So-net無料ブログ作成
検索選択
ソフトウェア ブログトップ
前の10件 | -

A's Video Converterについての色々 [ソフトウェア]

自分用のメモを含めて記載。

A's Video Converter
bluesky23.yukishigure.com/AsVideoConv.html

超久々にA's Video Converterを試しているんだが、設定方法どうだったか忘れた。
100%失敗して終わってしまう。詳細のログ出せるんだろうか。
と、おもって調べてると情報が載ってた。

A's Video Converter Version 6.0.0
http://bluesky23.blog.shinobi.jp/entry/20151212

>「終了」ボタンの右横にある「▼」ボタン押すと表示されるメニューにある
>「ログを有効にする」のチェックをオンにして変換すると、
>変換終了後にメモ帳が起動するのでその内容を貼り付けて下さい。


設定などは

【VCE】A's Video Converterの正しい設定値とは・・・【mp4GPUエンコ】
http://ameblo.jp/iso5210/entry-11946147040.html


【補足1】
A's Video Converterとは、RADEONのVCEが活用できる
フリーのエンコードソフト。QSVなどは対応ソフト多いが、
NVEncやVCE対応となると急にソフトが減るので、A's Video Converterは重宝する。

以前は、A's Video Converterできちんと動いていたが、数年ぶりに試すとダメだった。
何が悪いのだろうか。とりあえずログを出せるようにして動作を確認してみる。

地デジで録画したファイルを変換しようとした気がするので
多分、スプリッタなどの設定がまずかったのではと思われる。

MPEG2-TSファイルの変換方法
http://bluesky23.yukishigure.com/avc/howto/mpeg2ts.html


【補足2】
MKVのスプリッタについては、Haali Media Splitterなどがあるが、
Haali Media SplitterはA's Media Converterとは相性が悪い(らしい)ので
K-Lite Codec Packを入れるとよいんだそうな。

K-Lite Codec Packのインストール方法
http://freesoft.tvbok.com/movie_encode/about_codec/install_k-lite_codec_pack.html

ESET ファミリーセキュリティ [ソフトウェア]

セキュリティ対策ソフト、新しいのを探している。
So-net LTEのオプションで、今入っているコースだとマカフィーのが
月額無料でつかえてたんで入れてはいたんだけど、9月で24か月で
晴れて端末の縛りがなくなるんで10月になったら解約予定。

なので、自分で買わなきゃなあと思っている。

それより前は、Microsoft Security Essentialsとかで済ませてたが
嫁のPCからウィルスが検知されてなかなか駆除に時間かかった事があり
それ以降はきちんとしたのを入れようとおもってるが、なかなか決まらず。


・カスペルスキー
ウィルス検知率は高いという評判ではあるが、わざと高くなるように小細工されてるとか
実際の検知率はそれほどでもないとか、あまりよくない評判もきかれるので敬遠気味


ノートン
ノートンはシェアトップで老舗の安心感はあるが、
ノートン君はちょいちょい致命的なミスをやらかす事があり
アップデート後にOSが起動しないとかIEが起動しないとかたまにある。
ので、今回はパスする気持ち大。前は買ってました。


・ウィルスバスター
国内のシェアでいうとNo.1。
ただ、昔から入れると重いって言う事があってなかなか避けたい感じ。
会社の端末に企業向けの奴がはいっているが、時間で勝手に始まる
スマートスキャンがなかなか重くて仕事にならなくて迷惑だったりします。


で、これに使用かと思ってるのがESET ファミリーセキュリティ
1年とか3年とかあるが、ファミリーセキュリティの3年、5台までっていうやつで5,670円とか。
Amazonなんかだともっと安く、ダウンロード版とかだと3500円くらいで行ける。

ESET ファミリー セキュリティ ダウンロード3年版 (最新版) [オンラインコード]

新品価格
¥3,500から
(2016/9/11 11:21時点)




3年で3500円ならまあありかと。1年1台とかでよい人なら1,800円とかその程度のようす。
9月中にマカフィーから入替しないといけませんな。


マカフィー インターネットセキュリティが悪さ? [ソフトウェア]

そういえば、Windows 10でWindows Updateを実行しても
まずサイトに接続できない、という状態が続いていた。
また、ストアにもつながらない。ブラウザは普通に見れている。

という感じで、ネットワークにつなごうとするものが
いつのまにやらダメになっている。
Windows 10にアップグレードした直後は問題なかったのだが。


特になにかいじったってこともないけど
症状からして、必要以上にブロックされてるっぽいような動きになっている。
多分、こういう時はウィルス対策ソフトやファイアウォール製品が悪さしてる。
ので、インターネットセキュリティのファイアウォールを一時OFFにして
更新をしようといたが、うまくいかない。

試しに、パッチをダウンロードして手動インストールを試してみたが、
パッチを適用しようとした所でずっと考え中。
インターネットセキュリティを見てみると脆弱性スキャンが
50%のところでずっとクルクルまわって考え中になっている。

Windows Updateのプロセスとインターネットセキュリティのプロセスで
なにか処理がバッティングでもしてんのか?というような動き。
ただ遅いだけかと思ったが、数時間待っても進捗ゼロ。
再起動しても同じ。

と、いうことでインターネットセキュリティをアンインストールした。
標準でWindows Defenderあるし、それでいいかな、ってところで。
とりあえず、インターネットセキュリティは消してみると
Windows ストアにつながるようになり、Windows Updateも落ちてくるようになった。


うちの環境だけかもしらんけど、インターネットセキュリティの
特定のバージョンはWindows 10上で動きおかしい気がする。
もう少し様子をみて、バージョンがあがって安定しだしたら改めて入れます。
まあ、そんな怪しいサイト行かないし、Windows Defenderで十分かな
という気もしているが。

ということで、Windows 10上でのウィルス対策ソフトやセキュリティ対策ソフトは
まだまだ動きが怪しそうだ、というところですかね。

Windows 10をほんのちょっとだけいじってみた [ソフトウェア]

Windows 10をほんのちょっとだけいじってみる。

ウィルス
ウィルス対策ソフトは、マカフィーのやつを入れているが問題はなさそう。
普通に動いている。念の為にアップデートして、更新を当てておいた。
たぶん、意識しなくても勝手にやってくれるんだろうが。

TS抜き絡み
TS抜き関係は、ドライバがまともに動かなそうだな、と思っていたが問題なさそう。
TVRockからのTVTest起動は問題なく、きちんと映像が表示された。
録画が正常に出来るかどうかは確認していない。

その他
動画編集がらみのソフトも問題なさそう。普通に起動出来た。
PCSX2は、起動も動作も問題なし。一番どうにかなりそうな気がしたが。
PCSX2がDirectX 12に対応したら、多少挙動は変わったりするのでしょうか。
体感ですが、Direct X11対応のプラグインとDirect X9対応のプラグインだと
速度やら再現性やらに差がありそうな感じしましたし。

ストアアプリ
Windows 8以降は、ストアアプリ(ユニバーサルアプリ)も載っている。
Windows 10もデフォルトではなかなかのてんこ盛り状態。
たしかに、タブレットとかなら便利かなーっていうようなアプリが
色々入ってるが、Windows 7からの移行組とかならほぼいらないんじゃ?
っていうものが多い。

なので、全て消してやろうか、と思うが全て消せるわけではなさそう。
一部は、OSの機能の一部のようになっている模様。
変な機能が勝手に載ってるのがなんだか気持ち悪いっつーのか。


Windows 10は従来のWindowsデスクトップアプリと
ユニバーサルアプリが混在で、なんだか気持ち悪いっちゃ気持ち悪い。
スタートメニューにが表示されて、デスクトップアプリとユニバーサルアプリが
混在ででてきはするものの、デスクトップにショートカットがおけるのは
デスクトップアプリだけで、ユニバーサルアプリは不可とか、そんな仕様の様子。
なんか、ごちゃ混ぜ・・・っていうか、個人的にはユニバーサルアプリ要らんのだが。


Microsoft的には、Windows Formsレガシー扱いだそうだから
ユニバーサルアプリが主流になってくんでしょうけど。
これからはXAMLでゴリゴリアプリ書くとか、そんなことになるんでしょうか。
MFCでWindowsアプリ作ってた人間からすると、XAMLって取っ付きづらい印象しか
ないのですよねー。

てことで、大した問題もなく動いている。
ちなみに、目玉の一つっぽかった「Edge」ですが、全く使ってない。
これから色々と慣れていきたいと思います。

家のパソコンをWindows 10にしてみた [ソフトウェア]

結構前に通知が来ていたので、一応予約をいれていたのだけど
昨日準備が整ったようなので、人柱上等でアップグレードしてみた。

右下の通知領域の田んぼマークをクリックしたら
アップグレード出来る状態になっていた。
知らないうちにファイルのダウンロードされていた模様
開始をしたら、再起動がかかりなにやら作業が始まった。

進捗を示すプログレスっぽいものの進捗具合からして
数時間は掛かりそうな感じがしたので放置して寝ることに。
なので、この間の画面はどうなっているかは知りません・・・


そして、朝起きたら終わって、最後の質問の部分で止まってた。
細かい事抜きにして先にも進めるようだが、詳細設定へと進む自分。
どうも、デフォルトでは品質改善のためにMicrosoftにデータを送信しまくる設定
のようなので、基本余計な通信はしないように何でもオフに変更。

ちなみ、この質問の際のUIがWindows 8っぽいUIで
スタートメニューは復活したものの、ベースはWindows 8なんやね、となんとなく思う。

設定を変えたらしばらく待たされるらしいです。
P_20150731_075016.jpg

あと少しらしいです
P_20150731_075305.jpg

最後の処理してるみたいです
P_20150731_075118.jpg

通常の環境よりも時間がかかってるらしいです。
P_20150731_075424.jpg

起動しました
P_20150731_075748.jpg

ゴミ箱がフラットデザインに。スタートメニューが有りますね。
常駐のソフトを見てみると、なんか普通に立ち上がってるみたいです。
なんらかのエラーを吐いたりはしてない模様。

画面は標準のVGA扱い?なのか低解像度だった。
さすがにグラボのドライバはOSに強く依存する感じなのでしょうか。
基本的にソフトは入れなおし上等で入れたんで意外と問題少なそうな。
まだ細かくは見てないのだけど。

とりあえず、TVTestとTVRockとRecTestは普通に動かせる状態にしておきたいですが
最悪もう一台のサブのWindows 7にTVTest一式の環境は移してもよいかもしれませんねえ。
TVRockは起動はしてる模様。ドライバはちゃんと入ってるかは不明。

ちなみに
このアップグレードしたWindows 10をあとでクリーンインストールするのは どうしたらいいんだろう・・・と思ってましたが、クリーンインストールは可能だそうだ。

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-win_upgrade/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC/2131d8c8-60f7-4388-94a4-e4b1ac9b7862

ハードウェア構成が変わってないのなら、特にライセンス認証も必要ないと。
どういう仕組なんだかしらんけど。なお、インストールされているエディションを
適切にダウンロードする必要あり、なんだそうで。

勝手にアップグレードされたものだから正確なエディション知らんのだけど。
とりあえず一度バックアップしておくべきですかね。

やはり、順当な手順だと、EaseUS Todo Backupを入れてもバックアップを取る的な事ですか。
http://jp.easeus.com/todo-backup-resource/windows-10-system-backup.html

なお、マザーボード交換といった、ハードウェア構成の変更が起こった場合は
ライセンス認証が必要なんだそうな。入替える気満々な自分。
やり方は覚えておかないといけませんねえ。

delta-homesに感染(?)してた件 [ソフトウェア]

少し前から、IEやforfoxのホームページ検索エンジンが「delta-homes」になっていた。
自分でそうした訳じゃなく勝手に書き換わってしまってた。
Google先生に聞いてもらえばわかるので、詳細な説明は省略しますが
フリーウェア等に紛れ込んでいる物のようで、ブラウザハイジャッカーってやつ。

面倒臭えなあ、と思ってレジストリをいじって設定を戻していたんだけど
なぜか、定期的に書き換わっている。多分なにかのソフトが常駐しているか
サービスがコッソリ動いているか・・・


てことで、とりあえず以下を試した
・怪しそうなフリーウェアを削除 → DVDFab、daemon-toolsあたり
・MSConfigで怪しそうな常識ソフトとサービスの確認
・セーフモードで立ち上げて、怪しさ満点のソフトをディレクトリごと削除


まず、入れてるアプリの中ではDVDFabとDaemon toolsが怪しそうなため
お試しで入れただけなのでこれを削除。本当に怪しいかはわからないのだけど
今回は怪しそうなものはクロ扱いでアンインストール
昔は、Daemon toolsは好きで使ってたけど、最近は怪しいソフトを
色々と一緒に入れてしまう残念な子になってしまったようで。


さらに、変なものが動いてないか、MSConfigで確認をした。
すると、(自分の場合は)SFKという怪しいサービスが動いていた。
確認をしたら、Program Files(x86)の下に、SFK、MiuiTabといった
いかにも怪しそうなフォルダが存在し、同日にインストールされたようだった。
削除を試してみたが、サービスとして動いているため、削除不可の様子。
よって、セーフモードで一度立ち上げなおして、そこで削除を実施した。

なお、怪しいソフトは
C:\Program FilesやC:\Program Files(x86)の他にも
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local
あたりにもコッソリ仕組まれているようなので、
C:\Usersの下も見たほうが良いかも。


またAdw Cleanerなるソフトで確認をし
書き換わってしまったレジストリについてはチェックし修復してもらった。
この類のソフトは、フリーの駆除ソフトに見えて、実はそれがウィルス
みたいなオチもよくあるので、迷いはしたが使っている人もいるようなので
入れてみることにした。

チェックをすると、やはりIEやFirefoxの設定が「delta-homes」と「istartsurf」
といったものに書き換わっているのを確認できた。
修復を実施し、レジストリの該当箇所が治っているのを確認。
その後念のためCCleanerで不要レジストリの削除なども行った。

という感じで、とりあえずは怪しいソフトは削除しレジストリも直った(はず)
しばらく様子を見ますが、フリーソフトについては、不用意に入れず
先人達がつかっていて実績のあるものに限るべき、と思いましたね。


ブラウザハイジャッカーは、レジストリを直しただけではダメで
レジストリをこっそり書き換える奴がいるから気をつけろ
ってところですかね。とりあえず。

Virtual PCにAndroid X86を入れてみた [ソフトウェア]

Windows 7に搭載されているVirtual PCにAndroid X86を入れてみた

android-x86.png

やり方Google先生に聞くと出てくるので割愛。
Andoirdって言ったって、Linuxなので躓きやすいのは最初の導入時かなと。
あとは、viでGRUBの設定いじったり、その辺?
ある程度Linuxはいじるんですよねーって人なら別にそんな難しいことなしです。

だからどう、ということもないですが、Android 4.4環境持てたということで。
テストに使えるかもしれないので・・・とか言い訳してる。

マイクロソフトがメッセンジャーを来年終了、Skype に統合 [ソフトウェア]

お久しぶりでございます


なんやかんやで超忙しくて
ブログなんてのんびり書いてる余裕が一つもなかったんだけど
少しだけ書く気が戻ってきたのでちょっと再開。
間隔は開くかもわからんけど



http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1211/07/news023.html


Windows Live メッセンジャーも終了してSkypeに統合みたい。
昔はMSNメッセンジャーはそこそこ使ったなあ。
そこそこだけど。

でも、メッセンジャーってICQとかYahoo!メッセンジャーは
昔知り合いが多くてよく使った。今は何も入れてない。
Skypeに統合されるのは、それはそれはそれであり。

将来的には、Microsoftアカウントに統合されるんだと

スマホにしたって、Vitaにしたってインストールはされてるけど
アカウントを別途取るのが嫌で結局Skypeって使ってないし。
統合される事は良い事・・・とは思ってるけど
そういやそもそも俺最近メッセンジャーで話す相手いねえw

「Androidはもうからない」――人気ゲームメーカーが開発終了を発表 [ソフトウェア]

「Androidはもうからない」――人気ゲームメーカーが開発終了を発表

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1203/12/news025.html

ざっくりいうと、サポートするOSのバージョンが多すぎるし
対応するGPUも多すぎで採算合わないからサポートやめるよって話
単価安い割に採算合わねんだよ、って事みたいね。

まあこれは開発者としては同意。ゲームなんていうとGPU全力で活用する
っていう作りになって結構作りこみされるはずだから開発コストはかかるし
テストも現役のバージョン(最低でもAndorid 2.2以上?)は必須だし
あれで300円だの500円だのって言われたらまあ割に合わねえわな、っていう。

Windowsの場合、なんだかんだでAPIやらDirectXやらがかなり互換性に
気を遣って吸収してくれてる部分はあるし、なによりAndroidみたいに
数か月単位でバンバンOSがメジャーアップされるなんて状況にないんで
それに比べると開発のしやすさ云々よりもテストやらサポートやらの
手間が圧倒的にちがうよなあ、って思うね。

そういう意味では、メジャーバージョンアップがほぼ年1回のiPhoneの方が
まだ気合い入れて開発はしやすい。つか開発のやり易さから言うと
Windows Phoneはものすごくとっつきやすいんだけど、まあ人気がアレなもんで
商売的にWindows Phoneは選択しづらいが。

同様の理由で企業向けにAndroidのソリューションって手を出しづらいね。
作ってるうちにどんどんバージョン上がられるとやってらんないし、正直。

なんつーか、ちゃんとしたアプリにはそれ相当の対価が発生してよい
っていう風潮になればそれはAndroidもアリ。
今は数百円だしただけで高いって評価になってしまうもの。

開発者にしてみたら世知辛い世の中になったなと思うよねえ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ARM版 Windows 8は既存のX86向けアプリは使えない模様 [ソフトウェア]

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/10/news027.html

スティーブン・シノフスキー氏がARM版 Windows 8についてブログで説明
Windows 8のコンシューマープレビュー版を2月29日に公開

・X86版とARM版は同時リリース
・すべてのWindowsでOffice 15
・Internet Explorer 10搭載 HTML5 ハードウェアアクセラレーション
・x86/64向けアプリは稼働しない
 Windows StoreのMetro StyleのアプリはX86/ARMで稼働

NTで存在していた X86/Alphaサポートを思い出させる。
X86版とARM版ではDesktop Style(従来のアプリ)はバイナリ互換なし。
まあでもそうだわな。アーキテクチャ違うわけだし。
過去の資産が生かせないWindowsって全然魅力的でないとは思うが。
X86をエミュレーションするWoWでも乗っければバイナリ互換は可能だろうが
ARMにWoWは荷が重そうな感じね。逆は出来そうだけど。
しかし、結局どちらかが淘汰されて終わっちゃうよね。マルチサポートって。

わざわざWindows 8がARMをサポートしつつMetroに対応するとなると
CE系のWindows Phoneは捨てる気なのかと思っちゃうね。
噂レベルでは次期Windows Phone (Apollo)はNTカーネルがベースになるとも
Windows Embedded Compact 7ベースでNTカーネルでないとも言われてるんで。

AndroidはHonycomb出したりIce Cream Sandwitchで統合してみたり
軽く迷走気味なんでWindows 8にチャンスがない訳じゃないんだろうとは思うが。

たとえば、ARM版Windows 8においても従来通りActiveDirectoryの管理下に入って
きちんと管理されてくれるなら企業向けにタブレット導入も断然アリだし。
Androidタブレットを企業のネットワークに乗せるのは結構怖いし。
ドメイン管理下に入れて企業向けのウィルス対策ソフトがX86/ARM両対応で
どちらでも同レベルでサポートしてくれるなら問題なしかと。

しかし、今後はアプリ開発も難しくなりますなあ。
WindowsアプリはとりあえずMetro Styleで作っとけ!な感じ?
詳しく見てないけどMetroってXAML使うのよね?きっと。
XAMLってなんだか苦手なのよねえ。
前の10件 | - ソフトウェア ブログトップ