So-net無料ブログ作成
検索選択

arrows Be F-05J 6月1日に発売 arrow M04のベース? [携帯]

ドコモの夏モデルが発表。中でも、arrows Be F-05Jに注目した。

ドコモ、2017年夏モデル8機種を発表

「arrows M03」のベースは、arrows SV F-03H
arrows SV F-03Hの後継がarrows Be F-05J。
登場するであろうarrow M04は、この端末がベースになると思われる。
6月1日発売。実質価格で2万円台半ば。

スペック
CPU Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz ×4
MEM 2GB
ストレージ 16GB
SD SDXC 256GB
画面 5.0インチ 720×1280液晶
OS Android 7.1
カメラ メインカメラは約1310万画素 インカメラは約500万画素
防水・防塵仕様(IPX5/7、IP5X相当)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1
ワンセグ、おサイフケータイ対応
microUSB
バッテリー容量 2580mAh
大きさ 約144×72×7.8mm
重さ 約141g

んー。。。
見る限りガッカリスペックですか。F-03Hと何が変わったんだろうかと。
海外勢だとSoCに430を載せてきたり、画面がフルHDだったりと
ミドルエンドでも最近かなりスペック上がってる感あるけど
基本性能はM02時代からほぼ横ばいですかねえ。
OSが上がった程度ですか。

国内勢に期待するよりファーウェイあたりから
おサイフケータイ対応機が登場されるのを期待した方が
まだ期待できそうな気がしてきますが。
このスペックでarrows M04が出てくるなら、
まあ普通にいらないかな、と。

在庫処分のために更に値下げされるであろうarrows M03でええやん
となりそうです。どっちかというと新製品が出る事で
MVNO取扱いのarrows M03が値下がってくるかの方が気になる位。

しかし、ドコモの新製品もつまんなくなったなあと。
XperiaにGalaxyにAQUOSにarrowsですか。
恐ろしい程変わり映えしなくてつまんない感じでw

タグ:arrows Be F-05J

auスマホはじめる割 [携帯]


auがガラケーユーザー対象に割引特典を「スマホはじめる割」として拡大。
パケットが「データ定額1」一択だったのが「データ定額3」「データ定額5」も
選択可能になったのと、対象が拡大されたのが今までとの違い。

対象
・3G携帯電話の端末利用期間が26か月目以上のユーザー
・他社携帯電話(フィーチャーフォン)からのMNP新規契約
・18歳以下のユーザー(申込時点で6~18歳)の新規契約

月額の合計料金(税抜)
・データ定額1 … 月額2,980円
・データ定額3 … 月額4,280円(スマートバリュー適用で3,346円)
・データ定額5 … 月額5,080円(スマートバリュー適用で3,670円、3年目以降4,146円)

このほか、適用条件を満たすユーザーが対象のauスマートフォンを購入した場合
最大30,000円を割り引く(iPhone SE等)

1GBで音声通話アリで2980円。3GBもスマートバリューありで3346円。まあ高い
MVNOなら音声通話ありで3GBで1,980円前後ってところですかね?

キャリアの場合、端末も実質0円近くまで割り引くという事がなくなりましたが、
端末は高くなった分通信料の値下げするなんて言う事もする訳もなく
ただ高くなったような印象で、特にメリットないなと思う。

どうしてもiPhone SEを一括で安く手に入れたい
というauのガラケーユーザーならまあ、という感じはします。
それでもトータルでいうと、普通にAppleから買ってMVNOで運用した方が
2年間のトータルのコスト考えると安いとは思うんですけどね。

月額はある程度高くなってもいいから
イニシャルコストは出来るだけ低く抑えたい人で
端末はどうしてもiPhone SEとかがよくて
auの回線を維持したいと思っている人で
現在もガラケーを持っている人が対象

というように恩恵を得られる人が物凄く狭い施策って感じですね。
正直、毎月の維持費をもっと安くしないと3Gの人は巻き取られないんじゃないかなと。
常時200KBの制限かかったままだけどパケット代月額780円とかね。

auの回線は番号が010時代から20年位使ってますが、
なんの恩恵もないですからねえ。脱庭も近いなと思う次第です。

VAIO Phone AがgooSimsellerで契約手数料込の2万2800円 [携帯]

VAIO Phone Aがgoo SimsellerでSIM契約手数料込みで22,800円
通常、手数料は3,000円取られるので、実質19,800円で売ってるみたいなもの。
「OCN モバイル ONE」のSIMカードとのセットでの販売で、SIMカードの
契約事務手数料が含まれている形になっている。

https://simseller.goo.ne.jp/category/OTHERS/00002VPA0511S_SIMSET.html?utm_source=goosimseller&utm_medium=topbanner&utm_campaign=vaiophone

この値段ならだいぶ魅力的だなあ。
snapdragon 617で特に新しいSoCでもなく、ストレージも16GBで少なめ。
USBtype-Cでなく、OSも6.0.1で少し古いバージョン

と、仕様周りが少し古さを感じさせるが、617なら通常の用途で問題なし
OSはバージョンが古いが素のまんまで余計なものが入ってない分
スッキリしててセキュリティの面でも挙動についても安心感がある。

Snapdragon 617は、AnTuTu 45000前後でg07+ MT6750Tの43000とほぼ同じ。
クロック数などを見てもほとんど同じなのでまあ当然っちゃ当然。
お好みでg07+を選ぶもよし、VAIOPhon Aを選ぶもよし、な感じでしょうか。


タグ:VAIO Phone A

g07+、しっかり検証した訳じゃなさそうな [携帯]

g07+のCDMA2000のDSDSは、あんまりしっかり検証されてなさそうな。
covia公式のツイッターより

https://twitter.com/covia_net/status/857545741430013952

g07+ですが、auのC2KのSIMが標準仕様に従っておらず、SIM内容が不明で、
ガラケーからのSIM更新はさらに不明です。発行直後のSIMは問題ありませんが、
MARVERAで一度使うと動かなくなります。
これもGRANTINAの復活の呪文(PRL更新)で使えるようになります。


https://twitter.com/covia_net/status/857920545026785280

au 3G SIMをMARVERAに挿して通信すると、PRL情報を故意に書き換え、
ローミングエラーを意図的に起こしています。
こういう仕様外のトリックがあるau 3Gはまさに旧世代の遺物であり、
MARVERAの呪いと名付けて取り組んでいますが、直せない場合はご容赦ください。


要約すると
・MARVERAが使えないのは分かったが原因は不明
・auの3G SIMの中身がおかしいせい。
・解析はしてるが無理かもしれない。
・GRATINAでおまじないを唱えたら直るから勘弁

みたいな所でしょうか。
なんか、これってmicroSIMサイズの端末で事前に全部してれば
事前に分かったような気がしますが。事前に確認取れた端末とダメな端末で
積極的に情報開示したうえでリリースしてれば印象違ったかなあ、と。


どの端末のSIMからでも行ける風な触れ込みでしたからねえ。
まあまあ、端末としては頑張ってる印象だし、auの実装が変なのも承知なんだけど
謳い文句にする位ならもうちょっとどうにかしてほしかったかなと。
でもまあもう少し検証積み重ねてからでもよかったと思います。

そもそもが安い端末なんで、GRATINA SIM対応だけでも立派なんでしょうけどね。
という事でもうちょっと様子見。
タグ:g07+

au、フィーチャーフォン+タブレットで料金が3980円~ [携帯]

au、フィーチャーフォン+タブレットで料金が3980円~
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1056541.html

auがガラケー、ガラホユーザーに対して割安なタブレット専用プランを
利用できるようになるキャンペーン「ケータイ・タブレット一緒deおトクパック」
を実施。開始は4月26日から。

ガラケユーザーの場合、別途スマホやタブレット等2台目を持つことが多いので
2台目はMVNOでなくでうちで買ってね!みたいな事をしたいんだろうと思われる。
なお、ガラケー持ちの場合、通常は単体契約でLTEフラットの契約になるので
キャンペーン適用外の場合は別途5,700円/月(7GB)となり、だいぶ高い。

○条件
・3Gケータイ、4G LTEケータイ
・ダブル定額系プランを利用しているユーザー

○対象のプラン
・ダブル定額Z(ケータイ)
・ダブル定額(ケータイ)
・ダブル定額スーパーライト
・ダブル定額
・ダブル定額ライト
※プランEシンプルが対象外かどうかは明記がなく読み取れない。

○タブレットプランcp (2GB・3年契約)
・3年契約。4年目以降自動更新
・2GBプラン
・ガラケーのプランを変更するとキャンペーン終了し高いプランへ変更が必須となる。
→要は3年契約でガラケーのプランもその間縛られる。

○感想
なんか微妙。縛りが長すぎる感。値段も別に安くない。
キャリアのプランでも一見安いプランが多くなってきましたが、
結局はトータルだと高いって多いですからねえ。

ガラケーの2年縛りとは別に、タブレットの3年縛りもかかり、
なおかつ、ガラケーのプラン変更も3年縛られる事になるので、
だいぶ長く縛られるなあと。
3年も縛られる上に2GBプランで2,480円でしょ。普通に高いですよw

MVNOなら3GBでも980円とかであるはずなんで、1,500円位高い。
年間で18,000円。3年で54,000円余計に払ってる計算になる。
これ、AppleからCellularモデル買える値段(52,800円)ですし。

iPadの場合、毎月割併用だと実質0円近くまで割引が発生するはずなんで
毎月割が適用されるのが前提で、AppleからSIMフリー版購入した時と
3年間のトータルでは「だいたい同じくらい」になる計算なるように計算してるんじゃないかと。
でも、縛られる代わりに割り引くなんて気持ちはなさそうだし、メリットを感じない。

キャンペーン適用すれば、頭金0円で気軽に始められますね!
っていうだけで、料金的なメリットは特に無いものと思った方が良さそう。
まあそれも、Appleの分割手数料0円キャンペーンが行われてる間に買えば
良い話で、無理にauにお布施払う必要ない気もしますけど。

データも2GBで上限かかるなら大して魅力ないかなと。
Android機の場合、一括0円なんかでばら撒かれてるのもありますが
元々の端末が安いので、敢えて縛られてまでauで買うメリットはなさそうで。
Qua TabとかAmazonで白ロム売ってたりするんでそれ買った方がよいかとw

見る限りだと、ガラケー側のプランにも制限あるようだし
普通にSIMフリーのタブレット買ってMVNOのSIM契約した方が
分かり易くて、手っ取り早くて、安いですし。

今ガラケーの人は、そもそもスマホタブレットに興味ないか、
既にMVNOで2台目運用してますよね。どっちもこれじゃあだめなんじゃw
前者の場合、どんなキャンペーン打っても買ってくれないし
後者の場合、既に色々知識もってて料金的には詳しい訳なんで
どっちにしても魅力的なプランには映らないと思われます。

縛りが長すぎるのと、料金プランがもう一声安くないと魅力ないのと、
対象のユーザーが狭すぎるのとで、色々微妙に映りますねえ。

iPad Proを0円で配ってくれるっていうならアリっぽいですが
そもそも、GRATINAをプランEで1,000円運用してるユーザーにとっては
全然関係のなさそうな話でしたw

税抜 1万円の激安端末 FLEAZ Que(CP-L45s)発売 [携帯]

Coviaが、メーカー直販価格 13,800円、goo Simsellerで9,800円の端末を発売。
スペックはかなり割り切り仕様。Amazonからも1万円で買えます。

http://www.fleaz-mobile.com/que/index.html

Covia Fleaz Que(CP-L45s) ブラック 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM)

新品価格
¥10,584から
(2017/4/21 19:35時点)




SoC MediaTek MT6735A(A53 1.3GHz ×4)
MEM 2GB
画面 4.5インチ 480×854 IPS液晶
ストレージ 16GB
SD SDXC(128GB)
SIM micro SIM
WiFi 802.11 a/b/g/n (5Ghz対応)
LTE:B1/B3/B19
WCDMA:B1/B6
OS Android 6.0(7.0アップデート予定)
メインカメラ 500万画素

というところで、激安。
激安端末は、gooから販売されているg06なんかもあるが、
メモリ、ストレージ容量、Wi-Fi 5Ghz対応、SDXC対応など、
シッカリしてるところはしっかりしてる。

CPUは現在世代のエントリー向け。A53 1.3Ghz×4なんで
まあまあ・・・速くはないが・・・ってレベル。
スマホゲーは動かない事はなさそうだが、なレベルか。
画面が小さい事以外は意外とあり。OSも上げるつもりもあるらしいw

現在、WPJ40-10でWVGAを使ってる身としては、意外とこまらないが
Androidでアプリが山盛りにある環境だと、状況違うかもしれませんね。
昨今のアプリがきちんとWVGAに対応するか不安なところはある。
最近は、ほとんどがHD以上だったりしますものねえ。

ちなみに、激安端末WPJ40-10は、液晶の輝度が低すぎて
昼間太陽が出てる環境だとまったく見えないですからねw
また画面のコストを抑えているならタッチの性能は期待できないかもしれない。
ある程度ここは覚悟必要かもしれない。

また、カメラ500万画素は、体感では保存用としては常用に堪えない。
あくまで画像メモ程度にしか使わない人向けだと思われます。
そこ以外はしっかりしてそうなんで、スマホでコストがかかってるのって
CPU、画面、カメラなんだなあと改めて感じます。

この値段なら「1年弱で使い捨ても上等」な感じで購入してもアリかも知れない。
タグ:FLEAZ Que

g07+のDSDSが、auガラケユーザーの期待の星とならなそうな予感 [携帯]

gooのスマホ g07+のDSDSは、CDMA2000対応でauのガラケー SIMで
DSDSが可能な端末として注目していますが、
掲示板の報告では、やはり少し残念な仕様のようです。

-----------------------------------------
347 :
2017/04/15(土) 18:17:02.46 ID:HKPgsh7tM
>>345
4gじゃなく、3gガラケーSIM
非グラティナだとアンテナが立たない

あくまで今のところの話ですが
-----------------------------------------
384 :
2017/04/15(土) 20:55:57.58 ID:HKPgsh7tM
>>383

マーベラKKY008に入れてるmicroSIMです

グラティナ2のSIMはすんなりつかえたが
マーベラのはだめたった。

ただし、マーベラSIMではシム設定画面にすると真っ暗で反応もなくなるからこの機体がハズレやった可能性ある
-----------------------------------------

以前より、Xiaomiの端末でDSDSが可能だという報告例が上がってましたが
「GRATINAでPRL更新したSIMしか認識しない」という報告がなされており、
そのほかの端末を所有している人にとっては、そこら辺の「おまじない」
g07+でも必要かどうか、という点が報告待ちだったんですが、
グラティナでおまじないしたSIMしかDSDSに対応しない
と、いうのが、現在の状況。Xiaomiの端末同等。

よって、それ以前の古い端末を持っている人の場合
一度GRATINAに機種変更する、という手順が確実そう。

MARVERAが×というのは数人報告が来てるようです。
GRATINAだけ○なのか、MARVERAだけ×なのか、
そこら辺ははっきりしませんので、引き続き報告待ちというところでしょうね。

それ以前の標準サイズのSIMの場合、サイズ的に無理ですがw
標準SIM場合、時代によりバージョンがふたつありますが、
SIMカッターで無理やりサイズカットした場合に行けるかどうかについては
現状報告まちのようす。

と、いうことで自分の通話端末GRATINAなんで自分としては問題なしだけど、
やっぱりグラティナSIMだけOKな「最低ラインはとりあえずOK」なレベルかなと。
今後対応が強化されるかもしれないし、逆にauが対策してくるかもしれませんが
CDMA2000のDSDSについては、過度な期待は禁物、ってところですかねぇ。

まーでも、仮におまじないアリだとしても、きちんと技適通ってる端末で
au 3G SIMとMVNOのDSDSがきちんと動くというのはこの端末一択な訳なんで、
2万円で対応して来ようとしたチャレンジ製品は買いたいところ。

てか、これがコケるとCoviaから新製品でなくなるかもしれませんしねw
少なくとも、グラティナSIMは行けるっぽいようなので、アリですかね。
ただし、今買っても届くの5月頃のようなんで、焦らず待つ方が吉でしょうか。
タグ:g07+

5.5型の「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」、4月15日に発売 [携帯]

ZenFone 3 Maxに5.5型が追加された模様です。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/12/news086.html

5.5型追加といっても、SoC、ディスプレイ、メモリ、カメラ
と、まるっきし別物な感じ製品。

ASUSの場合、同じブランドでもグレードによってSoCがまるで違う
みたいな事をするので、型番まできちんと見ないといけないのが
なかなかまどろっこしい感じで。
上位はSnadragon投入するが下位は割り切ってMediaTek
というパターンは何度か見た気がしますw

既存のZenFone 3 Max(ZC520TL)との主な差は
SoC MediaTek MT6737(A53 1.3Ghz × 4) → Snapdragon 430(A53 1.4Ghz × 8)
MEM 2GB → 3GB
画面 5.2インチ 720×1280ピクセル → 5.5インチ 1080×1920ピクセル

無線LANはIEEE802.11b/g/n止まりという点は同じ。
4100mAhの大容量バッテリー搭載な点も共通。

性能は一段上になった感じですね。印象がだいぶ良くなりました。
画面も大きければ大きいほどよいとおもっているので。
ただし、値段も19,800円 → 27,800円へアップ。

27,800円と聞くと、最近のモデルではまあ普通・・・といったところ。
まあまあ良いけど、特にびっくりもなく。A53×8だし。
バッテリーがタブレット級っていう点は素敵なんで
そこに魅力を見いだせれば、あるいは、ってところですか。

元々、台湾ではZenFone 3 Maxとして2グレード元々発売済のようで
日本では遅れて上位グレード投入?となってた模様です。
最初にどっちも出すんじゃダメだったの?という感じで。

スペック的にはnova liteに近いかなと思うんですが、
Wi-Fi弱いならnova liteで良いかなというのが素直な感想。
3万円級ならもっと他行くかなあ。
タグ:ZenFone 3 Max

VAIO Phone Aは、ほぼ素の状態らしい [携帯]

本日発売の「VAIO Phone A」の使い勝手を確かめる
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1053582.html

VAIO Phone Aは、VAIO Phone BIZと基本いっしょ。
ただ、OSが変わっている事と、OSが変わった事に伴うDSDS対応といった点。
外観はVAIOっぽくていいけど、Windows 10 Mobileじゃなぁ・・・
と思っていた人にならアリなんじゃないだろうか。安いし。

昨今の普及価格帯はすっかりオクタコア化してて
VAIO Phone Aも特に目立ってる感はなくて至って普通なので
スペック的には、まあ特にどうという事もないかなと思いますが。

個人的には、OSが素のままで一生消せないオリジナルアプリや
変なカスタマイズが入ってるでもない、ピュアな環境というのは惹かれる。
一生使わないし無効にも出来ないアプリってありますからね。
同じ機能が、Google製とメーカー製で二つ載ってるなんてよくあります。
ファーウェイのアプリの中には、思いっきり簡体字のIFになったままで
使える使えない以前の状況だったりする時もありますしw

値段的には、nova lite、g07+よりちょっと高い。
同じ値段帯なら選ぶと思いますが、2万越えならg07+選びますかねえ。

ちなみに、ハードはそのまんまなのに、VAIO Phone BIZの方が高いんですよねw
どっちかというとVAIO Phone BIZの方が明らかに売れないんだと思うんで
もっと叩き売り価格にして処分しないと在庫捌けないんじゃ、とか思いますが。
VAIO Phone BIZ, MADOSMA Q601はだいぶ安くなったけど
もっと値段落ちてこないかなあ、と思います。

蛇足
国内Windows 10 Mobile搭載機の投げ売りが物凄いですが、
Snapdragon 600番台のサポートが切られたから、メーカーが投げ売りしてるらしい。
ですが、さすがに既存製品のサポートは継続はするんじゃあないかな、と。
Elite x3は廉価版を発売予定で、800番台は安泰のようですしね。

元々、Continuumは800番台が要件だったのが、VAIOやNuAnsがねじ込んで
600番台も追加でサポートする事になったいきさつがあるようですから、
何処かのアップデートで、600番台のContinuumが使えなくなるとか
その程度の事は十分あり得そうな気はします。
予定では、Creators Updateでマルチウィンドウ対応に対応する予定だそうで
ここら辺の機能追加に合わせて、600番台はガッツリ切られてるのかもわかりませんね。

Continuumが使えなくなるだけなら、個人的には何も問題なし、ですかね。
なので、MADOSMA Q601あたりがもっと値下がりするの期待。

タグ:VAIO Phone A

goo g07+は、3G SIM行けるっぽい [携帯]

g07+について

coviaの公式回答(?)っぽいつぶやき。
https://twitter.com/covia_net/status/847471358657273858

3G SIMでもイケるっぽい事を言っている。
掲示板の人柱報告待って行けそうなら突撃してしまおうかな。。。
なやむw
タグ:g07+