応はなし。
これでまた壊れたら今度こそ見捨てるかも。

12/5に発覚し連絡、翌日12/6に発送し、12/7に修理
12/8に返送、12/9到着、という感じ。発覚して完了まで4日程。

一応、交換した部品については3か月保障がついているそう。
という事なので、来年4月を無事超える事が出来たら
この子は直っているといえるのかもしません。

ネットの情報では対策品と交換と言われたのにすぐ壊れた
という報告もあるようなので、あまり期待はしておりませんが。
もしかすると、いまだ根本の原因分かってない(か対策のしようがない)のかも。

本体は修理依頼前に初期化してしまったので、初期化状態から
アプリ入れなおし。一応バックアップはしておいたんである程度は
Androidが勝手にやってくれる。でもあくまである程度。

写真類は撮ったら必ずクラウドに共有をしてたので無事。
前回の修理で懲りてからは、PCのHiSuiteと通信を許可していて
操作ができるようにセキュリティを緩くしてたりするので、いざとなったら初期化もOK
壊れる事を前提にしているので、初期化されて困る事って
実はあんまりなかったりしますけど。

丁度いいタイミングだったんで、この際Android 6.0の更新を
当てられるといいなあと思いましたが、自分の端末には下りてこず。
いつになったら振ってくるのやら?

対応自体はありがたいが、このまま使い続ける事はないかも。
端末(基盤側)の欠陥なのか、FPCケーブルの問題なのか?
はやっぱりはっきりしませんが、ケーブルの方が問題、
なんて言われると、同時期のファーウェイのタブレットと、
後継のM3は値段が値段だけに買うの躊躇します。

ZenPad 3 8.0を購入するか事になりそうではあるけど
タイミングは迷いますな。クリスマスプレゼントとするか今かうか。
福袋でいい具合にタブレットを格安でゲットできたりするといいけど
SIMフリータブレットの福袋なんてなさそうですか、ね。

ちなみに、ファーウェイの公式ツールやアプリって日本語
ローカライズする気がさらさらなく思い切り中国語のままだったりしますが
アリなんでしょうか、アレ。最悪英語か中国語の選択はほしいところで。
タグ:Mediapad M2 8.0

ASUS、2K解像度の10型SIMフリータブレット ZenPad 3S 10 LTE [ハードウェア・周辺機器]

ZenPad 3S 10のLTE版が出る模様。44,800円
ZenPad 3S 10 LTE(Z500KL)12月9日発売。
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1033830.html


OS Android 6.0.1
CPU Snapdragon 650(Cortex-A72 x2 + Cortex-A53 x 4)
画面 9.7インチTFT液晶 2048×1536
RAM 4GB
ストレージ 32GB
SD  microSDXC
カメラ アウト:約800万画素、イン:約500万画素
バッテリー 7800mAh
無線LAN IEEE 802.11ac
Bluetooth 4.2
USB Type-C
サイズ 約164.2(W)×約242.3(D)×約6.75(H)mm
重量 約490g

既に発売されているZenPad 3S 10(Z500M)のLTE版、な扱い。
LTE版、といってもチップが異なってたりするので、単なる派生ってのとは違うような。
SoCが違うと、それは別名を名乗った方がいいんじゃ?とか思うけど。

・MediaTek MT8176 → SnapDragon 650
・指紋認証がなし
・ハイレゾ再生がなし

ZenPad 3S 10のLTE版というよりは、ZenPad 3 8.0の10インチ版。
チップもSnapDragon 650ですし。ZenPad 3 10とかでよくね?っていうね。
多分、LTE通信しないWi-Fi版だと、MediaTekのモデムなしチップ(MT8176)
の方が、ヘキサコアでもずいぶん安い、とかなんでしょうけど。

Wi-Fi版でもハナからSnapDragon 650積んで、全モデルで可能な限り
共通化してコスト下げた方がトータル的には安い、とかならないんでしょうかね。
それよりも、やっぱコストが安いんだろうけど。

ASUSタブレットはなんか名前の付け方が紛らわしくてイカンです。


画面サイズの大きさとバッテリー容量は魅力。でもやっぱ重そう。
お値段、4万5千円程。Zenpad 3 8.0よりは高い。チップが同じなら、
ZenPad 3 8.0ですかねえ、買うのは。


Mediapad M2 8.0 また故障(3度目)続報 [ハードウェア・周辺機器]

昨日の続き
カスタマーセンターに文句たらたらでメール入れました。
すると、翌日朝(今日)にメールが返ってきた。
けど、通り一遍のテンプレートな返事。まあ無難な。

とりあえず、資料はぱぱっと作成して本日送りました。
普通に行けば明日には届くだろうとおもいますので
それからどれ位かかるか、ですね。

詳細な原因の報告をしてくれ、というのをお願いしました。
さすがに同じ場所が故障連発しているので、
サラっと流すのはどうか、とおもいますのでね。
何が原因か、どういう対処を行ったかを知っておきたいかなと。

また、保障期間についてですが、
自分が購入したのは、去年の12月7日。保証期間終了が12/6
つまり、今日で保障期間終了で、かなり微妙な期間なのですが、
文句いったら12/7を過ぎても保証期間内の扱いをしてくれるとの事。
そうはいっても無償修理となるかどうかはまだわからないですが、
もし有償になったらそのまま処分してもらうかと思ってたり。

時間がかかっても良いからきちんと根本の原因を解消してくれ
とお願いをしましたが、果たして直るかどうか。
というか、直る気はしないですけどね。

お古のモバイルルーター(L-09C)を引っ張り出して
Vitaでネット見たりメール見たりしています。
修理上がったら、サブ機に格下げ or 子供のおもちゃ化ですかねえ。


○HiSuiteによる端末初期化
画面がまっくらになってる関係で、端末の初期化ができない状態でした。
しかし、本来はやっぱり初期化してから送りたいもの。
なんせ個人情報やら銀行情報がまる残りで送る訳ですからね。

Windowsにインストールする、HiSuiteという管理ソフトみたいなのがあり
それを使うと、初期化できない事もない。実際、なんとか初期化できました。

<事前準備>
・Windowsにソフトをインストールしておくこと
・事前にUSBデバッグをOnにしてHiSuiteからのリモート操作を許可しておくこと

<初期化方法>
・USBケーブルでWindowsと接続
 デフォルトでは、タブレットが接続されるとHiSuiteが勝手に起きます

・HiSuite上で、画面は表示できるので、PC上の画面を見ながら
 タブレットを「だいたいここだろう」と思われるところをタッチやフリックし
 ブラインドタッチのような操作を行います。
 ロック解除 → 設定画面を表示 → バックアップとリセットで「データの初期化」

・あとは接続が途切れてHiSuiteとの接続は不可となります。
 たぶん、接続できなくなっている事から推測して初期化されたはず、と言えます。

・ほかにも、Androidデバイスマネージャーから初期化する方法もある(らしい)
 https://www.google.com/android/devicemanager?hl=ja
 → これも事前に接続を許可しておく必要あり


ただし、この方法は、
「画面が消えているだけで、OSもタッチパネルも死んでおらず操作出来る事」
が前提です


~~ 追記 12/6 ~~
連絡きました。やはり、FPCケーブルの交換となるようです。
画面不良の不具合に対して更新されたFPCケーブルの交換になる可能性が高い」との事。
また、交換部品に対して、90日間の再修理保証がつくらしい。

ほんとかよ、っていう。
ホントに不具合対応版のケーブルでよくなんの?

90日か・・・越えられる気がしない(´Д`)
前回の修理より3か月持たなかったものでなあ。

~~ 追記2 12/7 ~~
修理センターから連絡あり。FPCケーブルのトラブルによるもので交換で解消したとの事。
一応、対策品のケーブルだそうなので、治った・・・はずだけども。
とはいっても、これまた3か月したら壊れるんだろうなあ、とは思っている。
明日発送予定だそうです。

Mediapad M2 8.0 また故障(3度目) [ハードウェア・周辺機器]

Mediapad M2 8.0、また、また、また画面映らなくなりました。
多分、LCD FPCケーブルの不良、というやつでしょうか。
症状、全く同じです。

2chや価格comの報告みてると、この症例かなり多い。
LCD FPCケーブルの交換、とは言ってるがホントにこれ原因?
根本原因実はわかってないんじゃないの?とかって疑問がわいてきた。
前回は本体交換でお茶濁されたし。

現象的には、スリープにした時に
何らかの原因がトリガになって真っ暗になったまま
戻ってこなくなる、というような不具合に見える。
バックライトだけは空しく光っている。

単純にハード的な故障なのか
ファームウェア的な不具合なのかは判断つかず。
奇跡的に、Android 6.0にアップデートしたついでに解消!
とかなるといいですが、そんな事は無いでしょうな。
ハード的に欠陥があるならどうにもならんような。


保障期間ギリギリ位ですが、修理に出すの考え中。
多分、修理には出さないと思います。
だって、修理だしても、また2か月位で壊れるんですよね、この端末。
金の問題でなく、いちいち修理出してらんないなと。
俺の中では、勝手にこの端末は欠陥もちの端末だと思っている。

本来は、回収して修理すべきな端末でないかと。
発売してしばらく経つからそんな事はせず有耶無耶になるんでしょうが。
メーカーが欠陥を認めて、LCD FPCケーブルの不良に関してだけは
常時無償で交換してくれる、とか特別対応でもしてくれれば話は別ですが、
まあそれでも、しょっちゅうしょっちゅう故障する端末はやだなと。


候補は、高解像度画面でパフォーマンスは良さそうな
ZenPad 3 8.0か、同じファーウェイのMediapad T2 (7.0 or 8)

T2の方は、スペックが今より落ちるというところが
なかなか引っかかるのと、ファーウェイか・・・
みたいなのもあり、なかなか二の足を踏む。

星のドラゴンクエストがサクっと遊べる端末が良いな
と思っておりまして、そういう意味では、ファーウェイでも激安の
Mediapad T1 7.0なんかは候補から外れる。安いんだけどね。
ZenPad8.0(Z380KL)あたりだと、Snapdragon 410で性能落ちそう。
T2はAntutuベンチマークで 3/4位、T1は、1/4位。Z380KLは1/2位。

M2は、品質などは置いとくとしてスペックに不満はないもんで
値段優先で代替品検討すると、結構性能落ちちゃうんですよね。
ネット閲覧と動画見るだけ、というようなメディア端末としてなら
どれも全く問題ないんだけど、星ドラをそこそこ快適にしたいので。

まあ、そろそろ壊れるかなー・・・とは思ってたんで
最初の故障に比べると、それ程ショックは無いのだけど
イザ買うとなると、そんなテンションでもなかったもんで
値が貼るものについては、躊躇する。ZenFone 3 Ultraはいいなー
と思いましたが、ZenFoneだというのに高いんですよね、アレ。
総合的に考えると、Zenpad 3 8.0(Z581KL)ですかねえ。やっぱり。
思い切って、iPad mini4とかも考えますが、やっぱり高い。

Mediapad M2の前はASUSのFonepadでそいつはまだ元気に稼働中だし
どっちかっつーと、まだASUSの方が信頼度高いかな、と。
気持ちはだいぶZenpad 3 8.0を購入する方向に傾いている。


一応無償の修理行けるかもわかりませんし、
(半分以上クレームの)修理依頼メールは投げてみましたが。
修理出すだけ出して、無償対応を勝ち取れたらめっけもの、位ですか。

ただし、修理上がっても子供のおもちゃに格下げですかねえ。
治しても、また壊れるでしょ、これ。M2以外のまともな代替製品をよこせ!!
と言いたいところですが、スペックなんかを考えると
M2が「ちゃんとしてくれる」のが一番なんですけどね。

購入から丸一年ですが、高い買い物でした。
こんなに故障すると分かってたなら他の買ってたなあ(´Д`)
タグ:Mediapad M2 8.0

チップセット H110とPCI Expressの関係 [ハードウェア・周辺機器]

しつこいようですが、G3900関係のメモ その3

Z170/H170/B150/H110とSkylake対応チップセットがあるが、
H110のPCI Expressのみ、Gen.2で制約がある。

http://pssection9.com/archives/z170-h170-b150-h110-chipset.html

PCI Express 最大レーン数(チップセット)
Z170 Gen3 20
H170 Gen3 16
B150 Gen3 8
H110 Gen2 6


ただし、CPU直結のPCI Expressは、どのモデルも
Gen3のx16対応。Z170のみ、レーン分割が可能。
実際、H110のマザーボードで、PCI Express 3.0 x16のスロットが付いているものもある。
なお、MSI H110M GAMINGは7,980円位。

http://www.ask-corp.jp/products/msi/motherboard/intel-h110/h110m-gaming.html

MSI Intel H110搭載 第6世代Core(LGA1151)対応 Micro ATX ゲーミングマザーボード MB3575 H110M GAMING

新品価格
¥7,890から
(2016/12/4 16:07時点)




よって、H110でも最新のグラボ積んでもIFがボトルネックになるという事は無い。
H110では、USBポート数、SATAのポート数が少なく拡張性が低い点が×
PCI-ExpressにSSD載せるとか、そういう用途には向かない。

逆に、グラボ以外拡張する予定がない、という人なら別に問題にならない、ともいえる。
よって、Celeron G3900 + H110 + DDR4 8GB位でサブ機の中身をごっそり交換
というのも、ありな気がしてきました。
タグ:H110
前の10件 | - ハードウェア・周辺機器 ブログトップ