So-net無料ブログ作成
検索選択

NifMoでnova lite購入を(相当真剣に)検討する [携帯]

家族の進学を期にキャリアのガラケーからスマホへの
機種変更を検討したのですが、どうにもこうにも維持費が高い。
仮に、どうにか端末を一括0円級でゲットできたとしても、
最安プランで2,980円とかその程度。端末代込にすると、
どうがんばっても、4,000円~5,000円程かかるようになってます。

ので、丁度3月のキャンペーンはってるMVNOたくさんだし
(MNPでなく)新規で回線追加してそっち使ってもらおうかと考え中。
で、NifMoが今キャッシュバックのキャンペーンやってて、
音声プランでスマホセットを契約すると色々得っぽい。

楽天モバイルも安くて良かったんだけど、
nova lite扱っててキャンペーンが魅力なところというと、NifMoがよさそうで。
楽天は楽天で、ZTEの端末が1,000円しないとか魅力なんだけど。
端末をえらばなければ






○キャッシュバック
データ通信プランにより、最大 8,000円~20,000円。
データ通信の契約だと8000円、音声通話のプランだと12,000~21,000円

音声+3GBで、1万円100円キャッシュバック
音声+7GBで、1万円100円キャッシュバック
音声+13GBで、2万100円キャッシュバック
データ通信のみだと、8,100円キャッシュバック

○対象機種
HUAWEI nova
HUAWEI nova lite
arrows M03
ZenFone 3
ZenFone 3 Laser
HUAWEI P9lite

○専用アプリインストール
専用のアプリインストールとログインで料金から1,000円引き(1回限り)
申し込んだ翌々月末日までに「NifMo バリュープログラム」+「My NifMo」を
インストール&ログインが必要。

○端末セット
スマホセットで申し込むと、データ通信プランの料金を上限として
24ヶ月間毎月200円割引される「機器セット割」が適用

3GBプラン … 900円 → 700円
7GBプラン … 1600円 → 1400円
13GBプラン… 2800円 → 2600円

なので、音声+13GBプランとなると、最大で23000円のキャッシュバック
nova liteを購入すると端末代以上のキャッシュバックがある計算。

仮に、音声+3GBで、nova liteを購入するとして
面倒なので、税抜で計算をすると

音声プラン 700
データ通信 3GB 900
機器セット割(nova lite)-200
-----------------------------------------
計 1400(24ヶ月)

huawei nova lite 18889
キャッシュバック キャンペーン -10100
アプリインスコ -1000
-----------------------------------------
7,789円(実質)

24ヶ月使ったとして(1400*24-700 ) ※初月は無料
32900 + 事務手数料 3000 = 35900
端末代をふくめると、合計 43,689円

24カ月で割った月単位のコストは
43,689 ÷ 24 ≒ 1820円

※あくまで参考値。「だいたいこんなもん」程度です。

キャリアだと2年のランニングコストがどう頑張っても
10万円(月4000円程度×24ヶ月)かかったりしますし
やっぱインパクトは大きい。


端末については、Zenfone3ももちろんステキなんだけど、
Zenfone3は同一仕様のモデルなのに日本だけ高いという不遇ぶり(おま国)で
そこら辺から軽く心証が悪いので、どっちかというnova lite選びたい。
SoCのスペック的にはどっちも拮抗してるようですしね。


○注意点
ただし、即キャッシュバックがあるわけではない。

・機器到着月を含む6ヶ月目までにNifMo解約
・データ通信プランを契約時より容量の少ないプランに変更(7GB→3GB)した場合
・音声の場合、最低利用期間の縛りがあります(翌月から6カ月経過)。違約金8000円


とまあそんな感じで、当然ながらキャッシュバックする代わりに縛られてネ!
というキャンペーンですが、実際振り込まれるのが8か月後なので、そこまで維持してれば
いいだけなんで、目が痛くなるほどに細かく書いてあるキャリアの条件文よりは、
随分落とし穴すくない印象。

NifMo的には1年位まるで利益でないんじゃないかと思うけど
それでも契約数確保した方が色々とメリットおおきいんでしょうね。
まんまと巻き取られる事にします。

買っちゃうかなー、というか買うと思います。といっても自分の端末ではないですが。
あとは元々のキャリア(au)の契約どうするかですね。2年近く更新まであるんですよねぇ。
寝かせてMNP弾・・といっても旨味少なそうですし、2年後そのまま解約しちゃおうかしら。
タグ:Nifmo nova lite

WPJ40-10と充電機能の変な動き [携帯]

WPJ40-10を充電してると変な動きになる様子。
電源は入っている時(OSが立ち上がっている時)はおかしい所はないが
電源OFFで充電しているとなんか変。

電源OFF → USB接続 → 充電開始
となるところまではよいが

充電完了時、「完了した」っぽい画面がつきっぱなしで何時間も消えない。
そのため、一晩そのままだったりすると、画面がつきっぱなしのせいで
バッテリーを消費してるっぽく、立ち上げた時に「残り5%」だったりする。

IS12Tを使ってる時は、強制的にOSが立ち上げるような動きだったが、
OSが立ち上がってないときちんと管理できない、というのであれば
似たような動きをしてほしい所。
というか、完了時の画面はつけっぱなしでそのままにするのはいかがなものかと。

それ以外はまあまあ、普通に使えてる。
アプリが少なくて出来る事が少ないのが欠点だけど、
少ない分低スペックでもさして困らないという。

そんなかんじでございます。
タグ:WPJ40-10

NifMo 3/1よりSIM単体申込のキャンペーンを強化 [携帯]

3月に入り、NifMoがSIM単体契約を強化
NifMo基本料金が最大3カ月無料、プランにより最大15,100円キャッシュバック




<NifMo基本料金>
  データ通信プラン料
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・ 3GBプラン   900円/月(税抜)
  ・ 7GBプラン  1,600円/月(税抜)
  ・ 13GBプラン  2,800円/月(税抜)

  契約タイプ料
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・音声通話対応  700円/月(税抜)
  ・SMS対応    150円/月(税抜)
 
 <SIM単体 キャンペーン特典>
  特典1 NifMo基本料金最大3カ月無料(利用開始月 + 2カ月)

  特典2 キャッシュバック
      SIM単体 音声通話対応タイプ 13GB   :15,100円 現金バック
      SIM単体 音声通話対応タイプ 3/7GB  : 5,100円 現金バック
      SIM単体 データ通信/SMS対応 3/7/13GB: 3,100円 現金バック
      ※1.1GBプランは対象外です。


 <キャンペーン期間>
  2017年3月1日~2017年3月31日まで

 <条件>
  音声通話対応の契約タイプを契約する場合、6か月未満だと違約金8000円が発生
  機器到着月を含む6カ月目までに解除した場合は対象外
  6カ月目以内にデータ通信プランをご契約時より容量の少ないプランに変更した場合も対象外


と、言う感じ。

事務手数料が3,000円なので、データ通信のプランなら6カ月持ってるとその分キャッシュバック。
なので、最初の3か月無料ということで、6カ月で 900円 × 3 = 2700円で運用可。
13GB + 音声の場合だと (2800+700)×3+700×3+3000 =15,600円
がかかる費用なので、半年間持ってるとまるまるキャッシュバックされる計算となりますね。

SIM単体の場合、元々が単価が安いので、こういうキャッシュバックやキャンペーンを利用して
移るのもアリかなと思う次第。音声の契約する気なら、このタイミングで変えればお得感ありますね。
たぶん春商戦に合わせてるんだと思いますが。

音声プランなんて別に要らないけど、まるまる帰ってくるって分かってるなら
13GB + 音声で契約しちゃおうかしら、とか思ったりしちゃいますね。
タグ:Nifmo

HUAWEI nova liteに非常に惹かれる [携帯]

HUAWEI nova liteに非常に惹かれる

○スペック
CPU HiSilicon Kirin 655(Cortex-A53 4+4コア 2.0GHz+1.7GHz)
RAM 3GB
OS Android 7.0
画面 5.2インチフルHD(1920 × 1080)
ストレージ16GB
SD sdxc 128GBまで
カメラ メイン 1300万画素、フロント 800万画素
バッテリー 3000mAh
Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz) ※5Ghz非対応
サイズ 147.2 mm x 72.94 mm x 7.6 mm
重さ 147 g
Bluetooth 4.1
指紋認証センサー搭載
sim nano SIM × 2(非DSDS)

Kirn 655(Cortex-A53 4+4コア 2.0GHz+1.7GHz、GPUはMali-T830 MP2)は
Mate S、P8maxと同等でプロセスルールが微細化された版のような立ち位置。
昨今の端末だとミドルローあたりを狙う構成なんでしょうか。
発売当時ミドルハイを狙った端末と大体同じ位の性能だし
3Dゴリゴリのゲームでもしない限り問題はなさそうな。

au系のSIMは不可。DSDSにもVolteにも非対応。
novaとの差別化ポイントはそこら辺の様子。その分安い。
他にも、ジャイロセンサーなし、Wi-Fi 5Ghz帯非対応など
センサーやら通信関連でわりきり仕様がチラホラみえるが、
CPUや画面やメモリと言ったところの基本仕様はしっかりしてる。
個人的には、携帯ってほぼデジカメ替わりなんで、画素数高いのも良い。

なにより安い。これで2万円以下。

MVNO向けで各社価格はそれぞれ。キャンペーンでいきなり値引きする所もある。
基本的には1万9800円位の値付け。goo SimSellerが1万4800円とかで販売開始
したようですが、早速売り切れの模様。

すさまじいコストパフォーマンスですね。
ASUSが最近高い印象があるんでそれに比べるとさすがファーウェイ
ってところですかね。ものすごい数捌く前提で作ってそうですが。

気になるマイナスポイントはちょいちょいあれど、これなら問題なしかと。
goo SimSellerはこの値段でずっと売る気なんでしょうか。利益でてんのかね。
1万4800円ならさっそくポチりたいところです(売り切れですが)

※補足
goo SimSellerの5,000円引きセールは3/22までで、既に瞬殺されてるんで
次在庫が戻ったら19,800とかになってそうですね。

タグ:nova lite

フランス発スマホベンチャー・Wikoが日本参入、「Tommy」2月25日発売 [携帯]

フランス発スマホベンチャー・Wikoが日本参入、「Tommy」2月25日発売
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1044060.html

フランスのベンチャー企業 Wikoがオリンピックを睨んで日本に参入らしい。
これから日本にやってくるヨーロッパ系人がターゲットなのでしょうか?
5インチでHD画質液晶で、Snapdragon 210、2GBと、ごくありふれた格安端末な印象。
無線LANはIEEE802.11b/g/nで11ac非対応という点でも安さを感じる。

HUAWEIが nova、nova liteを発表したところですが
これに比べるとコストパフォーマンスの面では随分劣るなあといったところ。


でも、色遣いが特徴的な印象。見た感じの質はなかなかよさそうだとの話
「フランスメーカーの端末持ってるよ」という言いたいがための
ネタ的な要員というところですかね。
(送料・消費税込で)1万円切りをして来たらまあ、という感じですか。
HD液晶、Snapdragon 210だとHUAWEI Y6とか近いが、
HUAWEI Y6はもう1万1千円前後の価格ですし、もう一声ですかね。

【日本正規代理店品】HUAWEI Y6 (Android5.1 EMUI 3.1/5.0インチHD/800万画素/Qualcomm? MSM8909 4コア(1.1GHz)/ MicroSim? / ホワイト SCL-L02-WHITE

新品価格
¥11,450から
(2017/2/23 09:19時点)




まあしかし、おフランスが日本に参入しても旨みすくなそうだけど
格安機=中華一択みたいになるのもつまらない限りなので、がんばってほしいところですな。
タグ:Tommy

SIMのサイズ変更を検討中 [携帯]

現在、DMMモバイル契約中。SIMのサイズはmicro SIM。
SIMのサイズを変更しようかと思っていたりする。
何故かというと、最近はnano SIMが増えてきているから。

Meidapad M2 8.0の乗り換え先の候補になりそうな
SIMフリーな8~10インチ程度のタブレットで検討してみると

MediaPad M2 8.0 micro SIM
MediaPad M3 8.0 nano SIM
ZenPad 3 8.0 micro SIM
ZenPad 3S 10 LTE nano SIM
iPad mini 4 nano SIM
iPad Air2 nano SIM


のようになる。手数料をケチって端末を選ぶとすると
ZenPad 3 8.0一択になってしまう。
ZenPad 3 8.0も別に悪くはないのだけどね。

端末的には、M3は良さそうに思うんですよね。
サイズ的に4:3でなく16:10な縦長タブレットを所望する自分。
メディア再生機としても使う事多いもんで。
電子書籍的には、4:3が良いというのは良く聞くので
やっぱ、ZenPad 3 8.0良いかな、とも思うんですけどね。


で、お値段としては、DMM mobileは可能だが3000円かかる。
要は、新規でサイズ違いのカードを発行するからね!って事みたい。
新規で送ったあとに古いのは変更してくれ、と。

DMM mobile契約途中で、SIMカードのサイズを変更できますか?

まあ、それを考えると、どこか別のMVNOでキャンペーンやってる時に
乗り換えちゃうとか、楽天モバイルで端末セールしてる時に
端末とセットで変えちゃう、なんてのもアリかもわかりませんけども。
事務手数料考えると、やっぱ無駄な出費の無いZenPad 3 8.0いいかなー

タグ:格安SIM

UQ mobileが初のガラホ DIGNO Phone発売 [携帯]

UQ mobileがガラホを発売。DIGNO Phone。
聞きなれない端末だ、と思ってたらまんまGRATINA 4Gですね。
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/digno-phone/function3/index.html
要は、GRATINA 4GのUQ版。au関連の不要なサービスが削られた版なので
これはこれでアリかもわかりませんね。

CPU Snapdragon 210
RAM 1GB
画面 3.4インチ 854×480ピクセル 液晶
ストレージは8GB
SD microSDHC(最大32GB)
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n (5Ghz帯非対応)
Bluetoorh 4.1
防水(IPX5/8)、防塵(IP5X)、耐衝撃(MILスペック)
おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ
大きさ 約51×113×16.7mm
重さ 約130g
カラバリは、ホワイトとグレイ

GRATINA 4Gは、Google play非対応。DIGNO Phoneも非対応。
GRATINA 4Gの場合、メールというとキャリアメールの送信機能をさしているが、
DIGNO Phoneだと、@uqmobile.jpのメール機能っていう感じになるんでしょうか。
普通にGmailのアプリのっけてくれたら素晴らしいけど、UI的には辛いですかね。

(自分のように)3G回線を維持する人というのは
キャリアの家族観通話などを欲してる人らが多く、
通話用回線は敢えてMVNOに移らず3G維持してる、
という人も多いんだと思うので
GRATINA 4Gではない、DIGNO Phoneにどれだけ需要あるのかな、とは思います。
MVNOなら格安のプラン契約して、普通に格安のSIMフリー機買ったほうが簡単だし。

機能はシンプルだっていっても、もうちょっとカラバリ増やしてほしかったところ。
グレーと白だけとか、やる気あんのかとは思いますが。
UQ Mobileは、iPhoneの取り扱いを始めた時も、本家(au)と競合しないよう
敢えてiPhone SEでなくてiPhone 5sを準備するとか意識はしてるようですし
敢えてしてるのかもわかりませんが、本家食う勢いのワイモバイルと比べると
ちょっと弱い印象。おサイフの機能が載ってるので、
これはこれで数少ない対応機としては貴重かもわかりません。

なお、ガラホに関しては、キャリアのプランも(今のところ)罠は少なく
データ定額が強制ではなくなり(プランの選択によるが)安く抑えるのも可能。
スーパーカケホ(ケータイ)+ダブル定額Z(ケータイ)なら、(一応)0円スタート
なので、モバイル通信OFFでWi-Fi運用のみ、というのも不可能ではない。
ガラホで良い、という人はやっぱり敢えてMVNOを選ぶ程ではないんかなと。
スーパーカケホ+ダブル定額Zだと一応毎月割も適用されますしね。

GRATINA 4Gだと、本体価格は

GRATINA 4G 本体価格37,800円
毎月割 -750×36ヶ月 = 27,000円
-----------------------------------
37800-27000 = 10,800(実質)

という感じ、それなりに台数が出ていて元は取れてるであろう
GRATINA 4Gの使いまわしなら、1万円は無理としても
37,800円以下で出て来てほしい所ですか。

折りたたみ特有のところでコストはかさみそうではありますが、
スペック的には3万後半の端末じゃねえだろ、という印象ですし。
こういうハードキーを持ってる折りたたみ型の端末を作れるところも
殆ど撤退済で似たような機種ばかり、というのも寂しい話ですね。
arrow M02, M03のように、NECやカシオがMVNO向けのガラホで再参入
とかないでしょうかね。



au、フィーチャーフォンの取り替えを促進する「おたすけギフト」リニューアル [携帯]

ガラケー所有者向けのau STARのおたすけギフトが2月から内容変更
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1040760.html

変更前)
機種変更手数料 3,000円無料+毎月割増額で「実質」割引

変更後)
対象のガラホ(Android フィーチャーフォン)への機種変更で本体割引 + 共通ACアダプタプレゼント(900)円

○条件
・au STAR会員
・同一の、3G フィーチャーフォンを49カ月以上契約している

○対象
AQUOS K SHF33、GRATINA 4G、かんたんケータイ KYF32

○感想
みたところ、「実質」で縛っていたのが、分かりやすく割引になったのが違う。
毎月割増額だと、パケット定額プラン必須で、36か月(ガラホは3年)維持してないと
恩恵を受けられないなど、縛りも多かった。これが緩和されたのは大きいと感じます。

2月以降は、一括の支払でも恩恵が受けられるようになる。
毎月割を諦められるのなら、一括で支払ってパケットプランを外して
限りなく維持費を安く抑えてガラホでwi-fi運用、という事も不可能ではない。
ただし、割引額がどうなるかは不明。

ここ数年、特にLTEに移って以降はソフトバンク商法の後追いをして
守銭奴ぶりがひどくて、プランやキャンペーンがただし書きだらけ
なんてことがよくあるけど、ほんのちょっとだけ改善された気がする。
実際はじまってみないとわかりませんが。

所有している3G回線について、3G停波まで頑張るか
49ヶ月まで我慢してガラホに移るか迷いどころですな。

NTTX StoreでWindows 10 Mobileが4980円 [携帯]

JENESIS HOLDINGSのWindows 10 Mobile端末が投げ売り価格


画面解像度もストレージもSDカードの最大容量も
全部それなりの二世代前位の印象のある端末
なによりも、もう上がり目のない死んでく運命であろうWindows 10 Mobile
だけど、4,980円。

4インチ 800×480で今さら感が半端なく
SoCは、Snapdragon 210。メモリ 1GB。
ゲームをゴリゴリと、というのは無理そう。
ちょっと重たいWebページもきっと無理。

いくらモバイル向けといってもベースはWindows。
昨今のデバイスが4GBを載せようという時代に1GB
サクサク快適、とはいかない。

内蔵ストレージは8GB。microSDも32GBまで
いろんなものを持ち運ぶのは難しそう。
でも、4,980円。


音楽プレーヤーとしてはアリなんでは?と思ったり。
Windows 10とWindows 10 Mobileは親和性高い。
キチンと認識されてエクスプローラでサクっとファイルをコピーすればよし。
この気軽さは結構ありかも知れない。


安めのプレーヤーっていうと
iPod Shuffleがあるが、あれは2GBしかなく容量が不安
それ以外となると、MP3しか対応しないとか、聞いたことのない
中華企業だったりと色々と問題が多く、WalkmanやiPod nanoは地味に高い。
Walkmanは、安いのでも1万円位?

Apple iPod shuffle 2GB 第4世代 2015年モデル ブルー MKME2J/A

新品価格
¥5,646から
(2017/1/5 22:03時点)





まあ
Windows 10 Mobileにこだわらなきゃ
同じ価格帯の端末っていっぱいありますし
そもそも未使用の古スマホで良いだろというね。

楽天モバイルキャンペーン中 [携帯]

楽天モバイルが、年末年始のキャンペーンなどをやっており
なかなか安い感じになっています。




通話SIM契約だと、全体的に端末の割引額は多め。
ただし、通話SIMは1年の縛りがあり、トータルだとそんなに安くない。
素直に端末買った方がよさそうな値段になる。

データSIMだと、最低使用期間の縛りが半年で、
物によってはだいぶ安い。例えば

1)ZTE BLADE E01
ZTE BLADE E01がデータSIM(最低6か月)だと本体 5980
ベーシックプラン SMSなしで維持した場合
5980 + (525 * 6) + 3394 = 12,434(税抜)

アマゾンだと、13,890円位

ZTE SIMフリースマートフォン ZTE Blade E01 ブラック BLADE E01 BK

新品価格
¥13,890から
(2016/12/8 21:17時点)




2)arrow M02
Arrow M02がデータSIM(最低6か月)だと本体 8980
8980 + (525 * 6) + 3394 = 15,524(税抜)

→ アマゾンだと、25,000円位

(SIMフリー)arrows M02 Black

新品価格
¥25,000から
(2016/12/8 21:18時点)




※半年で即解約、事務手数料を3,394として計算。

こんな感じ。
元々安いZTE BLADEなんかは、
結局普通に端末買った方がいいって言う位の値段になる。

逆に、だいぶ型落ち感の出ているarrows M02はトータル15,524円で
amazonと比べるとだいぶ安い。FeliCa対応のSIMフリーを取りあえず買う、
というのであれば、全然問題ないかと。

ちなみに、楽天スーパーポイントで端末購入も可能
とかだったりするので、楽天を積極的使っている人ならさらにお得。
楽天のセールは、毎回迷います。

ポイント貯まったら買っちゃおうかしら。